公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ニュースが2つある。良いニュースと悪いニュースだ。どっちから聞きたい?」
というのは映画のセリフだが、どちらだか分かりにくいニュースもある。

指導力不足教員:2年連続減少 8割以上はベテラン教師(毎日新聞 2007年9月13日)
 適切な指導ができないなどとして、06年度に「指導力不足」と認定された公立学校の教員は前年度比56人減の450人となり2年連続で減少したことが、文部科学省の調査で分かった。このうち、06年度に新たに認定された教員は同34人減の212人だった。指導力不足教員の減少について、文科省は「00年度から制度が始まり、問題のある教師への対応が進んだ結果」と分析している。

 調査は、47都道府県と今年4月政令市になった新潟市と浜松市を除く15政令市の状況をまとめた。

 指導力不足教員の内訳は、小学校220人▽中学校119人▽高校72人--などで、40~50代のベテラン教師が8割以上を占めている。自治体からの報告では、「授業中に無駄話が多く、計画通りに教科書の指導ができない」(中学校、40代男性)や「自分から生徒に話しかけようとしない。生徒の引率でも自分から生徒に働きかけない」(特別支援学校、30代男性)などのケースがあったという。

 06年度の研修対象者335人のうち、101人が研修後に現場復帰。依願退職104人▽免職4人▽ほかの職種に転任7人--の計115人が教壇を去った。研修継続となったのは99人だった。

 自治体別では▽千葉県22人▽三重県19人▽福岡県18人--の順で多かった。

 指導力不足教員は、各教委が「学習指導を適切に行うことができない」などと独自に定義・認定している。定義や認定手続きなどにばらつきがあると指摘されており、文科省は8月末に有識者会議を設置して統一的な指針作りを進めている。

 また、試用期間(1年間)を経て正式採用にならなかった教員は、前年度比86人増の295人だった。依願退職281人▽不採用4人▽懲戒免職4人--などで、依願退職した教員のうち84人は精神性疾患などによる病気が原因。死亡退職も5人おり、2人は自殺だった。


いかがだろうか。いろんな話がごっちゃになっている。

「指導力不足の教師が減っているのはいいが、ベテランほど指導力不足が多いとは何事か。
 40も過ぎて高い給料を取って、今まで何をしていたのか!?」

ごもっとも。素直に読んだらそうなってしまう。だけどちょっと待ってくれ。
言い訳ではなく、これにはトリックがある。データはこれ。
公立小・中・高等学校の年齢別教員数 文部科学省調査

教師の構成年齢には見事に偏りがあることがわかる。
このグラフで見ると、人数のピークは小学校が48歳、中学校が45歳。
団塊ジュニアで児童生徒が激増した時期に合わせて採用された教師だ。
小中全体では40歳以上が7割を占める。2年前でこれだから現在はさらに高齢側にシフトし、
小学校では50代教師が4割を超えている。

現場は中高年教師でいっぱいなのだ

指導力不足の8割は40~50代というが、もともとその年代層が教師全体の7割いるのだ。
だから年輩のベテラン教師だけが特別にダメというわけではない。

若いお兄さんお姉さん先生が体当たりで吸収すべき子供達のパワーも、おっさんオバハンに
ジジババ教師が引き受ける。残り1割の指導力不足教師には、それについていけなかった者たちもいるだろう。

もちろん、ダメ教師を淘汰するシステムが整備されていなかったこともある。
世の中がまだ容認していた部分もある。しかしこれからは、そうではない。

また、このグラフには表れていないが、新規採用が一気に増加しているので、
今後徐々に年齢構成は変わってくる。だが当分アンバランスが続くことに変わりはない。

その新規採用だが、これも前途多難のようだ。

試用期間(1年間)を経て正式採用にならなかった教員、つまりモノにならなかった新卒だ。
連休明けに母親がやってきて「うちの子は学校行きたくないって言ってます」というのがある。
生徒じゃないぜ、先生の話だぜ(笑)

依願退職というが、まわりでいろいろ説得してその形に持っていくわけだな。
自殺2名とあるが、ヘタに「お前はクビだ」なんて宣告したら自殺しかねないケースもある。
管理職や教育委員会の指導主事が、ピリピリしながら自宅まで送り届けたとかいう危ない話も。

都市部では団塊退職による新規大量採用で、採用試験の倍率が3倍を切っている。
景気回復で、出来る奴は民間へ行ってしまうとか、教育界への風当たりがきついとか、
いろいろ重なって、新規採用教員の品質低下は止められない。
いったいどんな採用試験をしているんだとか、贅沢は言っていられない状況なのだ。

新卒が定着しない条件はいくらでもそろっている

せめてダメージが浅いうちに辞めていただくのが、本人のためでも生徒のためでもある。

とまあ、これくらいは解説しておかないと、統計の数字だけでは意味が読めないだろう。
しかし結局、あまりいいニュースではなかったな。

ベテランって、熟練者のことを言うんじゃなかったのか?
歳だけくってるダメ教師のことをベテランと呼ばれてもなあ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
教員もそうですけど、僕も新卒で障害者の施設で指導員をしていたわけで…人間相手に育てていくって言う仕事は、対象が個の集合なんで、他の仕事のようには行かないですよね。同じ対応がダレにでも通用するわけではないですもの。マニュアルを見て全て対処できるような画一的な仕事と思われるのは、不本意ですよね…。
担当が10名以下なら個に対応した対処も出来ましょうが、30名もいれば個に応じた対応なんていうの、したくてもそれどころじゃない…っていうのが本音だろうし。…長くやっていれば、息切れもするわなぁ…まして、最近は特に教えられる側の原因も小さくないような気もするし。

なんかね、人を育てていくって言う仕事は、他の仕事のように「生計をえる為の仕事」としてだけ選んだんじゃ、続かない…そんな仕事であるっていう事を、もっとみんながわかる必要があるんだと思うんです。同じ公務員でも、住民票を機械でピー!って渡す仕事とはゼンゼン違うんだから…。それを理解せずに「安定していそうだから」「子供が好きだから」っていう理由で教職を職業として選ぶのでは、自分の期待とは違うんだろうなぁ…聖職とは言わないけど、労働に対しての(金銭の)報酬って考えると、とても割に合わない仕事であるとみんなもっと認識した方がいいとおもう。マスコミも含めて。人と接する事が好きで、そこから何かを得ていると(誤解でもいいから)思えているような能天気な若者じゃないと…でも、そういう若者にかぎって採用試験(特に筆記)でふるい落とされていたりしてね。

ダメ教師って問題にしたい気持ちも判るけど、ダメ親(ダメ子の製造責任者)が増えているって言うのを、裏表として認識できないとイカンのじゃないか?とも思うしなぁ…。

出来る奴は民間へ…ちがうちがう、教職なんてまともにやったら割に合わないって気が付いている奴だってば。そいつらが本当に出来る奴であれば、NEETだとかネットカフェ難民とかって、かなり減ると思うんだけどね。
どんな仕事でも、割に合わない時もあるんだけど、そんな時期も我慢できるかどうか…日本人って、最近ほんとうに我慢出来なくなってきてるよね。
【2007/09/15 Sat】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
>ベテランって、熟練者のことを言うんじゃなかったのか?
>歳だけくってるダメ教師のことをベテランと呼ばれてもなあ。

ほんとにそうおもいます.
こどもたちの学校でそういう担任二人に出会いました.
ひとりはシーサー先生にお話した・・あの担任です.

もうひとりは,2年前の息子の担任で「自分の子供すら一度も抱いたことがない」と威張って言う男です.(アホか!)

その担任は子供を傷つける言葉を平気で言い,息子は「もう学校にいきたくないよ」と,涙ながらに訴え,あやうく登校拒否になるところでした.
しかし,担任は「わたしは20年教師やってますからね.なんでもわかってます」と言いきりましたよ.
20年,何をやってきたのか,かなり疑問です.
あまりの言葉に,「先生は”お山の大将”でいいんですか?」と聞くと,
少し照れながら「いやぁ,そんな良いもんじゃありませんよ アハハ」と笑いました.
( ゚д゚)ポカーン・・

子供でも分かるたとえの意味も分からないなんて...
ほんとに大学まで出た教師なんでしょうか?・・・
こんな教師でも20年だからベテランっていうのかなぁ?

去年の担任は26歳でしたが,とても子供たちに慕われ,親たちにも信頼されていましたよ.この↓エントリーで出てきた担任です.
http://mamazon2.blog114.fc2.com/blog-entry-13.html

その先生は,この春遠くの小学校へ転任していかれました.
最後の日は・・子供たちも先生も,号泣だったそうです.
近所に住むママがお礼を言いに学校へ寄ったら,先生の嗚咽が聞こえ,もらい泣きしたそうです.

離任式のときは,卒業生たちが大勢小学校まで来て,「センセーいっちゃうの~?また戻ってきてよ!」と,いう感動の場面を目撃し,素直な目をした中学生の姿に心打たれました.
中3の子は照れていたのか「●●(先生の苗字)ちゃん,元気でな!」と,ポケットに手を突っ込んだまま下を向いていました.

若くても厳しくても,ちゃんと自分たちのことを思ってくれていれば,こどもはそれに応える努力をします.
そんなすばらしい先生のクラスだったことを,子供たちは誇らしく思っています.
その先生のおかげで,登校拒否までしそうだった息子は学校が大好きになりました.
今でも時々先生にはがきを書いています.

息子は,「先生に10月からボーイスカウトに上進することを報告したい」と言っていました.
こんな関係って,こどもにとって宝物だと思います.

私の中で,「ベテラン」って言葉は,いまや鼻であしらうときに使う言葉になりつつあります・・・

乱文失礼いたしました.<(_ _)>
【2007/09/16 Sun】 URL // ままぞん@脱Kママ #yl2HcnkM [ 編集 ]
疑義有り!
新規採用者:
1年間の仮採用後に、「適している」「疑義有り」と品定めするのが、校長1人でしょ?あれって、職員全員に1票ずつくれればいいのにって思いませんか?
うちに、1人だけですが、どうもならない新人がいたんですよ。
どうしようもないのに、採用されてしまいまして。もう3年以上勤めていますが、未だに成績処理ができないし、教材費を二重に請求する。

そうそうクビにはできんでしょう。一旦採用されてしまえば。
指導力不足教員にかける金で、俺の給料あげてくれないかなぁ。
【2007/09/16 Sun】 URL // 握ボン #- [ 編集 ]
ええっ、ゼロ人?
我が県・岩手県の指導力不足教員、今回は中学校ゼロでした。いや、見事です。

その記事を読んだ我が兄弟(これも教職経験者)
「・・・ということは彼も彼も、そして彼女も(中略)まったく問題視されてないということか」と呟いてました。私も同感。ため息が出ます。

昇降口までなんとか登校した生徒を胸ぐらつかんで保健室まで引きずって行った某担任。
多額の支出不明の学級会計を教育委員会に追及されるも「知りません」の一言で何の処分もなく教壇に居座る彼も。
毎朝、酒臭い息をし、赤い顔で出勤し、授業となると自習を連発する彼も。
みな、問題はないそうで。いや、身分保障が強力だな、うちの県は。

皮肉は置いておいても、どういう基準で問題教師をあぶり出し、その真偽を誰が調査し、ウラを取っているのか。納税者にはさっぱり見えてきませんね。
一般的には「そりゃ、校長先生だろ」って思われているんでしょうが・・・実際は学校長(小中)の権限は市役所の係長級程度。あまり強力な力はない。また監督責任をかぶりたくないばかりに問題を隠したがる人も少なくないし。結果的に報告から漏れ、地下に潜ることになってる(埋められた?)問題教師はかなりいるんじゃないか、と。

うーん、やっぱり、あのオフィシャルな指導不足教員の数、過少評価って観が拭えませんね。

といって生徒アンケートとか集計させてる学校もあったけど、まっとうな厳しい生徒指導の教師が低い評価されてしまったり。
やっぱり良識・知識を持った、外部の監査が必要かも・・・。
【2007/09/17 Mon】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
>いわさきさん
そうそう、出来る奴は割に合わないことが分かりますもんね。
自分の子にも、絶対教師なんかなるなって言ってますし。
だから、教師、医者、警察官、消防士、ここらの職業は、儲けや採算だけじゃなく、高い志が精神的にも報いられることが必要だと思います。

採用試験もねえ、このごろは開示請求したり正当性突っ込んできたりする奴がいるおかげで、単純な一発回答式が多くなったって聞きました。記述式は採点基準があいまいになるから嫌がられるんだって。
「校舎の裏で生徒数名の乱闘を発見、一人は血まみれで倒れて意識なし。さあどうする?」とかね。

>ままぞん@脱Kママさん
業務上の技術は経験でカバーできても、人間性の悪さは結局治りませんから。そういう奴に限って20年やってるとか平気で言うんです。
しかし自分の子供抱いたことないって、それでも親、いや人間か!?

その若い素敵な先生が、素敵なままで年とともにパワーアップできるようにバックアップするのが俺達オッサンの仕事なんですが、足引っ張る中高年もいるからなあ。難儀です。

>握ボン さん
うちの職場にも、仕事できなくてまわりに迷惑かけまくってる奴いますよ。
もちろん一番かわいそうなのは生徒です。この教師、転職組なんで歳だけはくってるんですが、いったいどんな採用試験してるのかと。

全員投票制度、いいですねえ。ついでに管理職信任投票もやりましょう。校長も頼りにならん奴いくらでもいますから。
教育委員会なんかに提出しても意味無いので、ネットで一般公開。怖いぞ~(笑)
また記事にしますけど、組合も管理職について似たようなことやってましたが、これはただの茶番でした。日教組はダメ教員を排除するどころか援護温存してきた前科がありますからね。

>甲さん
なんだか甲さんの話も、いつもなかなかのモノですよねえ。
生徒に人気アンケートとるなんてのは言語道断。それでよく人の道を教える職業についてるなと小1時間。。。

> やっぱり良識・知識を持った、外部の監査が必要かも・・・。

裏教育委員会でもつくりましょうか(笑)
【2007/09/17 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
国も県も財政難ですから、50代、40代をクビにすれば、出費の節約に
なるんですよね。実は指導力不足教員の制度は、一般会社のリストラ
にあたるもの。一般企業の経営戦略にはリストラがあるのに、なぜ公務員にはないんだというやっかみが大きく反映されている。
【2009/04/16 Thu】 URL // nswww #- [ 編集 ]
鹿児島県曽於市の音楽女性教諭は
額面通りに「指導力不足教員」を考えない方がいいです。
鹿児島県曽於市の音楽女性教諭は担当外の国語等の教科を
持たされて、この制度の適用を受け自殺しました。今から
8年程前の事でしょうか。この制度は管理職が故意に気に
いらない教師を追いやる為に利用している悪法だと思います。
やむなく担当外の教科を持って、適用する等は管理職・教委
の無策以外何物でもないでしょう。不慣れな教科を持たせる
なら教委として何か研修を施したのか。管理職は適材適所に
人材を配置したのかという疑問が残ります。
管理職・教委が持っている矛盾の責任を1教師に押し付ける
のが、この制度であると思います。
【2012/09/01 Sat】 URL // 指導力不足教員 #7b0om6/Y [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/118-08a1ebd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。