公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育再生会議のサイトにあった「過去3ヶ月の教育再生ホットライン・メール投稿状況」を読んでいたら、面白い文章があった。

○ 土曜授業について

・賛成意見 11 件
(例)「小二、五歳児の母です。土曜日授業来年再開してください。 高所得者でもない一般家庭の週休二日は毎回出かけるわけにはいきませんし自宅で学校と同じように学ばせることは難しいですし親は子供が家にいるのでパートにでることもできません。親子ともただぼんやりと一日を終える家庭も少なくないと思います。メリットは何一つありません。私立の子がインド中国韓国の子達が若々しく意欲的に学んでる間に国によって勉強しなくていいと言われているこのおかしな状態をはやくはやくはやく改善してください。子供は新しいことを知ること覚えることが大好きです。」

・反対意見 30 件
(例)「土曜日の授業は絶対反対です。家族で過ごす土日の二日間は家族の交流や安らぎの為に調度良い長さの時間です。我が家では親子でゆっくり、ゆとりを持ってコミュニケーションを取る為にとても意味のある二日間になっています。この二日間がある為に親子関係も希薄にならず、子供の様子もよく感じ取れる気がします。 今日、子供による犯罪や、自殺、いじめなどがある度に親子関係、家庭関係の希薄さや問題を取り上げられていますが、それなのになぜ家族のコミュニケーションの時間を減らしてしまう方向へ進むのでしょうか?学力向上=土曜日の授業に繋げてしまうのは絶対に良い結果へは進まないと思います。」


俺はこれを読んで思わずニヤリとした。
この2つのメールをピックアップして並べた奴のセンスはなかなかのものだ。

こいつは単なる賛成反対の対立意見なんかではない。
この二つのメールは、決してかみ合うことのない二つの層の特徴を、見事に象徴している。

今さら言うまでもない二極分化の典型的なサンプルだ

まず前者の土曜授業賛成派。
このメールは、一見もっと勉強させてくれと要望しているように思えるが、実は親自身は子供に
勉強させる気はない。小2の子供の勉強でさえ家では難しいと投げているし、
それ以前に子供が家にいるとパートの稼ぎが減ると言う。どこかへ連れて行くには金がないし、
一緒に家にいても、親子ともただぼんやりと一日を終えることしかできない。

まるで子供が家にいることが迷惑であるかのような書きぶり。

要するに学校は託児所なのだ

勉強が云々は、それを正当化するための取ってつけた理由にしか過ぎない。

後者の土曜授業反対派。
こちらには勉強のことはほとんど書かれていない。理由は簡単だ。

我が子の学力向上を学校に期待していないからだ

勉強は塾でできるし、元々高度な学習は公立小中学校には無理。
土日が休みなら、1日は塾でたっぷり勉強しても、もう1日は家族で遊ぶこともできる。
低い方に合わせた中途半端な授業の為に家族団欒の貴重な時間を奪うな、ということだ。

土曜授業を要求する者は実は学習は二の次で、本当に学力を重視するものは土曜授業に反対。
なかなかに皮肉な結果だが、現場にいると、どちらも十分にリアルな現実として感じられる。

義務教育の公立学校は、こういう全く次元の異なる要求をまとめて面倒見なければならないのだ。

この2つの間に平均点は存在しない。中を取ってどちらも程々に満足させる答もない。
一億総中流という幻想で夢見ていた時代はとうに終り、圧倒的多数だった中間層は、
減少の一途をたどっている。それを忘れた教育論議など、何の意味もない。
それぞれの層に特化した対応を考えなければ、誰一人満足できない結果となる。
それを忘れていては、何をやっても教師の自己満足に終わってしまうだろう。

民間の発想を取り入れてとか気軽に言ってくれるが、違うニーズが混在しているときはどうする?
誰か教えてくれ。言っとくけど、儲からない部門を切り捨てる訳にはいかないぞ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
ご無沙汰しておりました。一寸書き込みさせてください。

>土曜授業を要求する者は実は学習は二の次で、本当に学力を重視するものは土曜授業に反対。

「なるほど」と思わず膝を打ちたくなるような謎解きですね。
経験に基づく鋭い洞察力、感服しました。

>それぞれの層に特化した対応を考えなければ、誰一人満足できない結果となる。

仰るとおりですね。土曜授業の件であれば、希望者のみ参加という形が現実的かと。
【2007/10/05 Fri】 URL // 虹の #- [ 編集 ]
うう~~~ん、なるほど、納得です。
学校を託児所に考えている人はまだましで、土曜日に昼食の用意もしないまま、親が子供をほったらかし手仕事に出かけてしまい、困り果てた子供が近所の友人の家に押しかけた、なんて話も聞きました(論外ですね^^;)。

「学力は上と下に完全分離されて、中間層がいない」とは、小学校から中学まで、よく聞かされました。私立にいったのかと思いましたけど、私立も学力格差が激しいようで、どこにいっちゃったんでしょうね>中間層
もはや、絶滅状態なのでしょうか?@@
【2007/10/05 Fri】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
レンレス失礼します。
長女はマイペース型ので塾を嫌い、中学当時は3年になるまで自宅学習でした。
学校での勉強だけきちんとやっていましたが、数学や英語では、かなりレベルの高い問題も出たそうです。
出来ない子には補習。

この学年は、学力的にかなり高い子が多く、並みの公立中学とは思えないくらい、高校受験はかなり成績が良かったです。
(筑駒、海城、巣鴨、立教、慶応、西、日比谷、戸山、都立駒場・・・・・)
その学年のカラーにもよるんでしょうね。
もちろん、どうしようもない落ちこぼれもいましたけど(苦笑)。
3年になるころには、みんな受験体制にきちんと入れていました。
【2007/10/05 Fri】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
>虹のさん
そうなんです、謎解きになっちゃってるんですよ。
単に学力低下とか荒廃とかで一刀両断に出来ないようなややこしさです。

とりあえず二極分化で説明できることが多くなってきているので、
今は常にそれを前提にして書いています。
もっと別の解き方があるかもしれませんが、しばらくはこの路線で。

希望者のみ土曜参加、いいですね。
いっそ公立の土曜塾を作っちゃえばいいんですよ。スタッフも教師と別で。
ただし託児所も併設しておかないと、勉強する気のない奴が邪魔になる。
託児所というか中学生向けの児童館、屈強なガードマン付ね。
職業訓練講習とかもいいかもしれない。退職したプロの職人さんとかで。

たとえ公立でも、いや、公立だからこそ、全員同じメニューの教育なんて
根本的に考え直さないといけない時期だと思います。

>くーみん さん
だいたい土曜を上手に使ってる家庭は、文句なんか言いません。
そうやって子供を放置したりムチャをする家が、手に負えなくなって最後は学校任せに。
だからといって学校を信用していないので、ダメなことがあると全部教師の責任にする・・・(-_-;

公立の小中学校は、まず地域によってはっきりと違いがあります。
学校選択とかバウチャーとか言ってますが、そんなもの、地域差を無視して同じスタートラインに立てるわけないんですよ。
学校を選びたかったら、まず住む地域を選ぶ。これが子供のために親がすべきことです。

高校は、同じ都市部でも、公立優位のところと私学優位のところと、地域差がありますからねえ。
それによって公立小中学校の存在意義も変わってきます。
これが地方になると、またぜんぜん事情が違うし、本当にややこしいです。
【2007/10/06 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
なるほど、「本当に勉強したいものは学校に期待しない」って、いうので…土曜日から切り込むとは予想していませんでした。
僕も、予備校に通うようになってからはじめて「学校ではコレが教えたかったのかぁ」と知ったクチですから、本気で!っていうのなら学校以外で…と思うでしょうね。土曜日に授業して授業数を単純に増やしても、学力向上にどれだけ?って…。
うちは…休みでもいいけどなぁ…まだ小学生だし。ただ、DS三昧を何とか対策立てなきゃ…と言う意味では、学校があると便利だなぁ。これほど単純にDSを規制できる手段は無いですからね。親が努力すればいいのですけど…。
【2007/10/06 Sat】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
ははは、
実は長女が行った中学は私の母校で、地域では「O中だけには行きたくない」ってくらい、嫌われている学校だったんです。
古い地区なので、親が大雑把な人が多く、少し教育熱心な人は、近くに出来た大きなニュータウンの中の中学に行かせたがります。

でも長女に言わせれば、「公立なんて、どこも一緒だよ」、と。

学力の高い年度があれば、次の年は急降下。
「いい」といううわさを信じて行かせて見れば、みんな押し寄せるものだから、結果、レベルは落ちる。「荒れている」といわれているほうが、よくなっていたりして。

だから公立は面白いんです。
【2007/10/06 Sat】 URL // くーみん #- [ 編集 ]
>いわさきさん
DSですか。朝から店の前に並びに行ったなあ(笑)
ゲームはファミコン時代からずいぶんやりましたが、最近は時間もなくて。

ゲームや携帯って、趣味を見つけられない子にとっては、最高の救世主なんですよ。娯楽界のジャンクフード。
特に携帯ゲーム機は、コミュニケーションの苦手な子にも便利なアイテムです。
Wiiなんか、そのバランス取るために家族で遊べってCMやってるでしょ?
他にいろいろ遊ぶことがあって、その中のひとつがゲームならいいと思いますが、
他に何も遊ばないというと、なんだかなあですね。

趣味ってけっこうエネルギー使いますからね。ヲタクなんてパワーありますよ(笑)
小さいうちの趣味は多分に家庭環境の影響大ですから、手助けしてあげるといいと思いますよ。

>くーみんさん
「公立なんて、どこも一緒だよ」、そういえる子は、どこへ行ってもやっていけます。

で、おっしゃるとおり、年によってばらつきが激しいのも、公立の特徴です。
伝統とか長期的な計画も一貫性もありませんし。
勉強はあまり期待できないですが、時として行事がとんでもない大当たりになるのも公立の特徴ですね。凄いときは涙出るし(^-^)
【2007/10/06 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/05/07 Sun】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/127-44fb0bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。