公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数々の話題を提供してくれた和田中の藤原校長だが、今年度末で任期が終了する。
後任もリクルート出身の代田氏なので、新年度も和田中の話題は途絶えることはないだろう。
本年度は夜スペで終了かと思っていたら、最後の最後にまだネタが残っていた。

杉並・和田中「脱PTA」宣言 地域ぐるみの支援組織に(2008年03月23日 朝日新聞)
数々の教育改革で知られる東京都杉並区の区立和田中学校は22日、PTAの役職を簡素化し、区のPTA協議会(P協)から脱退することを決めた。4月以降、PTAは地域の協力者で作る「和田中地域本部」の一部門となる。文部科学省は新年度から、和田中をモデルに「学校支援地域本部」を全国1800カ所に置く方針。都市部を中心にPTAの担い手は減っており、保護者だけに頼らない和田中方式は広がる可能性がある。

PTA会員数の推移

 3月末に任期満了で退任する藤原和博校長が、この日の学校運営協議会で報告した。(1)PTAは地域本部の一部門の現役保護者部会とする(2)各クラスの保護者から役員を選ぶ仕組みは変えないが、会長は選出せず役職も少なくする(3)区内のPTA役員が集まる会合には今後参加しない――が主な内容。

 1月のPTA運営委員会で方針は承認されており、5月の総会で正式決定する。藤原校長は「慣例で続けている仕事をリストラし、必要なことに力を注ぎたい。全国のPTAの参考になるのではないか。親と地域の人が協力し学校を支える態勢を強めたい」と話す。

 一方、文科省は、中学校区ごとに学校支援地域本部を設けようと、08年度予算案に50億4000万円を盛り込んだ。

 地域本部には、教職員や保護者に加え地域の代表者が入り、部活動の支援や、学校環境の整備、登下校のパトロールなどでかかわる。また、理科の授業やキャリア教育、自然体験などを支援できる専門家を探し出して、有償で招く。


藤原校長本人による趣旨説明はこちら。
慣性の法則から抜けられないPTAのみなさんへ、和田中より愛を込めて (PDF)

この記事にコメントする前に、PTAについてちょっと語っておく。

はい、そこのお母さんお父さん。今、PTAって聞いて、ため息つきませんでしたか?
旗持ち当番とか読み聞かせとかパトロールとか、頭の中に浮かびませんでしたか?
ああもうすぐ4月だ、役員選挙の電話が回ってきたらどうしよう、名簿の最初は損なのにとか、
親の立場でいると、PTAというのもなかなかに悩ましいものだ。

たとえば学級役員選挙。中には率先して立候補する積極的な保護者の方もいるのだが、
たいていは、避けられるものなら避けたいのが本音だ。だからその裏返しで、
「うちは仕事があるので出来ません」なんて言おうものなら、専業主婦を差別するのか等と、
突込みが入ったりする。そうやってもめた挙句、
「こちらでは決められませんから、学校で決めて下さい」となり、担任が頭を下げて回ったり
するという、本末転倒の事態になる。そんなになり手がなきゃPTAなんぞつぶしてしまえば
いいと思うのだが、つぶすには勇気とパワーがいるので、絶対につぶれない(笑)

学級役員も、小中学校を通して一度でも役員をやればそれでお役御免、で済む地域もあった。
たとえばクラスに4人の役員なら、9年間で36人、つまりほぼ全員の保護者が、義務教育期間中に一度は役員を経験することになり、これはこれで公平ということで理屈が通っている。

つまり誰もPTAなんかやりたくないわけ

かくして本来の趣旨を見失ったPTA活動は「旗持ち当番は雨の日も傘を差してはいけない」、などという意味不明の鉄の掟を生み、冷たい雨の日に乳飲み子を背負ってレインコートを着て
半泣きで交差点に立ち、ヤケクソで黄色い旗を振る母親の光景を演出することになる。

ちなみにこれは実話だからな。俺の子供が通っていた小学校での話だ。
自分に乳飲み子がいたら、PTA会長に怒鳴り込んでいたところだ。

いったい誰のための、何のためのPTAなのか。

教師の立場にしても、なにかと悩ましいことが多い。
たとえばPTA会費。俺が今までに勤務した数校では、すべて教師も会費を払っていた。
教師にとって、PTAは任意加入の団体ではない。実質的に業務の一部である。
赴任と同時に自動的に会員となり、給料からPTA会費が天引きされている。
俺はずっと疑問に思っている。

仕事でやっているのになんで自腹なのか?

会費を何に使っているのかというと、本部運営費とか印刷費とか卒業記念品代とか慶弔費とか。
この慶弔費の中に、職員への餞別というのが組み込まれているPTAがあった。
その学校での勤続年数に応じて、異動時の餞別が増額されるというもので、毎年払う会費は
それで実質的にチャラになるシステムだった。うまいこと考えたものだ。

だったら最初から会費なんぞ取らなけりゃいいのだが、PTAのTはティーチャーのTだから、
教師も会費を払うのが当たり前だろう、という突込みが入るわけだ。難儀なことだ。

次元の低い話だが、要するにこれが、藤原校長の言う「慣性の法則から抜けられないPTA」の
実態だ。慣性とはまた控えめに言ったもので、本音は惰性といいたいところだろう。
そんな組織なら、つぶしてしまって、地域を核とする組織の下に組み入れてしまえ、というのが
藤原校長の構想である。

いや、これは実現できれば素晴らしいと思う。

毎年人が入れ替わるPTAと違って、長期を見越した継続的な計画や活動ができ、中学校だけでなく地域を基盤とした幅広い範囲での規模となる。もうPTAという形態自体、古いのだ。

問題なのは、地域にそんな力があるかどうかだ

地域をベースにすると、たとえば私学に通っている生徒が3割以上いる地域なんて、いったい
どうするんだろうとか、素朴な疑問もわいてくるのだが、それは本質的なことではない。

地域と言っても、家しかない住宅地で、時間のあるのは犬を連れて散歩しているジーチャンバーチャンだけの所だっていくらでもある。地域で生きていない人間の住む街は多い。
そんなところでは、地域は名目だけで、町内会長がおざなりに名前を連ね、結局、中学校の
校長と教師が奔走することになる。

藤原校長のように、大企業のコネを使って人脈をたどって、人材を引っ張ってくるだけの力が、世間知らずのしがない公務員の校長にあるわけはない。校長は仮の姿、という人とは違うのだ。

昔々、校長は地域の名士だった。そしてそれを支える力が、地域にはあった。
もちろん、今もそうだという校長も地域もあるだろう。
しかし、校長や教師の権威は地に落ち泥にまみれている現実は、まわりにいくらでもある。

だから、力のない地域と、そこにある学校には、それをバックアップする公的なシステムが
必須となる。地域を活性化するために、よそから人材を派遣するというのも、何だかなあと
いう気がするが、昔々存在していた、地域の人のつながりというものを新たに再現させるには、
それぞれの地域の特性に応じたフランチャイズ的なノウハウが必要となるだろう。

そのコーディネイトこそ、民間の力の得意分野だと思うのだが、いかがなものだろう。

だいたいだな、近所の悪ガキも叱れなくなった大人しかいない地域で、人のつながりも地域の力も、
とうの昔に消滅してるんだよ。まずそっから手を入れないとな。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。