公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みもあとわずか。みんな宿題終わったか?
もう2学期が始まっているところもあるが、最後の追い込みをしている子、がんばれよ。

俺は教師なので、宿題を出す方に回ってからずいぶんになる。
プリントや問題集はともかく、毎年提出される夏休みの作品を見るのは楽しみだ。
技術や家庭科の作品、理科の自由研究、美術の作品。すごい力作があって感動することも多い。

理科離れとか言うが、その割には書店の自由研究コーナーやネットの自由研究サイトはにぎわっている。
天気調べ、アサガオ観察、昆虫採集の時代に比べたらどれだけバリエーションが増えていることか。
俺が小学生の頃は、参考図書は子供の科学くらいしかなかったぞ。
そんな時代に比べたら、理科の自由研究なんか百花繚乱だと思うんだが、それでも理科離れか?

まあとにかく毎年いろんな力作がある。
中には凄すぎてこう言うしかないのも時々ある。

お父さんお母さんご苦労様でしたm(_ _;)m

親が手伝うとかアドバイスとかいう段階を通り越してしまって、
なぜお父さん(お母さん)の名前で出さないんですか?というレベルに達しているのもある。
いっそのこと、製作監督:父、作画:母、写真:姉、使い走り:本人
とかクレジットを明記したら、家族一丸となった取り組みがはっきりしていいんじゃないか。

我が子のための努力を否定するわけじゃない。
俺だって親だからな、こういうのはそれなりに経験したぞ。だから親の気持ちは分かる。
ただあんまり力入りすぎると、誰の作品だか分からなくなってしまうんだな。
それでもって、その作品が賞を取ってしまったりするとけっこう複雑な気持ちになる。

本人がそれなりに出来る奴の場合はまだいい。
でも、普段の作品とあまりにもかけ離れていると、それでいいの?って心配してしまう。
まわりの友達に何か言われないの?ってな。

俺は、こういう家族共同作品にはいちいち突っ込まないことにしている。
「自分でやらずに手伝ってもらってずるいぞぉ~!」
なんて野暮なことも言う気はない。そんなもん見れば分かる。俺達はプロだ。
評価はちゃんとするから心配するな。

今回はなんでそんなに甘いのかって? たまにはいいじゃないか。
家族に手伝ってもらえることがとても幸せなことだからだ。
本人が、後ろめたくも贅沢な環境に気づけばそれでいい。
心して幸せを噛みしめろ。

通知簿に親の努力を評価する欄があったらいいかも。いや、マジで。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト

テーマ:夏休み - ジャンル:学校・教育

お久しぶり?です^^
私のところは夏休み終了していますが、
まだ宿題ができていないという子いますよ^^;
私は最初の1週間で一気にまとめてやってしまうタイプでした(笑)

あー、滅多に見かけませんがありますね。親の作品って。
私が親ならわざと汚く描いてやります(え)

この前テストがありまして、今日、国語と英語が返ってきたんですけど、
両方おめでたいことに満点でした!(喜びの報告)
残り5教科はまだ返ってきてませんけどね。
喜びのあまり先生と握手を交わしてたバカです(笑)
【2006/08/28 Mon】 URL // ちあき #- [ 編集 ]
>ちあきさん
優秀。
でも国語が良くできる、ということは書き込み見てればだいたい見当がつきますね。

>自由研究
あー、中学校でもそういうことを取り組ませる所もあるんだな、と。
私の県では実施例を寡聞にして知りません。図画工作と共に小学校までの課題でした。

これまでの勤務校でも長期休業中の課題と言えば、「ワーク」「プリント」「読書感想文」くらいでしたね。気の利いた学校で総合学習の一環としてテーマを指定して調べもの学習をさせたり、位でしょうか。これが一番近いけど、テーマを絞られているから「不自由研究」ですな。

自由研究って、本当は小学生には荷が重すぎると思うのです。
高校生くらいになってからやらせてみれば面白いものができると思いますけどね。
【2006/08/28 Mon】 URL // 対抗部隊甲 #YK3S2YpI [ 編集 ]
夏休みの宿題
こんにちは。
こちらにお邪魔するのはお初です。体調は全く問題ないものの、不本意ながら自宅療養して、先週末から職場復帰するものの、働く気力がなえている今日この頃です。

さて、私はご指摘の通り、夏休みの宿題の工作や絵画で、「使い走り」をしていた口です。生まれながらのぶきっちょで、まともなものを自力で作成した記憶がありません。
8/25近辺に、落ち込んでいると、母親がどこかに電話をして、あっという間に父親ではない男性が助っ人に現れます。そして、すばらしい油絵のような風景画や鎌倉彫のゴミ箱が完成して、風のように去って行きます。

流石に気後れした私が、「こんなの持って行ったら一発でばれるよ。」と言うと、母親が、「あんた、将来画家(大工/芸術家/工芸作家等)になりたいの?」と聞きます。幼い私が首を横に振ると、「じゃあ、良いじゃない。胸をはって持って行きなさい。」と。

いつもその他(工作以外)の夏休みの宿題は、9/1の始業式に行った後、回りの状況を見て徹夜で仕上げてました。それでも、未提出は無かったかなあ。やっつけ仕事は子供の時から変わっていない・・・。

娘たちは出来たもので、7/31には総ての宿題を終わらせていた妻との中和により、両親の手を煩わせることが無く、自由研究も力作で、そこそこのタイミングで完成させております。長女の去年の自由課題は、私の思いつきのアドバイスで、「クールビズについて」でした。サンプルは私をモデルにしたラフなカッコの写真等・・・。賞をいただいて、私の写真がさらし者に・・・。

この手の話は、色々な思い出が込められて、話題が尽きないかなあ・・・・。
【2006/08/29 Tue】 URL // ゴンザレス #ZekvV3lo [ 編集 ]
>ちあきさん
宿題も7月中に処理。休み明けテスト満点。えらいっ!
これなら毎回コメントもらっても大丈夫だな(^-^)
よく来てくれるのは嬉しいんですが、実は宿題ちらっと心配していたんだぞ(笑)

>対抗部隊甲さん
自由研究の宿題を出すか出さないかで、教師も生徒も親も夏休みの世界観が変わりますね、きっと。
昔自分が生徒だった頃は、本とか資料を見てやるのがちょっと後ろめたい雰囲気があったり、審査をする教師側も「あの本に載ってたネタだ」とかチェックしてみたり。今やそんなことしてたら自由研究そのものが成り立たない。どっちの場合も、なんか間違ってる(笑)

>ゴンザレスさん
いらっしゃいませ。リアルな思い出話ありがとうございます。助っ人男性というのがちょっと気になりますが(^^;、まあ親戚のおじさんでも近所の兄ちゃんでも同じことでしょう。

昔は宿題は絶対やるものでしたからね。今みたいに未提出ですっぽかしても子も親も平気になってしまうと、そこまでしてやる意味がない。
いまどきの親の力作は、あんた途中から楽しんでやっただろ、というオーラが出てます。悲壮感は少ないかも。
【2006/08/30 Wed】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/12-998ddbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。