公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらくぱっとしなかった教育再生会議だが、久しぶりに新ネタを投下してくれた。

魅力ある学校作りに教員にもFA制を導入
政府の教育再生会議(首相の諮問機関、野依良治座長)が、特色ある小中学校づくりに向けた校長の権限強化策の素案が12日、分かった。

 校長の学校運営方針に基づき、教員を公募し配置できる「公募制」導入を盛り込んだのが特徴だ。教員の側から自分の得意分野をアピールし希望校へ転勤できるようにする「フリーエージェント(FA)制」も導入し、魅力ある学校づくりを進める校長の下に意欲ある教員が集まる仕組みとする。

 素案は、13日に首相官邸で開く合同分科会で提示される。年末にも取りまとめる同会議の第3次報告に盛り込む見通しだ。素案はこのほか、校長の発案に基づき、一定の裁量で使える予算を配分するほか、校長の1校当たりの在職期間(現在は2~3年程度)を最短5年程度に延長することも記している。
(2007年11月13日 読売新聞)

公立学校は、私学のように1校独立のスタンドアローンではない。市や町の学校が数多くあり、
職員は校長を含めていくつかの学校を順に転勤で回っていく。たとえば中学校卒業後、10年も
たってから母校を訪れても、知っている先生は一人もいないのが普通だ。

そして皆様よくご存知の通り、教師の質もいろいろ。転勤によって適度にシャッフルされ、
長い期間を通してみると各校の教員の質のばらつきは平均化され、公平に保たれる仕組みだ。
校長教頭も含めた教師の異動は、教育委員会の人事課が行っている。
だから校長には人事権がない。意見を上申しても参考程度に扱われるだけだ。
それどころか、校長自身も、ヒラ教師と同じように動かされる立場なのだ。

その校長に人事権の一部を持たせようというのが、フリーエージェント制だ。
教員が自ら希望して、特定の校長の学校へ転勤できるようにする、というと聞こえはいいが、
要所にとどめる慎重な歯止めと規制をかけておかないと、暴走する危険も含む。

教育再生会議の議事要旨を見る限り、さほど議論が深まった様子もないが、提案としては
長所が強調されるのが常だ。少なくともマスコミには食いつきやすい話題だったのだろう。
興味のある方は、議事要旨よりも資料の方が面白いので、そちらをお勧めする。

FA制が無制限に乱用されるとどうなるか、想定される極端なパターンを考えてみようか。

自信のある教師が手を上げるところから始まると思うのは、日の当たる表街道での話。
教育毒本の走る裏街道では、別の風景が見えている。

まず校長が、気に入った教師に「きみ、うちの学校へ来ないかね」とささやく。それだけで良い。
手続上は、教師が自分で転勤希望を出す形になる。あちこち手を回して、自分の息のかかった
使いやすい教師を集めて周りをかためていけば、校長を中心とした学校派閥が出来上がる。

これは実質的に、校長側からの教師指名制だ

校長の任期も最低5年というから、たとえば10年もひとつの学校に居座れば、完全に自分の
思い通りに染め上げることができる。校長在任期間は、長くて10年というところだから、
今までと違って、校長になって初めて赴任した学校で、退職まで勤め上げることになる。
その何年間に、どこまで成り上がれるかの勝負だ。

これはもう、教頭時代から周到な根回しが必要だな。校長になると同時に自分の傘下に
集まってくれる腹心を、いかに大勢キープできるかだ。教頭時代に出来るだけ多くの学校を
渡り歩いて、めぼしい教師にツバをつけておかなければ。俺ならそうする。
もっとも俺は、管理職みたいな割の合わん仕事する気ないけどな(笑)

出来るヒラ教師の場合は、困難校へ転勤させられるリスクを回避するために、積極的に
FA制を利用するという手もある。強い校長の下、落ち着いている学校に希望を出せばよい。
校長には程々にしっぽを振っておいてやれば、校長在任中はその学校に置いてもらえる。
多少事務仕事が増えようとも、毎日生徒や親が暴れているような学校に比べたら天国だ。

ただしその校長が転勤するか退職した後、身の振りようをよく考えておかないと、
別の派閥の校長に干されることになりかねないので、気をつけなければ。
やり手の校長なら、自分の転勤と同時に手駒もごっそり連れていくだろうな。

そして策士タイプでない校長の下へは、結果的に力のない教師や新任が押し出されてきて
集まることになる。そして弱い校長は、条件の悪い困難校へ回されるという悪循環。

え? だったら生徒も学校を選べばいいって? そのための学校選択制?

フリーエージェント制で転勤先を希望して選べるとなれば、人気のない学校は教師も
行きたがらないし、生徒も来ない。めぼしい教師は力のある校長が手元に集めてしまって
いるので、いい教師が転勤でやってきて活性化することもない。
そして学校はどんどんさびれていくだけ。

学校をつぶす仕掛けがまたひとつ増えた

弱肉強食の私学ならいざしらず、公教育で全面的にこれを許すのは間違いだ。
公教育の平等性や地域差の平均化と、正反対の方向なのは明らかだ。

そもそも学校の質や第三者評価が云々とか言う前に、地域格差は歴然として存在する。
一戸建てばかりの新興住宅地の学校から、生活保護世帯が半数近くになる下町の学校、
英語圏以外の外国人家族の子供がたくさん来ている学校・・・

俺達公立学校の教師は、辞令に従ってどんな学校へも黙々と転勤する。
どんなひどい状態の学校でも、がんばればいつかは好転できるかもしれないし、
たとえ毎日が地獄でも、何年か我慢すればいずれ転勤できる望みがあるからだ。
何も建設的な仕事をしなくても「あの荒れた学校で5年も苦労したから」というだけで、
勤務の評価が上がるという、良く分からない風潮もある。まあ我慢したご褒美だな。
それをお役所的だと叩くのは結構だが、俺達はどんな学校も生徒も見捨てることはない。

FA制乱用は、こういう公立学校教師の公僕たる自覚と良心も崩壊させることになる。

そしてこれらの学校をすべて同条件に扱うとか、競争させろなどと平気な顔をして言う
無知な奴に、公教育を語る資格はない。あまりにも現状が見えていない。
当然、フリーエージェント制の行き着く先も見えていない。
きっと日本の将来も見えていないことだろう。

FA制が実施されている自治体は、特別な学校とか、いいところ取りの段階。
普通の公立の全教員対象にやるのは別問題だ。もっとも地方はまたおきざりだな。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
最近は、教育関係のニュースというと、全国学力テストや中教審の話題がメインだった。
久しぶりに教育再生会議のニュースが出てきたので、各誌チェックしてみて驚いた。

教育再生会議、「バウチャー制度」を事実上断念 (2007.11.2 産経新聞)
 政府の教育再生会議は1日、官邸で合同分科会を開き、学校選択を進める教育バウチャー(利用券)制度に関し、今後バウチャーとの言葉を使用しないことを決めた。「金券をばらまくイメージでとらえられては困る」(白石真澄主査)との理由からだが、会議を提唱した安倍晋三前首相はバウチャーを使った学校選択の自由による教育効果を目指していただけに、本来のバウチャー制度は事実上断念したことになる。

 分科会では制度の定義について議論した結果、「学校選択を進め、生徒の人数に応じて予算を配分し、がんばる学校に予算がまわり、がんばっていないところが淘汰(とうた)される仕組み」(白石氏)とすることで合意。利用券の活用は除外する方針だ。ただ、過度の学校間競争に対する懸念や、学校選択が限られる地方での導入に批判もあり、今後も議論を続けていく。


教育再生会議:教育バウチャー大筋合意 「全国一律導入」見送り (毎日新聞 2007年11月2日)
 政府の教育再生会議(野依良治座長)は1日夜、首相官邸で合同分科会を開き、学校ごとに予算配分に差をつけて競争を促す「教育バウチャー制」の導入に大筋で合意した。ただ、実施するかどうかは各自治体の判断に任せ、全国一律の導入を提言することは見送る。年末の第3次報告に盛り込む方針。

 教育バウチャー制は、児童・生徒が学区外の学校でも自由に選択し、集まった生徒数に応じて各校に予算を配分する仕組み。生徒獲得に向けた学校間の競争を促すことで教育サービスの質を向上させる狙いがあり、安倍晋三前首相が導入に積極姿勢を示していた。

 半面、人口が少ない地方では学校の選択肢が限られ、制度が十分に機能しないとの批判も根強く、再生会議の委員の間でも賛否が分かれていた。このため、この日の会合では、一律実施を見送ることで地方に配慮する姿勢を示した。

 合同分科会は今後、(1)義務教育に限るか高等教育も含めるか(2)私立学校も対象とするか--などをさらに検討する。【佐藤丈一】


なんじゃこりゃあ! いったいどうなるんだ!?

もう脳みそバーン状態である。ニ誌のうち片方の見出しだけ見た人はどうしてくれるのか。

例によって、教育再生会議のサイトには、本日11月2日時点で議事録はまだ掲載されていない。
資料はこちらに載っているから、興味のある方は読んでみてはいかがだろうか。
新聞なんかより詳しいので、バウチャー制度がどういうものか勉強にはなる。

 ・第9回教育再生会議議事次第 (配付資料)

いくら資料が立派でも、どういう議論になったかが問題なのだが、もともと迷走暴走ありありの
教育再生会議で、報道までこの有様では何がなんだか。
しばらく様子をみないことにはこれ以上コメント不能だが、他誌はどう扱うのやら。
続報があり次第、つづきを書くことにする。

他誌は無視するんじゃないだろうな。それではちょっとかわいそうだぞ。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
教育再生会議のサイトにあった「過去3ヶ月の教育再生ホットライン・メール投稿状況」を読んでいたら、面白い文章があった。

○ 土曜授業について

・賛成意見 11 件
(例)「小二、五歳児の母です。土曜日授業来年再開してください。 高所得者でもない一般家庭の週休二日は毎回出かけるわけにはいきませんし自宅で学校と同じように学ばせることは難しいですし親は子供が家にいるのでパートにでることもできません。親子ともただぼんやりと一日を終える家庭も少なくないと思います。メリットは何一つありません。私立の子がインド中国韓国の子達が若々しく意欲的に学んでる間に国によって勉強しなくていいと言われているこのおかしな状態をはやくはやくはやく改善してください。子供は新しいことを知ること覚えることが大好きです。」

・反対意見 30 件
(例)「土曜日の授業は絶対反対です。家族で過ごす土日の二日間は家族の交流や安らぎの為に調度良い長さの時間です。我が家では親子でゆっくり、ゆとりを持ってコミュニケーションを取る為にとても意味のある二日間になっています。この二日間がある為に親子関係も希薄にならず、子供の様子もよく感じ取れる気がします。 今日、子供による犯罪や、自殺、いじめなどがある度に親子関係、家庭関係の希薄さや問題を取り上げられていますが、それなのになぜ家族のコミュニケーションの時間を減らしてしまう方向へ進むのでしょうか?学力向上=土曜日の授業に繋げてしまうのは絶対に良い結果へは進まないと思います。」


俺はこれを読んで思わずニヤリとした。
この2つのメールをピックアップして並べた奴のセンスはなかなかのものだ。

こいつは単なる賛成反対の対立意見なんかではない。
この二つのメールは、決してかみ合うことのない二つの層の特徴を、見事に象徴している。

今さら言うまでもない二極分化の典型的なサンプルだ

まず前者の土曜授業賛成派。
このメールは、一見もっと勉強させてくれと要望しているように思えるが、実は親自身は子供に
勉強させる気はない。小2の子供の勉強でさえ家では難しいと投げているし、
それ以前に子供が家にいるとパートの稼ぎが減ると言う。どこかへ連れて行くには金がないし、
一緒に家にいても、親子ともただぼんやりと一日を終えることしかできない。

まるで子供が家にいることが迷惑であるかのような書きぶり。

要するに学校は託児所なのだ

勉強が云々は、それを正当化するための取ってつけた理由にしか過ぎない。

後者の土曜授業反対派。
こちらには勉強のことはほとんど書かれていない。理由は簡単だ。

我が子の学力向上を学校に期待していないからだ

勉強は塾でできるし、元々高度な学習は公立小中学校には無理。
土日が休みなら、1日は塾でたっぷり勉強しても、もう1日は家族で遊ぶこともできる。
低い方に合わせた中途半端な授業の為に家族団欒の貴重な時間を奪うな、ということだ。

土曜授業を要求する者は実は学習は二の次で、本当に学力を重視するものは土曜授業に反対。
なかなかに皮肉な結果だが、現場にいると、どちらも十分にリアルな現実として感じられる。

義務教育の公立学校は、こういう全く次元の異なる要求をまとめて面倒見なければならないのだ。

この2つの間に平均点は存在しない。中を取ってどちらも程々に満足させる答もない。
一億総中流という幻想で夢見ていた時代はとうに終り、圧倒的多数だった中間層は、
減少の一途をたどっている。それを忘れた教育論議など、何の意味もない。
それぞれの層に特化した対応を考えなければ、誰一人満足できない結果となる。
それを忘れていては、何をやっても教師の自己満足に終わってしまうだろう。

民間の発想を取り入れてとか気軽に言ってくれるが、違うニーズが混在しているときはどうする?
誰か教えてくれ。言っとくけど、儲からない部門を切り捨てる訳にはいかないぞ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
教育再生会議担当室室長、ヤンキー先生-義家弘介氏が選挙に出るという話には失望した。
彼については以前に書いたが、教育の世界の底でもがき、上に上がっても動き続けて
何かをしようとしていた。教育再生会議でも、決して総括的ではない特殊な自分の経験を
元にして、それなりの発言をしていたのに。
会議の任期終了後、彼が会議についてどんな発言をするかも楽しみにしていたのに。

何にせよ、なぜ彼が教育再生会議のメンバーに呼ばれたのか、これではっきりした。

教育再生会議は、ヤンキー先生を選挙に引っ張り出すためのお膳立てだったのだ。

教育再生会議はタレント議員候補の養成所か

ヤンキー先生よ、利用され絞りつくされて惨めに捨てられないよう、せいぜい気をつけてくれ。
あんたなら、どこへ行っても黙ってやられてはいないだろ?

しかしなんと、話はそれだけでは終わらない。

「ヤンキー先生」の後任は「オール1先生」 再生会議 (2007年06月25日 朝日新聞)
 安倍首相は、自民党から参院選比例区に立候補するため政府の教育再生会議有識者委員を辞任した義家弘介氏(36)の後任に、愛知県の私立豊川高教諭の宮本延春氏(38)を25日付で起用する人事を決めた。宮本氏には「オール1の落ちこぼれ、教師になる」の著書がある。
 宮本氏は大工見習、建設会社勤務を経て、24歳で豊川高定時制に入学。名大理学部、同大院を経て、05年から豊川高で数学を教えている。


いったい何なのだこれは。

俺は別にオール1先生を悪く言うつもりはない。教師としては特殊な経歴だから、きっと何か
人と違ったものを持っているだろう。教育再生会議のメンバーになって何が出来るかは、
これからの会議の議事録を見れば分かることだ。今はまだ誰かが結論を出せる段階ではない。

しかし、これではっきりしたことがひとつある。

教育再生会議は結局、色物の寄せ集めだ

メンバーで現場を知る人間は、陰山百ます先生とヤンキー義家先生の2人だけだった。
1人抜けたので現場から1人補充したわけだが、あまりにも極端すぎる。
オール1先生は彼自身の経歴は特筆に価するが、教師としての経験はわずか2年。
これでは、



 ・・・もうやめた。俺がいちいち解説するまでもない。

今回は俺の予想をひとつ書いて終りにしておく。
はずれても、チンケな予想屋が手渡すメモだと思ってせせら笑ってくれ。

教育再生会議は、秋の中教審の答申で骨抜きにされて終わる。
それはきっと数々の珍言迷言で顰蹙をかっていたメンバーさえ気の毒になるくらいの打撃だ。
そして教育問題の本質からはなれた部分だけが、彼らに残されるだろう。

最初から骨抜きにされるほどの骨なんかないって? ごもっとも(笑)

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
教育再生会議第2次報告から、「学校現場の創意工夫による取組」について。

この提言は形としてまともだ。なぜならどれも予算や人事面の配慮を明記しているからだ。
もちろん、実際に予算がつくかどうか、その出所、どんな規模のものになるのかは別問題だが、
とりあえず評価できる。
5月28日の教育再生会議合同分科会議事要旨でも、塩崎官房長官が、
「数値目標、期限、どこで誰がやるか等も明確に示していただきたい。」と語っている。(p.4)
明確に示しても「それはできません」で終わりかもしれんけどな(笑)

提言5 学校現場の創意工夫による取組を支援する
【学級編制基準の弾力化や習熟度別指導の拡充、学校選択制を広げる、教材開発など教員のチームによる取組】
○国は、学級編制基準を大幅に弾力化し、実態に即した教員配置ができるようにする。国、教育委員会は、小学校高学年での専科教員、習熟度別指導・少人数指導の拡充、図書の充実など、学力向上のため、教職員の加配措置や重点的な予算措置を行う。地域の人材等の登用を促進する。


教師の数を増やしてくれたら学校は良くなる、という話を前にした。
この提言にある少人数指導というのがその具体例だ。
1クラス40人に1人の教師が教室で授業をするのを一斉授業という。
昔からおなじみの授業風景だが、これをたとえば20人×2クラスに分けて行うのが少人数指導。

俺も経験あるが、これは効果絶大だ。数学でも英語でも、寺子屋授業に近づいて目が行き届く。
ひと目で全員のノートが見渡せる。誰がつまづいているか一発で分かる。
普通の声で話しても十分聞こえるので、生徒も教師も落ち着いて静かな雰囲気で学習できる。
クラスの人数が半分になると、指導の密度は2倍ではなく、3倍にも4倍にもなる。

ただし、教師の数を増やさずにやろうとすると、授業数が過密になって余裕がなくなる。
また、受け持ち時間数を優先して担当者を決めるので、体育の教師が数学を見ていたりする。
体育の教師といえども中学校は出ているから、基本的なところなら教えられるが、
やはり教科の免許を持った専門の教師が教えるのが筋だろう。

習熟度別指導というのは、成績別で生徒を分けて授業をすること。
3年1組は優秀クラス、3年4組はアホクラスなどという大胆なわけ方ではなく、
数学や英語の時間になると、成績別に分かれて授業を受けるもの。
同じくらいの学力の生徒が集まっているので、それに合わせた授業が出来て能率がいい。

これと少人数指導を組み合わせて、たとえば基礎クラス(低学力クラスとは言わない)は
10名以内の生徒に教師が2人くらいついて九九や分数から勉強するわけだ。
家庭教師はもちろん塾も行ったことのないような生徒が、マンツーマンに近い状態で
ていねいに勉強を見てもらえる。勉強なんか親にも教えてもらったことのない生徒たちだ。
普段の授業中にはあきらめて寝ているような生徒も、たっぷりかまってもらえて喜ぶし、
なにより目に見えて成果が上がるので、俺達教師もやりがいがある。これぞ公立だな。

え? そんな子はふだんから放課後にでもみてやれって?

放課後は部活と生徒指導でそんなヒマありませんから

逆に勉強出来る子のクラスになると、「先生、塾の宿題やっていいですか? やったー(^o^)/」
などという状態になる。自分達で高度な問題を教えあったり、一斉授業よりはるかに密度の高い時間をすごしている。質問あったら聞いてね、と、学習の緊張感漂う教室内を巡回したり。
問題の解説も、普段の授業とは違うレベルの高い言葉でやってもみんな反応良くついてくる。

って、喜んでちゃいかんのだけどな。この子達は日頃いかに我慢してくれてるかってことだ。

こんな感じで、教員数に余裕があればあるほど、少人数・習熟度別で学力アップは保障付だ。
ただし、保護者や生徒がこんな寝言を言って足を引っ張っていたのではどうにもならない。

全員が同じ授業を受ける権利がある

うちの子はアホクラスに入れてもらったら困る

まさか教師でこんなこと言う奴は、このブログ読んでないよな? いたら帰ってよし(笑)

この他に、40人の一斉授業に2人や3人の教師が入って行うティームティーチングてのもある。
1人は前で授業をし、他は生徒の間を回って「はい、教科書出しましょうね」とか「この問題はこうやって」とか補助していく。これも目が行き届いていい。授業補助員さんだな。
小学校のティームティーチングなんか、地域の人に協力してもらっているところもある。

という具合に、教師やスタッフの数が多ければいくらでもきめ細やかな指導ができる。
塾では、マンツーマンとか生徒2人に先生1人とかを売りにしてる所もあるじゃないか。
公立でそこまでは無理としても、英数国だけでも生徒20人で授業できる体制が欲しいものだ。

○学校は、教材開発など教員のチームによる授業改善への取組を積極的に行い、国、教育委員会は、そのような学校の取組を予算・定数などの面で支援する。

教員のチームって、これも普段の授業と生徒指導と部活で手一杯ではどうにもならない。
予算もそうだが、まず人的に余裕をくれ。支援してくれるそうだから期待しておこう。

学校選択制については前にも少し書いたが、これは教育再生会議以前に実施されているので、
これからまだまだ成り行きをウォッチして考えてみたい。

この1週間、第二次報告で書いてきたが、ちょっとここでひと段落。
年金問題やら何やら世の中騒々しく、教育どころじゃなくなってきたかも。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。