公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2学期になったので勉強の話をする。
学力低下が叫ばれる中、来年度の学習指導要領、具体的には授業数をどうするかという話。
やっとまともな見通しが出てきた。と言うより、居酒屋談義が国の教育を動かせるような
錯覚をさせられていただけ、と言ってもいいだろう。やっぱり餅は餅屋でないと。

中学授業も週1時間増 選択・総合減らす 中教審に素案(2007年08月31日 産経新聞)
 文部科学省は31日、中学校の学習指導要領の改定について、(1)現在の1週間の授業時数を1時間増やし29時間にする(2)自由に授業科目を設定できる「選択教科」と教科横断的な「総合的な学習の時間」(総合学習)を削減(3)国語や数学などの主要教科の授業時数を1割増やす-とする素案をまとめた。これによって小学校と同様、批判の多かった「ゆとり教育」が転換されることとなる。

 同日午後に開かれる中央教育審議会教育課程部会の中学校部会(主査・市川伸一東大教授)に素案を示す。

 平成14年に始まった現行の指導要領では、「ゆとり教育」の弊害として国語、社会、数学、理科、外国語(英語)の主要教科の基礎基本が身についていないと指摘されていた。また、選択教科の標準時間数が2年では週1.4~2.4時間(1時間は50分)などと小数単位で設定されているため、学校側は年に数回、時間割の変更を迫られたり、複数の時間割を使うなど現場の不満が大きかった。

 素案によると、全体的な授業時数を週1時間(年間35時間)増やす。内訳は総合学習を週1時間縮減し、選択教科も一定の割合で減らす。逆に、英・国・数・理・社に体育を加えた授業時数は3年間で1割弱(約200時間)増やす。

 教科別では、国語と社会は3年、数学は1、2年、理科は2、3年を中心にそれぞれ増加。外国語は文法や語彙(ごい)を充実させ、全学年で授業時数を増やす。体力低下を克服するため、保健体育も各学年で増やす方針。

 各教科の授業時間も時間割を年度途中で変更するなどの不都合をなくすよう設定する。

 授業時数の増やし方は教育委員会や各学校に任せるとしている。1時間の授業時間を現在の50分間から短縮させることで総授業時数を増やすほか、朝や放課後の読書活動、ドリル学習などこれまで授業数にカウントしていなかった時間を算入したり、夏休みや冬休みを短縮して増やすことも可能であることも明示する。


ふむ、いいじゃないか。
6月2日のエントリー"教育再生会議第二次報告-土曜休みはなくなるか?"で具体的に指摘した方向とほぼ同じだ。

こんなものは、現場の声をちょっと聞きさえすれば自ずと目指すべき方向は決まってくる。
文部科学省が画期的な提案をしたわけでも、俺が優秀な洞察力を持っているわけでもない。
素人居酒屋会議もとい教育再生会議がヘタレなだけなのだ。

朝や放課後の読書活動、ドリル学習というのは、1校時が始まる前や終りの会のときに
10分程度、読書をしたり漢字や計算の練習をするというものだ。実施している学校も多く
専用のドリルやプリントも業者から出版されている。
これを毎朝する場合、たとえば10分×5=50分で、1週間で1コマ分の授業とカウントする。

従来は、このカウントを認めるとか認めないとかでゴタゴタしたこともあったのだが、
国が認めてくれるのだから堂々とカウントできる。

余談だが、給食や弁当の時間は、食事指導として勤務時間になっている。教師に昼休みはない。
その分は後ろに回されて5時前が休憩時間となっているが、実際は休憩なんか出来ない(笑)
さすがに食事指導の時間はまだ授業にはならない。しかし食育が盛んに言われるだろうから、
ひょっとするといずれカリキュラムに入ってくるかもしれない。

夏休みや冬休みの短縮も可能とあるが、これ、安易にやるのは賛成できない。
なぜかって? 言っておくがサボりたいからじゃないぞ。

気温40度を越える夏に授業なんかやってられるか

逆に夏休み増やさなきゃならんような気候だろ。マジで授業中に熱中症でバタバタ倒れるぜ。
教室にエアコンつけてくれるなら別だけど、私立と違って貧乏な公立は望み薄だ。
そこまでして能率の上がらない授業数を稼がなくても、教師を増やしてくれたら学力は上がる。

ところでこのニュースを見て「詰め込み教育に戻る」とかヒステリックに騒ぐような奴は、
賢明な読者の皆様の中にはいないだろうが、念のため言っておく。

詰め込むどころか、ちょっと戻っただけですから

「増やした」なんていうのは言葉のあやにすぎない。今までが、やりすぎのマイナスだったのだ。
そこんところお忘れなく。

さて教育再生会議はどうするのかな。まあ安倍政権のドタバタで消滅しても仕方ないし、
それで困ることもないと思うが。あ、ネタの泉がなくなると俺はちょっと困るかも。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
>熱中症でばたばた倒れる
ダイオキシンで大騒ぎだったころ、某中学で窓締め切って授業したら、鼻血出して倒れる生徒が続出したそうです。窓開けたくても、産廃燃やしている灰が飛んでくる状態なので、とても無理!!
エアコン設置の運動をしていましたが、その後、どうなったことか。
窓開けても地獄、空けなくても地獄。

都立高校では、全校にエアコン設置が決まったそうです。
高校改革がどんどん進んでいるようですが、中学、小学校はなぜ進まないんでしょう。

あ、今回のお題ですが、
10年前に中学受験した子が、「昔はこんなに大変じゃなかった>中学受験」と言っていました。今はすごいスケジュールです。
毎日朝の8時半から、4時半まで@@。
お盆休みありましたが、中学受験専門の塾になると、お盆も御三家用の過去問特訓、某塾の合宿風景は、毎年ニュースのいいネタです。
10年前からこっち、なにがあったかといえば「ゆとり教育」。
おかげでめぼしい私立女子校は全部中高一貫になるし、12の夏も秋も冬も、大騒ぎ。

高校一年の長女になると、数学の先生がなにかというと、「キミたちはゆとり教育の年代だから」とため息をつくのだそうで。
「どうしてこのような答案になるのか、職員室では生徒の答案を前にして、話題がつきません」、と・・・・・・・(爆)。
結局ゆとり教育のおかげで、すっぽり抜けているんですよ。
その分を埋め合わせるために、生徒も先生も大変な努力をしなくちゃいけません。

責任者、出て来い!!
っていいたい。
OOさんは、とっとと文科省おやめになって、テレビなんぞにお出になっていらっしゃいます。
都立に群制度を取り入れた教育長と一緒に、歴史に名を刻むでしょう。
【2007/09/04 Tue】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
、「キミたちはゆとり教育の年代だから」とため息をつく
>くーみんさん
これ、かわいそうですよねえ、本人達のせいじゃないのに。
公立の学習内容はスカスカになる一方、私学はレベルを保つべくどんどんヒートアップ。そりゃ日本全体でみればレベルを保っていても、濃度はどんどん偏っていきますよねえ。

私学は中高一貫化どころか、大学ともくっついていきましたよね。
○○大学附属とか名前が変わった高校もある。
なんか公立と比べると、お互いに反対向いて突っ走ってしまったような。
いやはやまったく、どうなっていくんでしょうね。
【2007/09/05 Wed】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
>お互いに反対向いて
いや====、
先日中学受験の掲示板見ていましたら、ある伝統の女子校が、
共学に変わり、特進まで作って進学校化していることについて・・・。
在校生、OGから反対の意見続出、それに対して受験生の親からは、
「進学校化するのは世の成り行き」という反論もあり、喧々諤々。
でもって驚いたのは、進学校化するために、都立高校の校長を持ってきていることなんです。

次女が受験する予定だった女子校も、昔はおっとりノンビリの学校で、その校風が良くて選んだのですが、来年から特進を作って、進学校になることに。ここも都立高の校長を持ってきているんです。
つまり、私立が都立の進学校のノウハウを取り入れつつある・・・ってこと?

それに比べて都立は、夏期講習、補習、土曜講習のオンパレード。
体調崩して休んだ生徒には、担任から電話が行くという手厚いフォロー。
部活充実、生活指導まであって、まるで私立ですよっ。

私立も都立もみんなおんなじ、ひとつの方向を向いちゃっている。
つまり、
「東大」
なんですね。

いくら頑張っても、東大、早慶上智の定員は決まっているし、ひとつの高校が実績上げれば、どこかの高校の実績が落ちる。
なんともはや、ヒステリー状態ですなっ。

もうひとつの方法として、「推薦」制度がどんどん広がっていくということ。
こうなると、中堅の大学の付属に行くのは、お金の無駄ってことになるのかなと思うんですが・・・・・・。
いまや早O田学院でさえ、都立に生徒をごっそり持っていかれる時代だというのに、片や中学受験はヒートアップ。
私立志向の強い親の考えが、よくわかりません^^;。
【2007/09/05 Wed】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
>都立高校の校長
言葉足らずでしたね、定年で退職された・・・、を
付け加えてくださいませ。
【2007/09/05 Wed】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
伝統ある私学がいたずらに進学校化しようとして卒業生からブーイング。
それ、あるある(^o^) 「ただの進学校になったら誰が行くか!」って。
その学校の特徴ある校風や伝統の大切さより、なりふりかまわず目先の数字を追っかけてるんですね。

高校の事情については私は分かりませんが、公立志向の地域と私学志向の地域では、ずいぶんと様子も違うようですね。勉強になります。
【2007/09/06 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/113-c3fe4938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
小学校で習う全漢字1006字を取り込むためには止むを得なかったのでしょうが、物語のいくつかは、質の高い文章とは言えないようです。特に「ピノキオ」「はだかの王様」「ドン・キホーテ」は、あらすじを追うだけの無味乾燥な日本語なので、何度も音読させる意欲はいまひとつ
[ 教科教育のレビュー ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。