公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育問題に限らず、どう解釈すべきか分かりにくいニュースはある。
報道された出来事そのものが難しくて判断に悩むこともあるし、記事にした記者が本質を
よく理解せずに書いて、事実と違う方向のニュアンスを与えていることもある。
世論を導こうとして、意識的に書いている場合もある。
この記事を読んで、読者の皆様はどんな印象を持つだろうか。

自閉症の生徒外しDVD 東京の中学 保護者訴え、復活 (2007年12月08日 朝日新聞)
 東京都練馬区の区立中学校が校内で開かれた合唱コンクールのDVDをつくる際、1年生の学級で自閉症の生徒が映っていない映像を撮り直して販売しようとしていたことがわかった。この生徒の保護者の訴えで中学校は生徒の映像を復活させることにしたという。

 同校や関係者によると、合唱コンクールは11月8日に開かれた。各学級が2曲ずつ歌い、その様子を録画していた。

 自閉症の男子生徒(12)は最初は音楽に合わせて体を揺らしていたが、1曲目の途中で舞台から退場してしまった。このため学校側は、すべての学級が歌い終わった後、この学級だけ1曲目を撮り直し、DVDにはこの映像を収録しようと計画した。男子生徒の保護者からも購入希望があったため、この保護者用に男子生徒が映っているDVDを1枚だけ特別につくり、他の希望者には映っていないDVDを売ろうとしたという。

 これを知った男子生徒の保護者は「みんなに販売されるDVDにも息子の映像を入れてほしい」と訴え、学校側も映像を編集していないDVDを販売することに改めた。保護者は「クラスの一員として参加したのだから、DVDに入れないのはおかしいと思う。何に対する配慮なのか分からない」と話している。

 これに対して校長は「退場していく映像を残すことは(自閉症の)生徒に対して酷では、と考えた。保護者の心情をくみ取れなかった」と話している。


いかがだろうか。「そんなもの簡単だ。バカな教師が障害者を差別したんだろ」
そう思われても仕方ないのだが、ことはそう簡単ではない。

まず、状況解説から。
何らかの障害を持つ生徒が皆と一緒に行事に参加する。何年か教師をやっている者なら、
きっと何度か目にしている場面だ。というか子供たちにとっても珍しくはないシーンだ。

障害といってもいろいろある。たとえば車椅子に乗った子が体育会で走競技に参加する。
こんなケースはさほど難しくはない。スタート位置の設定と、安全のためレーンの区切りを
配慮すれば、ハンディキャップ制の勝負がきっちりできる。

今回のケースでは自閉症の生徒が合唱コンクールに参加していた。
自閉症と書かれているだけで詳細は不明。「最初は音楽に合わせて体を揺らしていたが、
1曲目の途中で舞台から退場してしまった」ということが書かれているだけだ。
その生徒が歌っていたかどうかも不明だし、歌っていたとしたら、どんな声だったかも不明。

ここまで書くと、同業者はピンとくるだろう。以下、俺の経験したケースを書いてみる。

障害児学級(今は特別支援学級と呼ぶ)にいたある女子は、行事は親学級(1年3組とか)に
参加していた。体育会では走競技や団体競技に参加して普通に楽しんでいた。
合唱コンクールにも参加した。この子は、曲の歌詞やメロディの通りには歌えなかった。
歌い始めや曲の終わりはちゃんと分かるのだが、歌が始まると「あーうーうー、あああー」と
一生懸命大きな声で歌うのだ。

合唱コンクール当日。そのクラスが歌い始めると、参観している保護者席が一瞬静まり返った。
一部の保護者達はしばらく固まっていたが、小学校から顔なじみの親たちは普通に聞いている。
そのあとは何事もなかったように曲は進んだ。その子は緊張して途中退場することもなく、
最後まで力一杯「あ-あうあー、うあああー」と歌い切った。そしてこのクラスは優勝した。

こういうことを語るのは現場でも半ばタブーになっていて、教師も生徒も何も言わないのだが、
あえて俺が現実を語っておく。

音楽的には、このクラスの合唱は完全に破壊されている。
声をそろえてとか、美しいハーモニーとか、そういうのとはまったく無縁の世界だ。
残り39人の生徒が完璧な合唱をしていても、ただ1人の不調和な声は簡単に他を圧倒する。
そこに流れているサウンドは、客観的にみて決して心地の良いものではない。
しかしその場に居合わせる聴衆は、生徒も教師も保護者も、みなにこやかに笑っている。

誰も聞こえないふりをしているのだ

耳にフィルターをかけて、残り39人の合唱だけを聞き、その子の一生懸命歌う姿だけを
目からインプットして、その子の前向きな気持ちが生み出す想像上の歌声を脳内で合成する。

公立中学校の合唱コンクールは、純粋に音楽性を競う行事ではない。
だからこの壊れた合唱のクラスが優勝する。それは同情や哀れみであってはいけない。

でなければ優勝なんて偽善に満ちた茶番だ

「あの子がいなければ、すごくきれいな合唱なのに」と感じた生徒にも罪はない。
感情を表に出さずに黙って微笑んでいればそれでいい。そういう経験をするのが公立中学だ。
これはもう、いいとか悪いとかの世界ではないのだ。

さて、話を戻して練馬区のDVD騒ぎ。結論から言おう。
校長は「保護者の心情をくみ取れなかった」とコメントしているが、くみ取れなかったのが
悪いのではない。

勝手にくみ取ろうとしたのが間違いなのだ

こういうトラブルを回避する方法はある。実に簡単。

グダグダ考えてないで、まず親に聞け

DVDを焼く前に、「お子さんは合唱コンクールでこういう状況だったけど、どうしますか。
販売分には編集して別映像を差し替えるということもできますけど…」などと聞けばよかったのだ。
さらに言えば、本番前にこの事態は十分予測できたはずだ。参加の意思も事前に確認できる。
この中学校は、それをしていなかったのだろうか。

今回とまったく逆の方向でトラブルになることも十分に考えられる。

「うちの子は途中退場で最後まで歌えなかった。そんな醜態をわざわざ記録に残して、
 学年で販売するとは、いったいなんと言う無神経さだ。晒しものにして自閉症を差別するのか!」

という記事になっていたって、ちっとも不自然ではない。
実際、合唱コンクールではないが、そういうパターンの苦情も見たことがある。

どちらが正しいか、一般論はない。決めるのは保護者。だから、親に聞けというのだ。
学校が「心情をくみ取る」などと自惚れて意思疎通を怠り、自分の理論で恩着せがましく
勝手に動いてもダメなのだ。
こちらに出来る選択肢は事前にいろいろ示して、その上で保護者に選んでもらうのが一番。
そうすれば納得ずくだからトラブルにはならない。

そして、こういう相談をするときに、まわりの生徒がどう思うかとかいった配慮は一切無視、
または後回しにされる。そしてそれに関する突っ込みは許されない。

それが公立中学だ

こういうことを奇麗事で済ませようとしているから、いつまでたってもダメなんだよ。

そもそもなんでDVDの販売なんかしたんだ? 手間ばっかりで利益なんか出せないのに。
あーそうか、教育はサービス業だからか。誰かが趣味で始めたんだろうけど、もう終わりだな。
余計な手間をかけて全国規模で晒されて、まったく何やってるんだか。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
教師の数を増やしてくれたら教育は良くなると何度か書いてきたが、これはその教師増員の
ニュースだ。さて、教育は本当に良くなるのだろうか。

小中学教職員を増員へ 非常勤は数千人増も 政府 (2007年12月15日 朝日新聞)
 政府は14日、公立小中学校の教職員の定数を08年度に、3年ぶりに増やす方向で最終調整に入った。これとは別に、小学校を中心として数千人の非常勤講師を配置する方向だ。文部科学省は教職員約7000人の定数増を求めていたが、公務員の減少を定めた行政改革推進法に反するおそれがあるため、小幅な定数増と非常勤の活用を組み合わせることにした。与党と調整したうえで08年度予算案に盛り込む。

 文科省は08年度予算の概算要求で「先生が子どもと向き合う時間を増やす必要がある」と主張。今後3年間で約2万1000人の教職員の定数増を求めていた。安倍前政権で成立した改正学校教育法によって、中間管理職の役割を担う「主幹教諭」が新設されたことも追い風になっていた。

 ただ、06年施行の行革推進法では「公立学校の教職員とその他の職員の総数について、児童生徒の減少を上回る純減」を、国と地方に求めている。「その他の職員」にあたる用務員や給食調理員の人数が減っている分を、教職員の増員に回すことで総数としての純減は守る方向だ。

 ただ、自民党内には、行革法を改正して、定員を大幅に増やすよう求める声もあり、調整がなお続く見通しだ。

 一方、非常勤講師は行革法の対象とならない。もともと文科省は、小学校の理科の指導充実などを理由に、非常勤講師を5000校に配置することを求めていた。


まとめると、
「文部科学省は教師(正確には教職員)の数を増やしたい。でも金がかかる。
 財務省はむしろ減らしたがっている。そこをなんとか、ということで文部科学省は、
 正規採用の職員でなく、非常勤講師で数を稼ぐことにした。」
となる。

全国の公立小学校数は、22,420校(平成19年5月1日現在)なので、7000人といっても
その3分の1に過ぎない。だから実際にこの増員が通っても、恩恵にあずかる学校は多くない。
しかし、増やしてくれるんなら文句を言うべき筋合いはない。

ところが、だ。実質的には非常勤講師でまかなうという。
非常勤講師というと正規雇用ではない。いまどきどこの企業でも激増している派遣やパートと
同じ扱いなのだ。同じように教壇に立って同じように担任をしているが、彼らは正規雇用の
「教諭」ではない。講師というと、塾や予備校の講師のようで聞こえはいいのだが、
要するに「パート先生」なのである。

あえて言おう。

今、パート先生の質は下落一方であると

今、団塊の大量退職と教職の不人気で、各自治体の教員採用試験の倍率はとても低い。
都市部では3倍を切り、教育委員会の人間が「3倍切ったら新採の質は保証できない」とまで
言っているほどだ。講師どころか、正規採用の教師の質も危ぶまれている時代なのである。

今まで厳しい倍率の採用試験に受からず、長年講師を続けながら現場で鍛えられてきた教師は、
実力ある人は軒並み採用試験に合格している。晴れて正式な教師になったわけだ。
おかげで今は、産休や病休で臨時採用する講師の数が足りなくて、教育委員会が困っている。

どういうことかというと、今、非常勤講師として現場にやってくる人間は、かつてないほど低倍率の採用試験に合格できなかったか、民間に就職しそこねてブラブラしている者なのだ。

実際、俺の回りにいる新しい非常勤講師達の多くは、はっきり言って使えない。ダメダメだ。
経験不足ではなく、根本的に生徒の扱いができないとか、教師としての適性に欠けている。
とにかくまともに授業や生徒の相手ができなくて、トラブルメーカーになっているのである。
今までも講師はたくさんいたが、こんなに使えないのが多いことはなかった。
教育委員会に来る保護者からの苦情も、講師に関するものが圧倒的に多いという。

新聞記事には小学校の講師を増やすとあるが、小学校では非力なパート教師が担任をして、
グチャグチャなクラスになってしまっている例が増えている。
1学年2クラスで、2人とも講師で2クラスとも学級崩壊という悲惨な学校もある。

低賃金のパート教師では所詮こんなものだ

保護者の皆様にしてみれば、我が子の担任がパート教師か正規職員かは区別がつかない。
というか、そんなことで担任の質が変わってもらったら困るというのが正直なところだろう。
しかし実際は、給料の違いだけでなく歴然とした差があるのだ。

平成元年から初任者研修という制度が始まり、正規雇用の初任者は、年間300時間以上の校内研修と、25日の校外研修・宿泊研修を受けて、一人前の教師になっていく。
パート先生には、もちろんこんな制度はない。技術養成のための予算も時間もない。

中学校では、昔は講師が担任をすることはなかった。今は、常勤講師として当然のように
4月当初から担任をしている。民間と同じように、パート教師が増えているのだ。
そして初任者研修を受けることもなく、専属の指導教員が細かく技術をコーチすることもなく、
とりあえずなんとか毎日をしのいでいる。

ただでさえ教師の質の低下が叫ばれているところに、こういう状態の講師を増やして、
恩着せがましく「教育の為に予算を増やした」と言われても、現場は良くならない。
俺は記事を読んで頭を抱えた。

と、このあたりまで書いて、念のため他誌の記事を読んでみて驚いた。

以下は、同内容を扱った毎日新聞の記事である。

教員定数:増員、一部容認へ 財務省検討 (2007年12月15日 毎日新聞)
 財務省は15日、08年度予算編成で文部科学省が要求している公立小中学校の教員定数増について、一部容認する方向で検討に入った。文科省は約7000人の増員を求めているのに対して、1000人規模の正規採用を認め、残りは教員OBなどを非常勤として採用する案があがっている。

 公務員の定数の純減を定めている行政改革推進法は、教員定数を「07年度から5年間で1万人純減」と明記している。このため、財務省は「行革の流れに逆行する」と反対してきた。ただ、自民党などから、教育の質の向上のためには増員は不可欠との意見が強いことや、団塊世代の大量退職に対応して、教員OBを非常勤で再雇用する観点から、一部容認することにした。

 09年度以降は大幅削減を求めることで行革法の目標は達成できると見込んでいる。


短い記事だが、朝日には無い重要な語句が含まれている。それはこの部分。

 団塊世代の大量退職に対応して、教員OBを非常勤で再雇用する

おい、それなら全然話がちがうじゃないか

教師の退職後の再就職口だが、教育関係では、地域の教育関係施設や私立の教師などがある。
退職校長が児童館の館長になったり、私学教師になって中学校に営業に回ってきたりする。
校長ほどではないが、俺みたいなヒラ教師にも、教育関係の再就職の口はないわけではない。
その選択肢に、公立小中学校の講師が加わるわけだ。

こいつはいい。これならいける。

そもそも退職後もまだ教壇に立とうという教師は、教師として余力が残っている証拠だ。
現役時代もそれなりに仕事をこなし、子供たちの相手もちゃんとしてきただろう。
学級崩壊でボロボロになったり、事務処理能力がないダメ教師は、二度と教壇に立とうと
思わないはずだ。実際、60歳まで耐え切れず、定年を待たずに退職する教師も少なくない。

そういう意味で、歳は取っていても、若いだけで使い物にならないド素人のヘタレ講師を
雇うよりも、はるかに役に立つ。先頭には立たなくても、アドバイザーとして経験が物を言う。

ということで、同じ内容を扱った二誌の記事で、俺は絶望と希望、正反対の感想を抱いた。

こら朝日、わかってねーだろ

保護者の皆様もちょっと安心していい。
生徒達に慕われつつ退職した爺ちゃん先生、婆ちゃん先生が、もうちょっとだけ学校に戻って
きてくれるかもしれない。俺も期待しておくことにする。

あまり高齢では考えものだが、さすがにボケ爺先生は困る。
間違えて他の学年の教室に行って、最後まで気がつかずに授業したとか(笑)


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
所変われば品変わると言うが、教育界でもそういうことはある。
学習指導要領は文部科学省が仕切っているが、それ以外の部分では地域色や学校の独自色が
出やすい。長年教師をやっていても、驚くようなことが時々ある。

消石灰で視力障害98件 学校でライン引き使用 文科省、使用中止求め通知
(2007.12.3 産経新聞)
 全国の学校で運動場のライン引きなどに使っている消石灰(水酸化カルシウム)が児童生徒の目に入り視力が低下するなどの障害が残ったケースが、これまでに98件あったことが2日、日本眼科医会の調査で分かった。調査結果を受け、文部科学省は全国の教育委員会などに対し、より安全性の高い炭酸カルシウムに変えるよう求める初の通知を出した。

 消石灰は強アルカリ性で、目に入ると角膜や結膜が損傷する。日本眼科医会は「実際にはもっと多くの事故が起こっているとみられる」として、消石灰の使用を禁止するよう呼び掛けている。

 調査は今年9月、47都道府県の支部を通じて、学校医や教委への聞き取りなどで実施。小中高校での消石灰の使用や事故の有無などを聞いた。

 管内の学校で消石灰を使っているとしたのは29支部。うち「ほとんどで使用」は10支部、「半分ぐらい」が4支部、「一部」が15支部だった。「視力障害が残った症例を経験したことがあるか」との問いには、18支部から計98件の報告があった。

 症状の内容は問わず過去2年間に限れば、消石灰が目に入って医師の診察を受けるなどした事故は、18支部で計51件だった。原因は「風による飛入」が最も多く、「器具の横転」「ふざけて遊んでいて」などの順で続いた。

 調査結果に基づき、日本眼科医会は弱アルカリ性でより安全な炭酸カルシウムを使うよう文科省に要請。文科省はこれまで各校に配布している学校安全に関する参考資料で、石灰の取り扱いの注意を促すにとどまっていたが、今回の通知に踏み切った。


ライン引きに消石灰!? 俺は目が点になった。なんでいまさらこんなことが?

たしかに俺が小学生くらいの頃は、石灰が目に入って痛いとかいうことがあった。
今はもちろん、そんなヤバイ代物は使っていない。うちの学校は炭酸カルシウムだ。
90年代ごろから炭酸カルシウムに変わったというが、いつ変わったか、俺は特に意識もない。
気がついたら炭酸カルシウムになっていて、少なくとも生徒が石灰で目を傷めた記憶はない。

学校に3種類あった体育用品の教材カタログを見てみたが、消石灰はどの業者も扱っていない。
すべて炭酸カルシウムだった。

どういうことかというと、何も考えずに普通に注文すれば炭酸カルシウムが届くということだ。

それなのに、10を越える県で、消石灰が普通に使われている。
これはいったいどういうことなのか。

これらの学校は別ルートで消石灰を購入しているのか?

単に安全管理の意識が低かったとか、なんとなくそういう問題ではないような気がする。
なぜこういうことになっているのか、純粋に原因が知りたいものだ。

たとえば農協で安く共同購入しているのを流用しているとか・・・。

読者の皆様には申し訳ないが、今回はここまで。オチはない。
うちの学校では消石灰だとか、なにかご存知の方、教えていただけないだろうか。

理科の教師が、石灰水を作ろうとして体育倉庫から石灰を拝借したことがある。
当然、実験は失敗。炭酸カルシウムって、卵の殻や貝殻の主成分だからなあ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。