公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ団塊と日教組その4。前回までをお読みでない方は、まずそちらからどうぞ。
・団塊と日教組その1 ・その2 ・その3

オルグという語をご存知だろうか。ある世代以上はなじみ深い言葉かもしれない。
組合活動や学生運動で使われる専門用語で、組織に勧誘したりすることを表す。

組合活動の中で、交流オルグと呼ばれるものがあった。名前だけ聞くと怪しげだが、
同じ県内の他市や他町の分会(学校)を訪問して、お互いの現状を報告しあう交流会だ。
なぜそれがオルグなのかよく分からないが、世間一般では分からない隠語を使うのも
組織の団結意識を深める手段のひとつなので、たいして深い意味はないのかもしれない。

この報告会は、放課後勤務時間をはずして行われる。勤務時間は自治体によって違うが、
たとえば4時15分から5時の間など、「職場を離れてもいい休憩時間」を利用する。
休憩時間というが、実際は生徒が学校にいる間は本当に休憩できる時間など存在しない。

「本日は交流オルグの受け入れを4時15分から会議室で行います」ということで、
ふつうの職員会議などと同じように、組合員が集まってくる。
そして2,3人一組でやってくる他校の組合員を迎えて、交流会が始まる。
組合の行事なので、さすがに5時なら5時きっかりに終わる。
職員会議のように平気で6時や7時まで延長するようでは組合の意味がない。

他校に交流オルグに出かけていく場合、遠方だと昼前から出発しなければならない。
授業は自習にするなり時間割を変更するなりしていくのだが、この間の勤務の扱いは
昔はけっこうあいまいだった。今なら年休を取って行くのが当然だが、当時はなんとなく
「行ってきます」だけで済ませていた。まだまだ世の中もアバウトだったのだ。

出勤簿上は仮に年休として出かけて行き、何もなければ勤務扱いとし、何かあったら年休に
切り替える「鉛筆年休」なるやり方もあった。若い頃の俺の目にはそう写っていたが、
実際には上の方ではどういう処理をしていたのかは不明だ。

このイベントは、怪しげな名前に反してけっこう有意義なものだった。
所変われば品変わるというが、学校運営も地域によっていろいろなやり方があり、
目からウロコが落ちるような思いも何度かした。しかしやはりそこは組合の行事なので
「今日の交流で得た情報を生かして明日からの闘争になんとかかんとか」という文脈で
まとめられるのが常だった。

で、それが現場の教育に役立っていたかと言うと、そこらあたりはあやしいのだ。

なにしろどんなことも対市要求とか闘争とか勝ち取るというコトバで固めてぶつけていく。
本来なら教育委員会を含め組織全体で考えてじんわりと検討していくべきようなことも
組合が取り込んでしまい、対立前提のイエスかノーかでわざわざ角を立てているようなものだ。

教育向上のためのアイデアも
武器として消耗させてしまったのだ


他市のやり方を参考に改善したという話は、結局聞いたことがなかった。

そして選挙運動。

深い考えもなしに加入した組合だったが、選挙の季節になると憂鬱だった。
候補者が学校にやってきて、職員室で「組合員のみなさん、よろしくお願いします」とか
やっているうちはまだいい。

当時日教組は社会党支持。無視できない数の組織票だったはずだ。先輩教師の中には
「私は個人的には自民党支持ですが、組合活動では社会党です。皆さんも頑張りましょう」と
わけの分からんことを堂々と言う奴までいた。

分会長時代に候補者の相手をして代表で握手なんかされたのも、まあ気恥ずかしい思い出の
ひとつということで手を打とう。

一番つらかったのは、電話戦術とビラ配りに動員されることだ。

名簿を見て片っ端から「今度の選挙では○○をよろしくお願いします」とかける電話戦術。
ビラ配りは、駅前とかでわめきたてる街宣車のまわりで、道行く人や会社帰りのお父さんに
文字通りビラを配る。どちらも選挙運動としては珍しくもない。

下っ端組合員は無料で使える運動員だ

無料どころか毎月1万の組合費を払っていたんだからお笑いだ。

公務員というか公立学校の教師が、特定の政党の為に選挙運動をするのがなぜOKだったのか、
俺はいまだに良く分からない。
とにかく校区内でのビラ配りだけは堪忍してくれと頼んで、交代してもらった覚えがある。
駅で顔見知りの生徒の親にビラを渡すのは、何か違うと思ったからだ。

その5に続く。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
職場でビラ配り
長年、各校で講師勤務でしたが、職場で選挙候補者のビラをもらうのは恒例行事でしたね。公的な建造物内でンなことしtれいいのか?とは思いましたが。
で、ビラをよこした本人はなにやらカウント、でその横で別な組合職員がまた私にビラ。で彼もカウント。なんだ、単なるノルマで選挙活動か。
何のカウントか知りませんがああいう重複活動をしているようでは水増し報告となんら変わらなかったはず。あれでは勝てる戦も勝たない。
戦いは数ですよねえ。

基本的に擁立候補者が勝てると組合員自身が信じていないのは明白で、白けること甚だしでした。オヤジが熱心な社会党員だったので、そういうのを幼少期から眺めてきた身からすれば「組合活動も動脈硬化起こしてくるんだなあ」でしたけど。

それとやらた署名と募金を求められる。環境改善とか、軍縮とか。あれも煩わしかった。これも職務中にいいのかな、と。
その辺のけじめのなさも日教組(この場合は岩教祖ですが)批判を招き寄せていると思うんですけどね。
【2007/09/11 Tue】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
そのビラって、本当は外でまかなきゃいけないやつですよね(笑)

署名は日常ですね。家族全員の名前書いてたり。最近減ってるのかな。
別に組合員じゃなくても、趣旨に賛同できる署名ならしますけど、私のところは回ってこないのかも。

募金ならまだマシですよ。臨時闘争資金とか言って予定外の組合費を天引きされたのには参りました。また書きますけど。
【2007/09/11 Tue】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/116-f58a3253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。