公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この話、終わりにしたはずだったんだが、各誌まだがんばっているようだ。
8月4日のエントリーに書いた、「一年度の入試でいったいどれだけ儲かるのか、公表してもらいたいものだ」に、応えてもらったような形になっているので、追加資料として記録しておく。

関関同立、入学率わずか1割…大学側もメリット (2007年8月23日 読売新聞)
 私立高校が合格実績水増しのため入学意思のない生徒を多数受験させたことが一因とみられる。同方式による今春の出願者は4校で延べ7万人を超え、受験料収入は総額約12億8000万円に上っており、大学側の経営上のメリットが大きいことも明らかになった。

全文は"続きを読む"に貼り付けておく。

いやーしかし、儲かるんだなあ、有名大学って。
入学者1人につき受験料だけで61万円入ってくる計算になる。

この国の教育システムは素晴らしい高収益だ

なあ、弱い立場の受験生諸君と保護者の皆様、そろそろみんな、無駄金つかうのやめない?
余分な金が無いと大学に入れないなんてなあ。ここでも格差社会の後押しをしている奴がいる。
でもみんなで節約すると体力のない大学がつぶれるのか。全入時代も程遠いな。

自分で取材したかったところだが、さすがに現役公立教師の身分でウロチョロするわけにもいかん。
しかしただの一教師が取材に行っても、おそらくまともに相手してもらえないだろう。
マスコミ取材はOKでも、教育者関係者はダメ。ま、そんなもんだ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
関関同立、入学率わずか1割…大学側もメリット (2007年8月23日 読売新聞)
 私立高校が合格実績水増しのため入学意思のない生徒を多数受験させたことが一因とみられる。同方式による今春の出願者は4校で延べ7万人を超え、受験料収入は総額約12億8000万円に上っており、大学側の経営上のメリットが大きいことも明らかになった。
読売新聞の取材に、関関同立側が2007年度入試の状況を明らかにした。

 それによると、4校の同方式の総募集人数2572人に対し、志願者総数は7万4845人。総募集人数の9倍近い計2万2827人を合格させたが、入学者は計2082人にとどまった。4校は募集人数の7~12倍の大量合格者を出しているが、定員割れが出ており、入学率(合格者のうち入学した者の割合)は9・1%だった。

 最も多くの志願者を集めたのは立命館大。募集人数1565人に対し、志願者数は3万3742人。合格者は1万2286人だったが、入学者は1250人で入学率は10・1%だった。

 志願者数は、関西大1万9653人、関西学院大1万6766人、同志社大4684人の順で、入学率は各5・7%、10・6%、4・2%だった。

 4校の受験生は国公立大や他の有名私立大などを併願する傾向が強い。このため一般入試でも入学辞退者は多いが、入学率は20%台を維持している。センター試験だけを利用した入試方式の合格者の入学率の低さは際立っており、合格実績水増し目的の出願が影響しているとみられる。

 同方式は、受験生は新たな試験を受けずに複数の大学を併願でき、私立大は自前の入試問題作成や採点の手間をかけずに受験生を確保できる利点がある。

 一方、私立大側が大学入試センターに支払う成績提供に関する手数料は1件あたり570円。4校の同方式の受験料は1万5000~1万8000円で、受験料収入は総額12億8000万円に上るのに対し、手数料負担は総額約4266万円で、単純計算では12億円以上が収益になる。

 合格実績水増し問題について、関関同立側は「高校側の倫理観の問題」と静観の構えだが、予備校関係者は「私立大は目先の受験料収入が魅力なのだろうが、合格を乱発し、辞退者を多発させる状態は奇異。長い目で見れば大学のブランド力低下につながる」としている。

スポンサーサイト
俺が高校生の時代から
受験方式はすごかったですよ。

1つの試験を受けるだけで
いくつも学部に志望できますからね。
でも、数多くの学部に志望する気持ちが
俺には理解できなかったんですけど。
楽しくないでしょ、その後の4年間
そんなんで第3志望の学部で入学しても。

自分なら中退してしまうと思ったんで
志望する学部は1つだけでしたねぇ。


大切なのは「どこに入るか」ではなく
「何を学ぶか」だと思うんですけど
なかなか世の中はそんなんでは
通用しないのかもしれませんねぇ(遠い目)
【2007/08/24 Fri】 URL // ダイ #- [ 編集 ]
30年も前でも、希望の学部は第2希望までで、あとは受かること優先でしたから。それから就職に有利だとか。
純粋に学びたいことを学べるのは幸せなんだと思います。

経済的なことは別にして、これだけ手軽に受験できると、ある学部を希望する動機も薄まってしまいそうな気がします。
それは自分の意思が弱いのか(笑)

【2007/08/24 Fri】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
国公立大の後期日程の受験料
なるほど、受験形態が変わったおかげで新しいもうけの仕組みが形成されたのですね。
しかし、昔から滑り止めとして複数の私立高校を受験していたわけですから、複数受験はやむ終えないと思います。
センター方式の場合は受験会場まで行かなくてよいなどのメリットもあります。
でも、個人よりも私立高校の実績向上に使われている可能性の方が多そうですね。

ところで、私立の場合は一応受験し判定をもらっているわけですが、
国公立大後期日程の受験料は、前期日程で合格している場合、受験しないのに戻ってこないんですね。
2月3日にこの話題で書いたのですがどうしても理由が分かりません???
受験大学の収入になるのでしょうか?
【2007/08/27 Mon】 URL // 新しい窓1113 #Rw/ZwaGc [ 編集 ]
Re:国公立大の後期日程の受験料
コメント遅くなってすみませんでした。

うちの子たちは国公立大には縁がなかったので知りませんでしたが、なるほどそうですね。しかも私学ではなく国公立がやっているというのは、解せません。入試の要項にはなにか記載がないのでしょうか。

専門外の領域なので全然わからないんですが、どなたかそのあたりの事情に詳しい方いらっしゃいませんか。。。
【2007/08/30 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/108-d1847cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。