公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尻すぼみになることは予想はしていたのだが、まさかこういう形で宙に浮くとは思わなかった。

安倍首相辞任:教育再生、宙に浮く? 会議は困惑(毎日新聞 2007年9月13日)
安倍晋三首相のトップダウンで発足した教育再生会議が、首相の辞任表明で宙に浮きそうな雲行きだ。土曜日授業の復活や見送りになった親学の提言など、何かと物議をかもした教育再生会議。12月には最終報告をまとめる予定だ。池田守男座長代理(資生堂相談役)は「新しい指導者に提言する」と、とりまとめに意欲を見せる一方、「しばらくは推移を見守る」と困惑を隠せない。

 「残念でした。とにかく残念でした」

 再生会議の渡辺美樹委員(ワタミ社長)は、安倍首相の辞任に何度も「残念」と繰り返し、「(参院選後も)教育再生への思いがあって首相の座に残られたならば、3次報告まで頑張っていただきたかった」と語った。

 池田座長代理は「(首相辞任は)重大なことであると受け止めている。ただ、委員からは『前途が危うい』というストレートな声はない。そういうことを感じている方は皆無だと思っている」と話す。教育再生担当の山谷えり子首相補佐官も「教育再生が国民の願いであることは変わらない」と会議の存在意義を強調した。

 教育再生を政権の最重要課題に掲げた安倍首相。中央教育審議会(文科相の諮問機関)の渡久山長輝委員(元日本教職員組合書記長)は「小泉政権の時、教育は大事にされていなかった。良くも悪くも、安倍首相の『教育は大事』という姿勢はよかった」と振り返る。

 年末に向けて予算編成の時期に入ることもあり、中教審の田村哲夫委員(渋谷教育学園理事長)は「改正教育基本法など教育再生の枠組みができ、これから中身(予算)を教育再生会議と連携して決めていこうとしていた矢先だったのに……」と今後の教育条件の整備に不安を隠さなかった。


このまま自然消滅しても、実は日本の教育の大勢には影響がない。
この役は以前から中教審がやっているからだ。
先日から次々と報道されているように、実質的な改革案は中教審が出してる。
教育再生会議は、それとは別に安倍首相が作ったものだ。

消滅が決定したわけではないのだが、バックアップを失ったのは事実。

各人のコメントがまるで弔辞のようだ

居酒屋会議と言われていた教育再生会議だが、居酒屋だからこそ意味があったかもしれない。
俺のように現場にいる人間からすると、「一般の人にはこんなふうに見えているのか」と、
ずいぶんと参考にさせてもらった。

素人の居酒屋教育談義だからこそ面白かったのだ

有識者による会議という名目がなかったら、ここまで叩かれずに済んだかもしれない。
いずれにせよ、素人の意見を聞くのはともかく、それに国の教育を左右させるかのような
錯覚を与えたのは、安倍首相の間違いと言わざるを得ないだろう。合掌。

毎回ネタを投下してくれた教育再生会議、中途半端に消滅するとなるとそれはそれで寂しい。
こちらも最後に総括することができなくなる。だけど会議自体にも金かけただろうに…


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
彼は結局トクをしたのか?
委員だったのに途中で降りて、議員になった彼。

見方によっては「みごとに機を見た」とも言えるような気もするんですが・・・
ああ、でも議員となった後のバックアップは失ってしまうわけか。
小泉チルドレンじゃないんですが、まあ、雰囲気的には似たような独特の存在感を受けましたね。なんだか。
【2007/09/17 Mon】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
あ、そうですね。結果的にはチャンスを最大限利用できた形になってる。
沈みかけた泥船から大船に乗り移った先生と、入れ替わりに乗ってしまった先生(-_-;
教育再生会議がどうなるにせよ、最後まで見届けたいと思います。
【2007/09/17 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/119-3ed822d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。