公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでにいくつかの地域で実施されている学校選択制。
俺はまだ保護者としても教師としても経験がないが、どんなものなのか非常に興味はある。
こういう実態を知りたいと思っても、学校側が積極的に本音を発信することはない。
マスコミに取材されて初めて、ある程度の情報を出すというパターンが多い。
だから教師といえども、情報量は一般の保護者の皆様と同じなのだ。

ということで、報道記事をネタに公立学校の学校選択制について書いてみる。

公立の小中学校では、地域ごとに学区が決められている。
だから家の住所によって入学する学校も自動的に決まる。学校選択制以前はこれが原則だった。
しかし地域外の学校に通う例がないわけではなかった。古くは越境入学と言っていた。

何十年も昔、俺の通っていた公立小学校は、公立なのになぜか進学校などと呼ばれ、
私立の有名進学中学校に入学する生徒が多かった。
今思えば確かに勉強熱心な学校だったが、そもそも地域的に教育熱心な家庭が多かったのだ。
その環境を求めて、わざわざ電車に乗って通ってくる子が何人かいた。
こういう越境入学が、校長の裁量で認められていたのか、祖父の家に住民票を移すなどの手段を
取っていたのかは俺には分からない。

現在、途中からの転居やいじめなどを理由に、地域外の学校に通うことは違法でもなんでもない。
校長が認めれば可能だ。さすがに越境とは言わず、指定区域外通学などと呼ばれている。
心当たりのある保護者の方は覚えておくといい。

学校選択制は、最初からこういう制限を取り払って、特別な事情がなくても地域外の学校を
選べるというものだ。

さて肝心なのはここから。
「選べるようになりました」はいいんだが、なぜ隣町の学校に行くのか、だ。

高校生ともなれば、電車やバスに乗って遠くの学校まで通うのは体力的にも問題ない。
小中学生だと、家に近い地域の中の学校に行くのが体力的にも社会的にも自然だとして
校区制が設けられていたはずだ。その利点を越える理由がなければ選択制の意味が無い。

足立区に見る学校選択制 実態は「近く・友人・兄弟」 (2007/05/16 産経新聞)

この記事にあるように、学校選択制のおかげで、近い学校に通えるようになった児童生徒もいる。
人口密集地の街中では、校区の境界線近くに住んでいると、こういうことは起こり得る。
せっかく目の前に小学校が見えているのに、わざわざ遠くの学校に通わなければならない。
こんな子や親にとっては、学校選択制は本当に有難かっただろう。
近所のお友達と相談して、みんなで一緒にそっちの学校へ行けばさらに安心だ。

両親が共働きで、昼間預かってもらう祖父母の家がある学区の学校を選んだ

こんな理由ももっともだ。俺も共働きで子供は保育所に預けていた。
保育所や学童保育との関係で、小学校を選ぶのもありだろう。

しかし。

学校選択制に期待できるのはここまでだ

もちろん、いじめ等からの緊急退避も大いに意味はある。
でもそれは、言っちゃ悪いがあまり前向きの話じゃない。決してうしろめたい話でもないんだが。

野球部が盛んなので選んだら顧問が異動してしまった

笑い話みたいだが、これ、実はけっこう大切な話なので、ちょっと解説をしておく。
なにしろ足立区のホームページにも注意書きがあるくらいだから、苦情があったのだろう。
奥様メモのご用意を。学校選択制が実施されている地域では特に重要なポイントですよっ!。

この話は、実は公立小中学校の人事と運営システムを象徴する好例なのだ。

公立の小中学校に勤めている教師は、市や町の職員だ。だから同じ学校に何十年もいることは
少ない。卒業後10年もたって母校に行くと、知っている先生は誰もいなかったりする。

どこかの中学校の運動部が強かったとしようか。これはほとんどは顧問の教師の個人的な力だ。
だからその教師が転勤してしまうと終り。翌年から野球のバットなど握ったことも無い教師が
顧問をするかもしれないのだ。
野球のようにメジャーなスポーツはまだましだが、柔道とか水泳とかになると指導できる教師が
少なく、顧問の転勤を機に廃部になることもある。公立の部活は所詮そんなものだ。
勘違いして過剰な期待をしてはいけない。

教師個人の力量に依存する公立校に
伝統など存在しない


逆に、無名のチームが新しい顧問のおかげで2年で全国大会まで行ってしまうこともある。

私学が伝統的に強いのは、学校が金をかけて強い顧問や生徒を引っ張ってきているから。
公立でそんなことに使えるお金はない。校長もそんな権限を持っていない。

部活だけではない。教育方針も運営方針も、実は内部ではコロコロ変わっている。

俺の勤務しているところでは、校長や教頭はだいたい2~3年で転勤を繰り返す。
教頭が4年間で4人変わったこともある。中学校だと最低3年いないと生徒の入学から卒業まで
見届けることはできない。卒業式のあいさつで「君達が入学してきたときには○○○で」と
実感をもって語れる校長は実はそう多くないのだ。

校長が変わると、いきなり運営方針が変わって右往左往するのは今まで何度も経験してきた。
管理職が変わるたび、白が黒になり○が×になる。それが2~3年ごとに繰り返される。
個性の強い管理職ほどこの傾向は強い。だから自己主張しない校長が喜ばれたりする。
こんな状況で長期的な視点に立った学校経営が出来る方が不思議だ。
学校選択の決め手となるほどの特色を、意識的に作り出せるかどうか考えてみて欲しい。

教師ばかりでなく、実は生徒の様子もけっこう変化する。やはりベースは地域の環境だが、
あの中学は最近荒れている、と評判になっている場合も、翌年はそれほどでもなかったりする。
学年によって差が激しいので、3年生だけメチャクチャで1、2年は普通ということもある。
逆に、みんなまじめでいい学校だったはずが、あっという間に爆発崩壊することもある。

学校選択制で公立学校間の競争を促すとかいう話があるが、こういう異動のシステムを取っている限り、競争になどなるわけがない。ある意味公務員の特性だな。

居酒屋のチェーン店なら、業績アップが給与アップに直結し、従業員は努力する。
業績ダウンは給与ダウン、店の撤退や、ひいてはクビにまでつながる。
私学もこれに近いものがある。教師はその学校法人に雇われている従業員だ。
学校の業績が不信となれば自分のクビも危ない。そうなりたくなかったら仕事しろ。
だから某居酒屋チェーン店社長は競争原理を強調しているんだな。公立に持ち込むなって(笑)

公立学校の俺達は、市や町に雇われている職員だ。勤務校の校長に雇われているわけではない。
公立学校で、自分の勤務校が成績トップになろうが最下位になろうが教員個人には関係ない。
そのことで賞与も無ければ減給もない。いくらがんばろうが地獄を見ようが転勤したら終り。

そもそも成績は、公立義務教育教員の仕事のすべてではない。どんな生徒も家庭も面倒を見る。
それを前提で俺達は仕事している。給料に関係ないから手抜きをしているのではない。
生徒の成績が給与に直結しないから、地域的に指導困難な学校にも安心して赴任できるのだ。
考えてもみろ。高級住宅街と生活保護家庭が過半数の地域と、状況が同じになるわけが無い。

もし公立学校間の競争が成り立つとすれば、せいぜい校長同士の見栄の張り合いだ。
全国統一テストで成績の悪い子を休ませるなどという話は、そういうダメ管理職の発想だな。
俺達ヒラ教員には、そんな無駄なことをする暇もエネルギーも余っていない。

俺はなにも、公立学校で職員の異動を凍結し各学校に固定しろ、と言っているのではない。
程よくシャッフルされる方が、地域にある学校すべてが偏らなくて済む。妙な癒着も防げる。
公教育の質の均一性にも貢献しているやり方だ。

ただ、学校の特色を色濃く出そうとするのなら、少なくとも管理職を毎年のように
コロコロ異動させていたのでは、どうしようもない。ある程度の継続勤務年数が必要だ。
しかしそうなると、指導困難校に行きたがる校長はいなくなるだろうな。自分の責任になるしな。

俺には足立区やその他の都市の詳しい事情は分からない。既に対応済みかもしれない。
だから保護者の方に、これ以上の具体的なアドバイスをすることはできない。
しかし、「期待できるのはここまで」という理由は以上の通りだ。
学校選択制に期待している保護者の方に、少しでも参考にしていただければそれでいい。
「続きを読む」に産経新聞記事の全文を貼り付けておく。

選択って言っても人気のある学校は抽選だからなあ。希望通りにはならん。
落ち着いた学校が人気なのか?だったら授業公開日にワルガキたちを休ませれば(以下略)


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
ブログのアクセス解析で、サーチワードという項目がある。
どんな言葉で検索をかけてこのブログに来ていただいたかが分かるシステムだ。

教育関係の用語が多いのは当然だが、その他の語で多いのが「飯ごうすいさん」。
さすがに冬の間は影を潜めていたが、季節と共にまた多くなってきた。
「林間学校--飯ごうすいさん」の記事がヒットしているのだが、飯ごうすいさんのハウツーを求めて検索した方は、こんな変なブログに来てしまってびっくりしたかもしれない。

せっかく来ていただいてそれでは申し訳ないので、俺が今までの仕事で身に付けた飯ごうすいさんのコツを少々書いておくことにする。

読者の方へ:いつもとは趣旨が違い、"続きを読む"以降はマジのハウツーです。ご了承ください。
⇒ 続きを読む
引き続き、全国学力テスト生徒質問紙から。今回は生徒の経験を尋ねる問題。

10 あなたは,学校以外で次のような経験をしたことがありますか。
当てはまるものを右の①から④の中から1つずつ選んでください。
   ①何度もある ②時々ある ③あまりない ④全くない

(53)海,山, 湖,川などで遊んだこと
(54)魚や貝や昆虫をつかまえたこと
(55)生き物を飼育したこと
(56)花を咲かせたり,野菜を育てたりしたこと
(57)小さい子どもをおんぶやだっこしたり,遊んであげたりしたこと
(58)体の不自由な人やお年寄りや,困っている人の手助けをしたこと
(59)清掃活動(草取り,ゴミ拾いなど)へ参加したこと
(60)木材を使ったものづくりをしたこと
(61)包丁やナイフを使って調理をしたこと
(62)編物や裁縫をしたこと


すまん、個人的な話で恐縮だが、俺こういう質問って息がつまる

なんだか子供の頃に引き戻されて自分が質問されてるみたいな気がするのだ。
だいたいこういうのは、①と答える方が「良い子」なのである。
それが本当に良い子かどうかは知らんが、とにかくそういう強迫観念が刷り込まれているのだ。

良い子であるには、自然に親しみ、動物や植物とふれ合い、小さな子と遊んであげ、体の不自由な人やお年寄り、困った人がいれば行って手助けをし、すすんで奉仕活動をし、物づくりも料理も裁縫も堪能な、そういう人ニ私ハナリタイ。

アンケートに答えていく中で、「そういう人」でない自分もちらほら顔を出す。
しかし頭ではどれが「良い子」か分かっている。素直に選択していけばいいのだが、
日頃テストで正解を求めて苦労しているので、良い子でない選択肢を選ぶのには抵抗がある。
かといって、わざわざ反抗的になって、悪い子選択肢ばかり選ぶのも子供っぽい。
こうやってアンケートに答えていくごとにストレスがたまっていくのだ。

「テストじゃないから成績には関係ありません。正直に答えてください」
今も昔も教師はニコニコしながらそう言う。今の俺もそう言うのが仕事だ。
だけどな、そう簡単に自分の中身をさらけ出してたまるか(笑)

こういうアンケートは、その気で作れば設問で回答者を誘導し、心理的にコントロールしたり
自由にプレッシャーを与えることが出来るものだと悟ったのは、大人になってからだ。
子供の頃感じていた一種のうさんくささは、裏に見え隠れするオトナの思惑だったのだろう。

余談が長くなったが、結局、文部科学省の理想とする子供像は何なのだろう。
全て①と回答する子供が理想像だとはいくらなんでも思えないのだが、俺は甘いのだろうか。

俺の子供の頃、「今の子供はナイフで鉛筆も削れない」としたり顔で嘆く大人がよくいた。
俺はそういうオトナが嫌いだった。だって鉛筆削りがあるじゃないか。
ごるりごるりと回せば芯はきれいにとがる。わざわざナイフで削る必要なんかない。
俺の弟なんか電気鉛筆削りを買ってもらっていた。ざりゅりゅりゅりゅっと一瞬で削れる。
そういう環境で真面目に勉強している子供をつかまえて、削れないとか突っ込まれても困る。

この選択肢にかすかにそういうにおいを感じつつも、はっと俺は気づいた。
問題はこうだったのだ。

「あなたは,学校以外で次のような経験をしたことがありますか」 つまり、

今やこういう経験を提供するのが学校の役目なのだ

家庭や地域で経験することが少なくなったので、かわりに学校が日本の伝統的な生活様式を継承する役目を担おうとしているのだ。この質問項目はそれを確認し後押しするためのものだ。
勉強は他でも出来るが、こういうことはさすがに公教育にしかできない。

教科で言うと、一部は道徳だがあとは総合的な学習の領域になる。食育の匂いもただよっている。
「こういう大切な経験が少なくなっている。だからこそ、これから力を入れるべきだ」
データを元にしてそう語るのは簡単だ。学力低下を招いたゆとり教育の中核、総合的な学習の
援護射撃にはもってこいの分析結果となる。

総合的な学習そのものが悪いのではない。他の勉強時間を減らしてそれを捻出したものだから、
結果的に学力低下というしわ寄せを招いたのだ。
志は悪くなかった総合的な学習も、そうなると口当たりの良いジャンクフードと化してしまう。
なにしろ評価は文章表記だし、高校受験にも関係ない。勉強嫌いな子も楽しめる時間だしな。
総合的な学習の時間についても、いずれ詳しく書かなければならんのだが、今回はここまで。

「小さい子どもをおんぶやだっこ」って、親戚ならいいけど近所の子だと問題ありかも。
いや、中学生男子でな、幼児趣味の傾向が出てるアブナイ奴も実際いるからな。怖いぞ~。
だから学校管理下で幼稚園に体験学習に連れて行くのか。なんだかなあ。。。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
全国学力テストで実施されたアンケート、生徒質問紙についてもう少し書いてみる。

質問内容はバラエティに富んでいてなかなか面白い。その中で、ネットや携帯電話について
触れた部分を拾い出してみる。

(17)普段(月曜日から金曜日),1日当たりどれくらいの時間,テレビやビデオ・DVD を見たり,聞いたりしますか。(テレビゲームをする時間は除きます。)
① 全まったく見みたり,聞きいたりしない
② 1時間より少ない
③ 1時間以上,2時間より少ない
④ 2時間以上,3時間より少ない
⑤ 3時間以上,4時間より少ない
⑥ 4時間以上

(18)普段(月曜日から金曜日 ),1日当たりどれくらいの時間,テレビゲーム(コンピュータゲーム,携帯式のゲームを含みます。)やインターネットをしますか。
① 全まったくしない
② 1時間より少ない
③ 1時間以上,2時間より少ない
④ 2時間以上,3時間より少ない
⑤ 3時間以上,4時間より少ない
⑥ 4時間以上


原本はこちら。
平成19年度全国学力・学習状況調査の調査問題について (文部科学省)

テレビやビデオ・DVDを見る時間の質問はいいとして、(18)では、テレビゲームやインターネットとしてひとくくりにされている。これがちょっと気に入らんな。

ネットゲーとかどっちにも入るジャンルが大きく占めているので一緒にしたのかもしれんが、
ほんじゃ、掲示板やブログやらで遊んでいる生徒はどうしてくれるのか。
ネットでのいじめも問題になったじゃないか。この設問では彼らの姿が浮かび上がってこないぞ。
さすがに「出会い系サイトに行ったことがありますか」は無理としても、
これでは今時の子供たちの実態をつかみきれん。

どうも設問者が子供たちの現状把握ができていないようだ。

この傾向は次の質問(19)でさらに明らかになる。

(19)携帯電話で通話やメールをしていますか。
① 携帯電話を持っていない
② 全く,または,ほとんどしていない
③ 時々している
④ ほぼ毎日している


この貧相な選択肢は何なんだ、いったい。

いまさら携帯電話持ってるかどうかの問題じゃないだろ

おざなりとはこういうことだ。俺なら、せめてこれくらい聞いてみたい。

「アドレス帳には何件くらい登録されていますか」
「メールは一日あたり何通くらいやりとりしていますか」
「会ったことの無いメル友は何人くらいいますか」

昔から「○○ばっかりしてちっとも勉強しない」というフレーズが語り継がれてきた。
俺の子供の頃はテレビだった。「うちの子はテレビばっかり見てちっとも勉強しない」とか。
それに応えて教師は「だいたい1日2時間くらいにしておきましょう」とか、したり顔で
語ったものだ。何が根拠で2時間だったのか知らんが、テレビが悪者にされていた。

その次はゲーム。ファミコンと言った方がいいだろう。
クラスの半分以上の生徒が、ドラクエ発売日の翌日から「お前どこまで行った?」とか
「あの街の壁の外を回っていくと壺が」とか熱く情報交換していた日々があった。
まるで昨夜の野球の試合結果を語り合うオッサン達のようだった。
「先生ゲームは取り上げた方がいいでしょうか?」そんなこと教師に聞くなよ!という時代。

その次にパソコンが来かけたんだが、これは多数派にはならず、プログラムを書ける一部の
コアなマニアを産み出すにとどまった。カセットテープでゲームソフトをロードしていた時代。
後に彼らはゲームソフト産業を引っ張るリーダーとなっていく。

そしてさらに時は流れて、インターネットとブロードバンドの普及、学校でのIT教育で、
パソコンが一気に席巻するかと思われたのだが、そこへ携帯電話が待ったをかけた。
もし携帯の機能が通話だけにとどまっていたらパソコンへ行っていたはずの層も、
携帯がみーんな飲み込んでしまった。「携帯あるからパソコンいらないじゃん」という若者。

だから今はここでも二極分化が進んでいるはずだ。
携帯しか使わない層もいれば、パソコンでネットにいる方が長い層もいる。

しかし最近は「携帯ばっかりしてちっとも勉強しない」という話は、そう多くは聞かない。
そういう子供が少ないのか、それを嘆く親が少ないのか、今は勉強しなくてもいい世の中なのか。

そのあたり、こういう全国調査をうまく使えばバシッと解析できたはずだ。

なにしろ233万人というとんでもない数の母集団のデータなので、決しておろそかにはできない。
それだけに少々残念ではある。というかせっかくの機会をもったいないなあと思う。
民間でも俺同様に感じている方もいることだろう。よだれが垂れそうなデータなんだけどなあ。
まあしかし、これで最後じゃないからな。これが始まりだから、今後に期待することにしよう。

平和なGW。全国学力テスト生徒質問ネタ、まだ続きます。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
最初に報道されたときには俺が書くまでもないなとパスしたんだが、
続報が出ているので、俺も少々お付き合いさせていただく。

「地獄へ直行」教諭処分せず 川崎市教委「指導」
遅刻が多い生徒への指導として「地獄へ直行」と書かれた紙が川崎市麻生区の長沢中学校の廊下に張り出された問題で、川崎市教育委員会は24日までに、紙を張った男性教諭の行為を「生徒との信頼関係の中での指導だった」として、処分に当たらないと判断した。
 市教委によると、男性教諭は昨年9月ごろから12月まで、生徒の遅刻を防ぐ目的で、「イエローカード」「地獄へ直行」などと書いた紙を廊下に張り、遅刻回数に応じて生徒の名前を書いた付箋(ふせん)を張っていた。数人分が張られたが、「地獄へ直行」はいなかった。
 問題をめぐっては校長が全校生徒に謝罪し、男性教諭も生徒たちに「間違った指導だった」と謝ったという。一方で、生徒らからは市教委に「先生を責めないで」といった電子メールが寄せられていた。
(2007年04月25日 朝日新聞)

さて、新聞やテレビは事実だけ伝えていると思っている少年少女の諸君は読者の中にいるかな?
記事を書いた記者が言いたいことは見出しの行間に書いてあるのは、知っているかな?
今回の記事の見出しだと、行間はこんな風に読める。

「地獄へ直行」ダメ教諭を処分しない川崎市馬鹿教委
または、
「地獄へ直行」本当はいい先生 川崎市教委は処分せず
さあどっちだ?(笑)

俺が以前この報道をパスしたのは、わざわざ報道するようなことじゃないと呆れたからだ。
読者の皆様はどう思われただろうか。「地獄へ直行」なんてことをやってる中学校は、
もうグチャグチャに荒れていると思っていないだろうか。そこまで行かなくても、
こんな教師がいたらろくな学校じゃないだろ、という印象を持っている人もいるかもしれない。
しかしだ。これは俺に言わせれば、

こんなギャグやってられるのは平和な証拠だ

だいたいだな、荒れてる学校で遅刻者ランキング表なんか廊下に貼ったら、
5分後にはスプレーで落書きされ、20分後にはナイフでズタズタに切り刻まれ、
1時間後にはゴミになって便器の中に突っ込まれているに決まってるって(笑)
それにそんな紙切れくらいで遅刻者がなくなるはずがない。
そもそもいつ学校に来ようがいつ抜け出そうが自由になってしまっている状態では、
遅刻もクソもない。それ以前の問題だ。

そうはならないということは、この中学校はとても平和で落ち着いた状態だということだ。
生徒と教師の間でそれがギャグとして通用して、一種のゲームとして遅刻をなくそうという
知的なお遊びのルールが成立しているわけだ。体罰とは程遠い世界。
こういう雰囲気の中では、ふつうは保護者からの苦情など来ない。
そもそも生徒が不快に思っていなければ、教育委員会への直訴もない。
「生徒との信頼関係の中での指導だった」というのはそういう意味だ。
微妙でハイレベルな信頼関係の上にしか成り立たない、ある意味うらやましい状況とも言える。

まあ確かに「地獄へ直行」というフレーズはブラックなので、自慢できるものではないわな。
遅刻5回で地獄行きだったそうだが、該当生徒もなかったようで幸いだ(笑)

しかしそれなら、なんでこれが報道されたんだと疑問に思われる方がいるかもしれない。

これ、内部告発だな
根拠はない。勘。俺のゴーストがそうささやくんだよ。
保護者からの突込みなら、もう少し騒ぎになってもよさそうだが、そうでもないのが妙。
クセのある学年主任が前から気に入らなかった教師がタレ込んだんだろ。大方そんなとこだ。
生徒や保護者に人気があっても、同僚にウケが良いとは限らない。

ま、当たりでもはずれでもどっちでも構わん。ありがちな話だしな。はずれなら謝る。
俺が妄想を勝手にほざいただけの話だ。その程度のものだと思って読み流してくれ。

これが間違いでも「内部告発じゃない。保護者の通報だ!」と自ら言えない悔しさ。
当事者の悲哀。報道の圧力。流される真実。明日は我が身かも。ガクガクブルブル


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。