公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猛暑の8月に続いて、残暑などと言えないような気温で突っ走った9月も終わろうとしている。
運動会シーズンは10月初めまでだが、この暑さがまだ残っているうちに書いておきたい話がある。

ということで、今回は季節ネタの「水筒」。そしてオマケで冷水器。
引用した新聞記事は8月のものだが、まだ賞味期限内だ。

小学校での水分補給 水筒の持参「西高東低」 (2007/08/29 産経新聞)
■O157集団感染で意識に変化
 都道府県内で日常、児童の水筒持参を認めている小学校が8割を超えているのは11府県あり、すべて西日本地域であることが専門家らの研究会による調査で分かった。水筒持参が「西高東低」の理由は平成8年に関西圏で病原性大腸菌O157の集団感染が起きて以降、持参を認める学校が増えたこととみられる。専門家は「『水道水は飲料』との意識を広めないと環境面で問題が多い」としている。(小田博士)

 調査は、水環境の研究者や自治体の水道関係部局、水道機器メーカーなどで作る研究会(座長・長岡裕武蔵工業大教授)が16年10月、全国の小学校1130校を対象に行い617校から回答を得た。
 結果によると、休憩時間などの水分補給先は手洗い場の水道水が48%で最も多く、自宅から持参した水筒が37%で続いた。両方併用が7%あり、ウオータークーラー(冷水器)は4%だった。

 水筒持参校の割合を地域別に見ると大阪、兵庫など近畿圏の11府県で80%を超え、高知、徳島などの6県が60~80%となった。近畿圏、四国や九州北部などで水筒持参率が高く、「水道水派」が主流の東日本と地域差がくっきり表れた。
 一方、水道水に不満を持っているとの回答は33%だったが、不満度が高い地域と水筒持参校が多い地域との関連性はみられなかった。

 同研究会では、大阪府堺市を中心に広がったO157の集団感染が東西間の地域差を生み出したと推測。「西日本の学校で『生水は飲まない。飲料水は家庭から持ってくる』との指導が広まり定着した」とみている。
 日本のように水道水を飲める国は世界でも数少ない。だが、若年層を中心に生活習慣は変化している。
 日本ミネラルウオーター協会によると、ミネラルウオーターの1人あたりの年間消費量(昨年)は18.4リットル。20年前の0.7リットルから25倍以上に増えた。水は「タダ」から「買う」時代になりつつある。

 長岡教授は「水道水を飲まなくなれば、水道水が飲料水であるという意識が忘れ去られる。(ペットボトルなど)ゴミの発生増や、(輸送にかかる)エネルギー消費の増加に跳ね返ってくる懸念がある」と指摘。環境面からも水道水を見直すよう訴えている。
(以下略)

オリジナルのレポートはこちら。
「小学校の水使用」についてのアンケート結果速報 (持続可能な水供給システム研究会)
数表などが続くので、プレゼン用資料の方が見やすいだろう。

最初に言っておくと、記事の小見出しにもなっているO157集団感染による云々、という指摘は、
そこだけクローズアップすれば事実でも、根本的には的外れ。
水道離れ云々というのは、この組織の性格上当然のプロパガンダだから差し引いて考える。

俺が小学生の頃から夏は水筒、これ常識

俺の住んでいる所は内緒だが、関東よりもはるかに暑いことは確かだ。
夏はタッパでお茶を凍らせタオルで巻いて持参。これが当たり前だとずーっと思っていた。

タッパに満タンにお茶を入れて凍らせると、翌朝氷が盛り上がって蓋がはじけてしまう。
少しでも多く冷たいお茶を持っていこうと欲張ると、こういうことになる。
水は凍ると膨張するということを、後悔とともに身をもって学ぶのである。

中身が全部凍っているので、暑いと液体部分はすぐに飲んでしまう。そこで氷を融かすために
タッパを振る。休み時間の終わりには、氷のたてるカラカラいう音が教室のあちこちで響く。
蓋をあけてお茶氷に直接かじりついている奴もいた。これがでかくてなかなかかじりにくい。

俺は中学生の頃、タッパでなくマヨネーズの容器にお茶を凍らせて持っていったことがある。
柔らかいチューブ状なので、握りしめて氷をとかしたり顔に当てたり、いろいろ遊べた。

高校生になると学校で冷たいジュースも買えたので、水筒やタッパ持参はしなくなった。
ペットボトル持参が世に広まったのはこの10年ほど。ジュースや缶コーヒーでなく、
大人が水やお茶を持参して飲む習慣ができたのも、小型ペットボトルのおかげだろう。

水道の水が塩素臭かったりカビ臭かったりで、まずくて飲めないというのも経験したが、
そんなことより単純に、やっぱり夏は暑いからだろう。だから水筒や凍らせたタッパなのだ。

小学生で関東に転校した人と水筒の話をしたことがあるのだが、暑くなってきて水筒を
持って行ったら変な目で見られたそうだ。逆に関西に転校してきた関東人が、自分以外は
全員水筒を持っていて驚いたとか。「毎日遠足みたい」

なかなか面白い現象だ。所変われば云々と言うが、同じ日本でも北海道から沖縄まで、
気候や風土や生活もずいぶんとバリエーションがあるものだ。

さて、ここからが本題。学校の話に入る。

運動会シーズンで暑くて大変だという話でコメントをいただいたのだが、驚いたことに

水筒持参を禁止している学校がある

なんと言うことだ。信じられない。習慣の違いの話じゃない。禁止だぜ、禁止。
水筒を持ってくることで、いったいどんな弊害があるというのだろうか。
水筒が教育のさまたげになるとでも言うのだろうか。
水筒を持参している西日本の学校教育は、すべて崩壊しているのか? 生徒は全員不良か!?

学校というところは、何であれ禁止とされた物を持って来た生徒は極悪非道に認定される。
こっそり水筒を持ってきてトイレで隠れてお茶飲んで、保護者呼び出しか?

お前ら水筒ごときで禁止とか許可とか騒ぐんじゃねえよ

こういう馬鹿げた校則にも、一応それなりの理屈がある。

俺が教師になってからも「水筒は何月何日から持ってきてもよろしい」とか、生徒指導係が
意味不明の権威付けをやっていた時代があった。
最近は他に問題がありすぎて、そんな無用な指導などやっているヒマもない。

ペットボトル持参が禁止されたこともあった。理由は「不衛生だから」。
学校だけでなく、そこらじゅうの会社や役所の会議でペットボトルのせいで集団食中毒か?
よくこんなことが言えたものだ。

よくよく聞いてみると、禁止にはそれなりの理屈があった。

「ペットボトルは洗えないので何日も使うと不潔になる」

そりゃ手を入れて洗うことはできないよ。しかし中にコケやカビが生えるような使い方を
してる生徒はさすがに見たことないぞ(笑) 第一子供はそんなしみったれた使い方しないよ。

「回し飲みをすると感染の危険がある」

おいおい、そりゃペットボトルの話じゃないだろ。水筒でも同じだよ。
最近はいろいろややこしい病気が増えているから、感染に注意することは必要だ。
だったらきちんと「回し飲みは感染の危険あり」と理由を説明して指導すべきだ。

根本を忘れて形だけの指導をするから、こういう似非科学のような摩訶不思議な校則が出来る。

水筒の話に戻す。

水筒を禁止している学校では、保護者にその理由を聞かれると、
「水道の水を飲め」「冷水器がある」等と、答えにならない答弁をして逃げているわけだ。

屁理屈は正当な理由がないことの証拠である

熱中症で犠牲者が出たら水筒許可するか? 校長が辞めたぐらいで責任なんか取れないぜ。

ここで出てくる冷水器の話だが、これはこれで問題ありありなんだな。
長くなったのでパート2として別エントリで書く。

しかし「持続可能な水供給システム研究会」のメンバーって、ひょっとして関東の人間ばっかり?
西日本の人間で同じ調査をしたら、コメントも変わってくるだろうなあ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
はじめまして。いつも拝見しております。

>俺が小学生の頃から夏は水筒、これ常識

僕が小学校の頃にo-157騒動がありまして、それまでは普通に水道水飲んでいたのに、いきなり「水筒を持ってこい」とか言われて、毎朝持っていたのを思い出しました。それ以降は、卒業まではずっと慣習が続いていました。

そしたら、ほとぼりの醒めた数年後に校長が全校集会で「最近の小学生は水筒を持ってくる。贅沢だ」とか言い出して、散々あきれた記憶があります。
なんかこのエントリを見てつい、その当時の怒りが思い出してきたので、つい書き込んでしまいました(笑)。失礼しました。
【2007/09/25 Tue】 URL // Kei #- [ 編集 ]
いらっしゃいませ、Kei さん。o-157騒動の証言者ですね(笑) 

この場合は水筒禁止じゃなくて、逆に水筒強制みたいなものですね。
もちろんそれまでも水筒は持ってきていたでしょうけど、
目的は水道の口飲みを禁止することだったと思いますよ。

しかしその校長、とんでもないですね。
でも検索してみたら、今でも似たようなのがあちこちにいるようですので、
水筒問題パート2でまとめて退治します。
楽しみに待っていてください。
【2007/09/26 Wed】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
はい,その禁止小学校の親ですw
うちの子供たちの学校は,入学から水筒禁止でした.

6月のある日,市内のママ友に「ヨーカドーついてきて」と言われ,
彼女が買った物はこの↓水筒でした.
http://www.rakuten.co.jp/luckyqueen/467476/467484/#787926
「2年生の子どもに買うには高すぎない?もうすぐ遠足なの?」と聞くと,
「何いってんの?夏は学校に毎日持っていくじゃない!学校ママからこれがいいって教えてもらったのよ」と・・・
!!!(  Д ) ゚ ゚

同じ市内の,ママ友の学校では,許可が出てるとはつゆ知らず・・・
_| ̄|○ il||li

しかも冷たいお茶を飲ませたいからと,6000円・・・

私も彼女も同郷福岡,シーサー先生と同じタッパーのお茶を凍らせていた世代です.
しかし,子どもの代になるとこうも違うものかと><
確かにこの水筒は贅沢すぎるかもしれません.
でも・・でも・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
休み時間に列を作って冷水機にありつけるかどうかとは,エライ差ですよね.

先の資料を見せていただきましたが,水道水になんらかの「不安がある」と結果に出ている埼玉ですよ?
息子に聞くと,「冷水機より水道のほうがたくさん飲むよ,でもたまに鉄の味がするんだw」と笑って言います.

不憫に思うのは過保護すぎでしょうか・・・・?

しかも,うちの近所の子達は学校までの道のりが,低学年だと40分以上かかります.
その途中には,子どもたちが「水のみ場」と呼んでいる一軒の「こども110番の家」があるそうです.
みんながみんな飲ませてもらうわけではないにしろ,100人以上がその家の前を通ります.
学校はそのご家庭の負担も考えるべきだと,思うんですが・・・

「県のパイオニアスクール」だの,「モデル校」だのに選ばれているらしいですが,いったいどこら辺がモデルなんでしょうね.親たちにはさっぱり伝わってきません.
学校には「スーパーティーチャー」もいらっしゃいます.

水筒だけで測れることではないですが,せめて体力づくりのあとに冷たいお茶くらいいいんじゃないのかなぁ・・(ノД`)

シーサー先生,パート2も楽しみにしています.
【2007/09/26 Wed】 URL // ままぞん@脱Kママ #yl2HcnkM [ 編集 ]
タッパからスポーツボトルへ
あ、そのタイプのボトル私も最近買いました。もっと安いのしか買えなかったけど(^^; でもメチャ便利です。
おっと、こういう直接口につけるのを禁止してる学校もあるので気をつけなくちゃ(笑)

小学生で炎天下片道40分。その間水分補給も許されないわけですね。
「家でたくさん水を飲ませてから登校させろ」って言われた話、どっかで読みましたが、学校ってなんでこんな残酷なことが平気でできるんだろう。教師にヒトの子の親はいないのか!?

だんだんいろんなネタがたまってきて、パワーアップできそうです。
そこのお母さん! 皆様方のお力をぜひ!ぜひとも私に貸してください。
かわいそうなお子様達のカタキをきっときっと打ちます!
【2007/09/26 Wed】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
是が非でも
どうぞよろしくお願いします <(_ _)>

来年にはお許しをもらえますよう,切に願っています.
【2007/09/26 Wed】 URL // ままぞん@脱Kママ #yl2HcnkM [ 編集 ]
その水筒、うちも奥さんが使ってます。でも、2000円くらいって聞いたぞ…。
横浜では、水筒はもってきている子、見たこと無いです。(いえ、運動会とか校外学習などがある日は持参になっていますが、普段の授業の時は)
所変われば…ですね。
でも、運動会(もしくは校外の活動)で、水筒禁止って…何年前の基準だろうね。
【2007/09/27 Thu】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
>ペットボトル禁止
わはは、私みたいなずぼらな母親が、一週間くらい使いまわしするのを見越しての処置でしょうか?(爆)。
でも現実、それで食中毒起こした、なんて話は聞いたこと、ないような気がしますが・・・・・(私もせいぜい、2,3日程度だぞ)。

中学は、そういえば水筒持って行きませんでしたね>長女
冷水気があるからと言っていましたが、ほかに荷物が多すぎるせいかしら。運動部の子は、事情が違っていたかもしれません。

【2007/09/28 Fri】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
すみません、スレ違いですが・・・・。
映画「バッテリー」のDVDを買いました。
これ、夏に見ておもしろかったので、迷わず購入したんですが。

この中に、天才的な巧というピッチャーが出てきます。
その子がえらく生意気で、でも実力があるので入ってすぐの1年生にもかかわらず、レギュラー入りしてしまうんですね。
収まらないのが上級生で、ある日、リンチされてしまうんです。
それが発覚して、その上級生が、
「野球なんて好きじゃなかったけど、内申あげるためにやっていた。
風紀委員もやって、塾にも行って。我慢して、我慢して。
なのに、何も我慢しないですき放題やるおまえが、赦せない」、みたいなことを言うんです。
ここが、受けているらしい・・・・・・んですが・・・。

長女の中学時代を考えても、ここまで抑圧された子って、いなかったような気がするんですよ。
彼女に昨日見せたら、「そんなの、ただのいいわけだよ」って、あっけなく否定していました。

門の前で生活指導している風景にもビックリしましたが、地方によっては、ああいうのがごく普通、なんでしょうか?
【2007/09/28 Fri】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
> いわさきさん
やっぱり東日本は気候も違うんですね。教室に座っているだけで汗が流れてくるもんなあ。窓側はひさしもないから直射日光当たりまくりだし。

> くーみんさん
水筒、別に無理に持って行くこともないですが、禁止するのはねえ。

内申上げるために部活やって風紀委員もやってって、はっきり言ってそんなことぐらいで関係ありません。一種の都市伝説です。
本気でそう思って虚しい努力してる親子がいるとしたら、お気の毒な話です。

部活で本当に強かったら黙っていてもスカウトの声がかかるし、生徒会くらいやっていると、多少プラスになるかなという程度です。
それにしても、3年間嫌々やって青春を無駄遣いするほどの価値はありません。

でも、そういう都市伝説は根強くあるようなので、いずれ詳しく解説します。
【2007/09/29 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
>シーサーさま
スレ違いにもかかわらず、お返事ありがとうございます。
そうですよね~、
長女は生徒会副会長、部活部長とやっていましたけど、
特にトクしたって気はしません。
態度の悪い子なんかも、内申なんて気にしないで開き直っていたし(苦笑)。それでもできる子はオール5、でしたもん。
観点別評価も、受験に考慮されなくなるようだし。
マスコミだけが、騒いでいるような気がします。

>都市伝説
お待ちしています☆
【2007/09/29 Sat】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
うちも水筒禁止です
シーサー先生、ずいぶん前のエントリーみたいなのですが、あまりにも今のわが子の学校の様子と
重なる部分があり、思わずコメントさせていただきます。
こちらは東北南部ですが、今年の暑さは他地域と変わらないかと思います。
早朝と夕方以降は他より過ごしやすいでしょうが、日中は34~35度と猛暑です。

そんな中、2学期が始まると同時に「暑さがおさまるまでの期間だけでも、水筒が持参できるように
してもらいたい」とごくごく丁重にお願いをしてみましたが、即、却下でした。
理由は全く笑えてしまうのですが、シーサーさんの書かれていたものと同じでした。

不衛生である、家庭によってはそんな手間が掛けられない家庭もある、水道があるんだから水を飲め、保健室には非常時用のスポーツドリンクもある、今のところ酷い症状は出ていない、などというモノ。

どんだけ保護者をバカにしているんだと思い、本当に頭に来ました。

私はこの件を息子の担任への連絡帳に書きましたが、担任からは「学校で検討してみます」と返事が来て、
その夜には「会議で話し合いましたが、水筒持参は禁止ということになりました」と電話がありました。

たぶん、わざわざ電話をしてきたのは、私が本部の副会長という立場にあったからだと思います。
同じようなお願いをしたという他の保護者数名にも聞いてみましたが、一人も電話で連絡をもらった人は
いませんでした。みんな、「お願いはしてみたけど、検討する、といわれたきりなんの返答もなかった」
と。ひどいですよね。

うちの学校は、5月末に運動会がありますが、なぜかこの時期は冬のように寒さが戻るか、真夏のような
天気になるかのどちらかです。そして、真夏のような暑さになったとしても、運動会当日は
「水筒は空っぽで持参」です。
一体、なんなんだ?と思われますよね。
みんなで学校の水道から水道水を入れて、外に持って出るのです。
運動会だし、子供たちの「児童席」には日よけもないし、暑くなりそうだし、と
空っぽの水筒に氷を入れて持たせた保護者の方がいました。
子供だから、氷が入っていれば「僕は氷だけ入れてきたよ」と
水筒をカラカラ振って見せていたんでしょうね。担任がそれに気づき、氷は捨てさせたそうです。
学校の生ぬるい水を飲ませる事が、何か教育上利点があるのでしょうか。

わが子が小2の時のことです。校外学習で、町内を歩き、危険個所や「ひなんの家」を確認して歩くという
行事がありました。3時間分の授業時間を使って行われました。
もちろん、「水筒は空っぽで」持参。みんなで生ぬるい水を入れて出発。
ところが、「水筒の水は勝手に飲んではいけません。飲んでいいと言われた時しか、飲んではいけません」
と強く注意をされていたそうです。
息子は途中で気分が悪くなりました。喉が渇いて、水が飲みたかったけど、まわりの友だちもみんな
「飲んじゃいけないんだよ!」と口をそろえていうので、飲む事が出来ないまま、必死で歩いていたそうです。
(息子は背が高いので一番後ろを歩いていて先生が近くにいたため、隠れて飲むことも出来なかったそうです)
結局、3時間歩いて数回の「水飲みOKタイム」、学校に戻った時、息子はほとんど歩く事が出来ず、
友だちに支えられて教室に戻ったと聞きました。
先生に友だちが「○○くん、気持ち悪いって」と伝えてくれたそうですが、担任はそのまま放っておき
「給食食べられない」と訴えた息子に「歩き疲れたんでしょ。顔でも洗ってらっしゃい。給食残すと
もっと動けないよ」と言い、無理に食べさせたそうです。その結果、嘔吐。
やっと保健室に行く事ができたそうですが、自宅には一度も連絡がありませんでした。

下校も友だちが付き添って帰ってきたんですが、帰宅してから息子にその件を聞き、同じクラスのお友達からも様子を聞き、なぜ連絡をくれないのか、それ以前に、6月末のかなり蒸し暑い日(くもり空でしたが)だったにも関わらず3時間も炎天下を歩くような校外行事を実施した事に腹が立ち、学校に電話をしました。

が、結局は「水を飲む時間は作りました。」「他には具合の悪い子はいませんでした。」「勝手に水を飲ませると一度に全部飲んで足りなくなる子がいるから、自由にはできません」「自分で具合が悪いと言わなかったのでそんなにひどいとは思いませんでした」「熱は測ったけどなかったので、連絡しませんでした」

こんな事を並べ立てて
「もう少しきちんと様子を見ておくべきでした、すみません」と謝罪がありましたが・・・・
息子はその晩熱を出し、小児科にて4時間の点滴。
「熱中症だね、曇っていても湿度が高いと子供は熱中症になるんだよ。十分に塩分と水分を摂らないと脱水になってしまうよ」
と注意されました。

でも、学校管理下での出来事、連絡すらもらえなったのです。どうやって親の私が子供の様子に注意を払うことが出来たでしょうか・・・・

この事があり、私は「空っぽの水筒」と言われた時も完全に無視して
「ポカリスエットの粉末」を入れています。これならカラカラ音が出ることも無く、
温度はぬるいですが、水を入れてさりげなく振れば塩分やミネラルも摂取出来ますし
ぬるい水のまずさが、ポカリの味になることで飲めるようになりますし。
それでも、息子は「先生にばれたら叱られる」とビクビク。可哀そうになりますが、
「具合が悪くなったら困るのもつらいのも自分だよ。もし、何か言われたら、お母さんが勝手に入れました、
って言っていいから。捨てなさいと言われたら、お母さんに電話してくれと言いなさい」
と言ってあります・・・・。

長々スミマセン。

娘が通う中学校では、水筒もペットボトルもOK。中身も、水、お茶、スポーツドリンクまではOKです。
保健だよりと学年だよりで「熱中症予防のために水分補給を!わが校は飲料水持参を許可しています」という
ことが書かれていました。
という事は、市や県での方針ではなく、学校独自の「禁止令」だということがわかりますよね。

まだまだ暑さが続くと今朝の天気予報でも言っていました。
息子には毎朝梅干を食べさせ、イオン飲料を飲ませています。

こんな気候の中、飲み物すら自由に飲ませないなんて、「児童虐待」ですよね・・・・

【2010/09/01 Wed】 URL // shiro #dvUYBDnY [ 編集 ]
現在小学3年の子がいる母です。私は子供に普通に水筒を持たせていましたが、担任から連絡があって、水筒禁止ですと言われました。私は初耳でしたが、1年の頃から禁止だったそうです(-_-;)理由があれば許可しますとの事だったので、道中の水分補給の為と書いたら、道中の水分補給も禁止です。マナー違反ですと言われちゃいました!ハッキリ言ってこの学校に幻滅しました。地方の国立小ですが、水筒OKの地域の公立に転校しようかと思ってしまいます。たかが水筒、されど水筒です。ムカつくので下校の途中で子供と合流してスポーツドリンクを飲ませています。先生方も水道水を飲んでいるなら納得しますが、車通勤してる先生方に、道中の水分補給をマナー違反と言う権利なんか無いと思いますが、どうですか?
【2010/09/07 Tue】 URL // ももんが #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/122-1d04aef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。