公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺は教師の不祥事について書くことはほとんどない。本当にダメな教師なら、ダメ加減を
いちいち解説なんかしても不毛だからだ。俺が出るまでもなく世間の皆様が十分叩いてくれる。
しかし今回は特別に、リクエストにお応えして取り上げてみる。
書くからには前向きにいきたいがどうなることやら。

口止め料:小学校教諭、給食注文ミスで児童に100円 津 (毎日新聞 2007年8月8日)
 津市内の公立小学校で7月、4年生を担任する50代の男性教諭が、給食のおかずを選択できる「リザーブ給食」でおかずの数を間違えて注文し、児童7人に「誰にも言わないように」と100円ずつ渡していたことが8日、分かった。

 津市教委学校教育課によると、教諭は7月13日にあった「うなぎのかば焼き」か「トンカツ」を選択できる「リザーブ給食」で、担当する児童32人に事前に希望を聞いた際、おかずの数を取り違えて注文した。希望に反して「うなぎのかば焼き」を食べることになった児童のうち給食に手をつけなかった7人を後で呼び、自分の財布から100円ずつ渡したという。

 帰宅した児童から話を聞いた保護者が学校に問い合わせて発覚した。学校は当日と翌日にかけて、教諭の担当クラス全員の保護者を訪問して謝罪し、同16日に学級保護者会を開いて説明した。校長の事情聴取に対して、教諭は反省を示し、おかず代を返す意味合いもあったと説明しているという。

 同課は「不適切な指導で、子どもや保護者に迷惑をかけ申し訳ない。教諭の処分は早急に検討する」と話している。


はあぁ~・・・もう脱力。この暑いのにうなぎとかトンカツとか100円とか、何やってんだか。
最初に書いておくと、この教師が一番ダメなのは、子供を腹ペコ状態で帰したことだ。

昼飯抜きではないが、おかず無しではなあ。それも楽しみにしていたトンカツが食えなかった。
もう前の晩からトンカツのつもりで準備していたこの胃は、カラダはどうしてくれる。
直前でうなぎにかえろって言ってもそうはいかない。それに第一、魚はきらいなんだ。
隣の奴はうまそうに食っているのになんでぼくだけ。精神的な腹ペコ度はきわめて大きい。
そしてその代償に100円玉1個握らされた。これでは腹はふくれない。

口止め料が安すぎる、うちの子をバカにしているのかとかいう問題ではない。

食い物のうらみは恐ろしいのだよ

注文の間違い、まあこういうことはあるだろう。学校に限らずどんな仕事でもミスはある。
それをどうフォローするかが問題だ。

「昼飯がないわけじゃない。しかもうなぎの蒲焼なんて上等なモノ、文句言わずに食えよ」

そう思った人は、今時の教師はできない。物の無かった時代はそんな贅沢はとか言っちゃダメ。
うなぎなんか食べたことない、こんなの食べられないと泣いた子もいるかもしれないのだ。

「うわあああっ! ごめん、先生間違えちゃった! どっ、どうしよう(汗)」
「いいよ先生、おれウナギも好きだから。おい鈴木、おれのトンカツやるから泣くな」

こんなのは、よほどうまく運営されているクラスだ。それに今時は、こういう子も少ない。
給食を全部ひっくり返して泣いている子に「わたしの唐揚げひとつあげるから」ではなく、
「先生の全部あげればいいじゃん」という時代だ。実際は余分でなんとかなるのだが。

ではどうするべきだったか。俺は中学校だが、小学校を想定して書いてみる。
ここから先は新卒教師も良く読んでおけよ。ひとごとじゃないからな。

まず、いつの時点で発注ミスが発覚したか。おそらく給食で配膳しているときだろう。
「せんせー、トンカツが全然足りませ~ん」子供達が騒ぎ出す。
ここで担任は数を調べて自分の発注ミスだったことに気づく。
たとえ給食センターのミスだったとしても、その確認や追求は後回しだ。
誰のミスであれ、トンカツが足りないことに変わりない。

ここで担任が取るべき処置はただひとつ。すぐに子供達のおかずを確保することだ。

他クラスや厨房に余分のトンカツがあってそれで足りれば良し。
それでも7人分足らなかったのかもしれないが、詳細は不明。
職員室に走っていって、まだ手がつけられていない教師分のトンカツがあればラッキー。
校長、教頭、専科(音楽とか理科とか)、養護(保健室の先生)くらいは、職員室で給食を
食べているはずだ。
「すいませんっ私のミスでクラスの子がトンカツがなくて腹を減らしていますもうダメです
 パニックです暴動です飢え死にしそうです助けてください、そのトンカツ、ください!」

ここで自分の給食くらいためらいもなく全部差し出すのが、まっとうな教師のやることだ。

さらに、そこにいるのがまっとうな教頭なら、
「よし、すぐに集めて持っていくから、あんたは早くクラスに戻ってやれ」と指示を出す。
教師の昼飯くらい、あとで何とでもなる。たとえ食えなくても、そんなことは珍しくもない。
生徒指導でドタバタしていて食べる暇がないことは日常だ。我々教師には昼休みはない。

もし校内でトンカツが調達できなければ、外へ走る。120人分ではない。7人分だ。
スーパーでもコンビニでもほか弁でも食堂でも、街中ならさほど苦労はしないだろう。
たとえトンカツがなくても、唐揚げでもフライでもハンバーグでも子供達の好きそうな物を
買って帰れば良い。

ここで誰が買いに出るか。「私が行って来ます!」箸を置いて素早く専科が立ち上がる。
偉い人たちは教師の数を減らすことしか考えてないが、こういうときに専科もいない学校では
管理職が走らなきゃならんのだ。パシリの教頭。なんか違うと思うが。

「よし、俺が買ってくるから、あんたはクラスに戻ってやれ」と担任を教室に帰す。または、
「クラスの方は俺が面倒見ておくから、あんたは買いに走れ。けちらずドーンと買って来い」

前者は、担任がしっかりクラスをコントロールできている場合。
後者は担任が少々力不足で、教頭が行ってクラスを落ち着かせる必要がある場合。

さて誰かが買いに行っている間、クラスの方はどうするか。全員揃うまで待たせるかどうか。
これはクラスの雰囲気にもよるし、待たせる時間にもよるのでので一概に言えないが、
明らかに時間がずれてしまうなら、トンカツのない生徒を別室に移すという手もある。
たとえば校長室へ、おかず以外の給食といっしょに連れて行くのだ。
そこで校長とおだやかに談笑しながら、トンカツの来るのを待つ。間違っても校長だけ先に
給食を食べてしまわないように(笑)

そして担任なり専科なり教頭なりが、トンカツの入った袋を提げて戻ってくる。
校長室のテーブルの上に広げられると、十分な量のトンカツだけでなく、唐揚げとか
おにぎりとかちょっとだけ豪華版なのがポイント。そして校長はにっこり笑ってひとこと、
「さあ、それじゃみんなで一緒に食べようか。校長先生もお腹すいたぞ」

ここまでやっておいて、担任は放課後各家庭にお詫びと報告の電話を入れる。
もちろん家庭訪問でも良い。お金を渡す必要は全くない。
トンカツ代はどこから出すかって? 担任のポケットマネーに決まってる。

いかがだろうか。俺ならここまでやる。20年前ならもう少しシンプルにしていたろう。

100円玉7個で済むなら誰も苦労はしない

50代と言えば20数年教師をしていることになり、普通に考えればベテランである。
しかし、残念ながらそうでない奴も淘汰されずに温存されているんだな。
経験が生かされることなく、世情にも疎く、感性だけがどんどん干からびて腐っていく。
ベテランどころか、その腐敗は経験年数分だけ進んでいるから始末が悪い。
こういうダメ教師を処分するのに免許更新制など必要ないというのが、以前からの俺の主張だ。

しかしウナギは人気なさそうだ。中国産だったからとかいうオチじゃないだろうな。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
>中国産だったからとかいうオチじゃないだろうな。

これ、ありえるかもしれませんよ。
家庭の主婦は結構気にしています。

うちの母なんて絶対うなぎ買いません。
「絶対、外でうなぎは食べるな」って厳重に注意されました。

7人も給食に手をつけなかったってのは、そういう理由があるんではないかと思います。

子ども 「蒲焼かトンカツか選べるんだよ。」
母親  「えっ!絶対うなぎをえらんじゃだめだよ。毒だよ。」

って会話は結構家族でされたと思うんですが、どうでしょうか。
【2007/08/09 Thu】 URL // vamo #EUzXsmB6 [ 編集 ]
中国産うなぎの話も、冗談じゃすまないですもんね。
今のところアメリカ産豚肉で苦情は出ないでしょうが、中国産は旬だし。
ダンボールで出来ていることはないでしょうが、薬漬けはありだし。
給食で高い国産のうなぎなんか出せないですよね。
それでなくても給食費未納で予算が苦しいのに。

そもそもトンカツとうなぎという選択肢も、それを考慮してのものじゃなかったのかな。いい方に考えすぎか(笑)

遺伝子組み換えやら添加物やら、そういうことに気を使って生活している人もたくさんいるということも配慮しなくちゃならん時代ですよね。
偉い人は「そんな細かいことまで対処できる予算がない」とか言いますが、だったら給食なんてやめちまえばいいんですよ。
さもなくば、O157騒ぎのときみたいに弁当の子もありとか。

表面上は教員の不祥事ですが、実は根が深い給食問題ですね、これ。
【2007/08/10 Fri】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
食育教育なんてしているんですよね?
総合学習の時間は環境問題やってますし。

給食も教育の一貫なんだとしたら、中途半端な気がします。

給食大好きだった私ですが、やめちゃったほうがいいかもしれませんね。
【2007/08/10 Fri】 URL // vamo #EUzXsmB6 [ 編集 ]
いまは、選べる給食って言うのがあるんですね。
僕自身は、ウナギでもトンカツでもどっちでもいいんだけどなぁ…。
ウチの長男と三男は、どっちでも出てきちゃったら間違えでも何でも「いいよ!これで」って食べちゃうんじゃないかと思います。次男も、学校であれば「これでいい」って…でも、ウチだったらごねるかも。
もちろん、希望外のおかずが出てきたからガッカリした!っていうのは判るけど、だからって手さえつけないで!っていう生徒(この場合児童か)ってのも、どうなのかなぁ…とも思うんですけど。トンカツとウナギじゃ、アレルギーとかベジタリアンとか…あ、宗教上の理由はあるかもだけど、んじゃ、逆だろうし…。
もちろん、担任が間違えなければ良かったんですけどね。でもなぁ…。
【2007/08/11 Sat】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
シーサーさん、リクエストにお応えくださってありがとうございます。
あの記事を見たとき、同僚と話をしてまず最初に出た言葉が、「ばかみたい・・・」でした。その次に、この人の行動のどこが一番問題か、って検証。彼女は「口止め料ですかねぇ」と言いました。まぁ、根本的にこの先生のクラス経営はあまりうまくいっていない、と言うことなのでしょう。口止め料を渡すにしても100円ってのもせこい話ですよね。
おかずが足らないってなったとき、もちろんまず先生は子どもに謝りますが、そのあと、「みんな、どうしたらいい?」って聞いたら、良い教材になりますよねぇ?今の子どもなら、知らん顔するのが関の山かな。
結局、この先生のフォローはすべてにおいて中途半端ってことですか・・・。
【2007/08/11 Sat】 URL // ななこ #- [ 編集 ]
>vamoさん
食育という言葉が一般に知られるようになったのは、平成17年成立の食育基本法あたりからではないでしょうか。学校給食は、明治時代から目的を変化させながらもずーっと続いているわけですが、今の時代に給食の意義は何なのか、いろいろ難しいことも多いと思います。

給食も過去にはいろいろ問題ありましたからね~。絶対残すなとか犬食い先割れスプーンとか手を合わせていただきますとか。給食当番なんか一歩間違うといじめの温床だし。我々の世代なんかパンと牛乳と豚汁にコーラ付だったり、そりゃもう素晴らしい食習慣を教えていただきましたとも(笑) その続きで食育。。。

> いわさきさん
だいたいですね、選べない給食でウナギが出てきたら、この子(の親)たちはどうしていたんでしょう。その日の給食はパスして弁当を持たせていたのか? 今時は日割り計算でちゃんと清算しますから、それくらいはどうってことないはずなんですけどね。
そこで「うちの子はウナギは食べないからメニューを変えろ」ってねじこむと、モンスター化してしまうわけです。

そこまで面倒なことはしないけれど、選べるなら権利として主張する。そんな感じじゃないかと思うんですが・・・

>ななこさん
そうそう、基本的にクラス経営がうまくいってない。ウナギを食べなかった子たちが日頃親から言われていて、あるいは単にきらいだからそうしたんだったらまだいいんですが、クラスのその場の雰囲気で結託して食べなかったなんてのもあり得ますから。そのクラス、きっとウナギ問題だけじゃないでしょう。

100円玉というイメージの軽さが笑えるんですが、口止め料がもし1000円だったら、もっと厳しく追及されてたかも。
あり得ないけど、1万円だったら黙って受け取る親がいたりして(笑)
【2007/08/12 Sun】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
学校窮食
給食指導は小規模校だと何の苦労もないんですが、大規模校ほど難問山積ですね。食育以前の問題だらけ。

・衛生指導(手を洗わないんだよなあ・・・)
・当番指導(当番がだらだらしてると食べてる時間がなくなる)
・あと片づけ指導(いつまでも食ってる生徒がいると膳を窮食センターに返せなくなるし)
・食事指導(余ったデザートを巡る弱肉強食の争いをどう収めるか。日本は豊かな国、なんてフレーズが嘘くさく感じるほど熾烈。)

はっきり言って、弁当持参の学校と窮食のある学校では労力がまるで違ってきますね、当然ですが。
給食だと残量問題もあり、これも頭の痛い課題なんですが、正直、そこまで手が回りません。だいたい正味10分しか食事時間を取れませんしね。
(率直に言えば、冷えた魚の煮物とか、茹でたサラダなんか人気があるはずもなく。先割れスプーンでどうやって焼き魚を食えと?
献立の工夫もしないで残すな、なんて言えません。・・・ええ、撃ちの地方はいまだに先割れスプーンを使用してます・・・。)

もっとも最近では弁当を持ってこない子にどうフォローするかが難題のようですけど。
以前の勤務校は持ってこなかった生徒分のオニギリを確保させるべく、コンビニへ新採を走らせてました。そこまでする必要性は疑問でしたけどね。

学校で好き嫌いしないように指導して欲しい?
こういう親もいるようですが、「やかましい、実態を見ろ!」と言いたくなります。
【2007/08/14 Tue】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
シーサーさん、ご返事有難うございます。

日本の先生って授業以外の仕事が多すぎると思います。

カフェテリア方式が一番いいような気がします。
設置するまでの費用が大変だと思いますが、先生方の苦労を思うとそうしてほしいですね。
【2007/08/14 Tue】 URL // vamo #EUzXsmB6 [ 編集 ]
>甲さん
おおっ! 前世紀の遺物、教育界の恥ずべきオーパーツ先割れスプーンがいまだ現役とは! ロッカーの無いかわいそうな高校生と並ぶ惨状ですね。かの地にまで食育が浸透するのにきっと何十年もかかるのでしょう。
またそういう地域に限って、マイ箸を持ってこようとする児童生徒や保護者に理不尽なプレッシャーかけたりするんだよなあ。

給食でない場合は、家弁当と業者弁当混合。月ぎめでなく、朝申し込めばその日は業者弁当が食べられる。パンの業者も入ると生徒は喜びますが、数がまとまらないと商売にならんから小規模校では難しいかも。街中なら少人数でも対応してくれる弁当屋はあるんですが・・・

ちょっとそこのお母さん! 購買部なんてもう古いの!
少子化で商売にならんから、誰もやらないんだってば。

民間大手だって食堂は外注にしてる時代なんだから、給食にこだわらなくてもと思いますが、じゃ給食やめた!とすると、給食関連公務員の職が無くなるのでそう簡単にはいきません(^^;

>vamoさん
人数が減って教室が余っているところでは、空き教室を食堂にリフォームしていたり、vamoさんのおっしゃるカフェテリアだったり。実に清潔で正しい昼食風景が見られます。大規模校では順番にランチルームに来たりして。もちろんそのための予算と、その気がないとダメですけどね。

教師の苦労というより、まともな環境と実生活に役立つマナーで食事をさせてやりたいです。そのための実りある苦労なら、いくらでもします。

だいたいですね、教室と運動場と体育館だけで何もかもやってしまおうという発想がムチャクチャなんですよ。明治時代なら仕方ないけど、いまだに旧習に何の疑問も感じず惰性で引きずっているだけのところは、先割れスプーンを平気で使わせていたりする。生徒は家畜じゃないんだから。
【2007/08/14 Tue】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/104-bed036ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。