公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信じられんことだが、ついに国が自らいじめの原因をつくりだそうとしている。

メタボリックシンドローム:子供にも基準 「いじめ助長」疑問の声も--厚労省研究班 (毎日新聞 2007年10月28日)
 厚生労働省の研究班(主任研究者、大関武彦・浜松医科大教授)が、小児(6~15歳)のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断基準をまとめた。今後、日本肥満学会や日本小児科学会などとすり合わせ、関係学会合同基準とする方針。基準を守ることの重要性を広く呼びかける予定だが、専門家の中からは「子どもに基準が必要なのか」と疑問視する声も出ている。

 研究班によると、成人と同様、腹囲が基準に該当し、基準値以上の検査値が二つあると、同症候群と診断する。腹囲は、成長期であることを考慮し、中学生80センチ以上、小学生75センチ以上、もしくは「腹囲(センチ)÷身長(センチ)」が0・5以上とした。

 大関教授は「子どものころには具体的な症状は出ないが、基準に合致する子どもの血管では動脈硬化が始まっている」と説明する。

 これに対し、大櫛陽一・東海大教授(医療統計学)は「成長過程にある子どもを診断するのに、固定した値を設定すること自体、医学的に問題がある。安易に基準が広まれば、子どもの差別、いじめを招きかねない」と批判する。


これはさすがに解説不要だろう。もうあいた口がふさがらない。

だいたい大人の基準でさえ、身長を無視して85センチ以上と言っていた時点でトンデモだが、
今度は小中学生にまで同じことをやってくれた。
医学的に問題も何も、誰が考えたって普通におかしいじゃないか(笑)

だいたい中学生なんて、特に男子は一番の成長期にあたるんだぞ。下は130センチくらいから
上は180まで、つまり小学生サイズから大人並までなんでもありが中学生なのだ。
体重だって、2倍くらいの開きは普通にある。
そんな基本的なことも、この医者達は知らんのか? 

こんな連中に医者の資格はない

医者も医者なら役人も役人だ。厚生労働省って、健康に関するお役所仕事はしていても、
国民の健康のことなんか誰も真剣に考えていないのがこのニュースでもよく分かる。

昔、太った人間をバカにする言葉で「百貫デブ」というのがあった。一貫は3.75キロ。
ご親切にも、これに変わる新しい差別語を作ってくれるらしい。しかも教育の場で。

「うわーメタ坊が来た!」「メタボ認定のくせにうぜーんだよ」

まあ身体検査でウエストは測らないんだが、・・・ん? 

まさかこれから学校でウエスト測れって言うのか!?

そんなもんさあ、わざわざダメ押ししなくたって、太ってる奴はもう見たら分かるじゃないか。
学校で身長と体重で肥満度計算して、太りすぎの子にはちゃんと通知してるじゃないか。
それに加えて国の予算で作ったパンフレットを一部渡してやれば、それで済むじゃないか。
そしてある程度以上の子は、耳鼻科や眼科検診と同じように、病院で診てもらう。
医療機関側で、子どものメタボリック症候群にきちんと対処する体制を国が整備しておけばいい。

なのに、まず基準を公表して、メタボ認定攻撃か? 
「お宅のお子さんはメタボリック症候群です」ってプリント渡すのか? 

「あっ、シーサー君がもらったプリント、メタボ表彰状だ」
「おまえバカか。表彰状じゃなくて認定証だよ。あれもらったらもう人生おしまいだよ」
「女子なんか、もう死んだ方がマシって言ってたぞ」
「うわーメタボ野郎来た来た。こら、触るな! メタボがうつる!」

それも身長無視のウエストだけでメタボリック症候群決定か?
もうそっとしておいてやれよ。
そのうち「うちの子は身体測定受けさせません」って話になってしまうぞ。
だいたい今でも、体重が他の子に見えないように気をつかっているというのに。
それともなにか? 

メタボいじめの責任は国が取ってくれるのか?

太りすぎの危険性を啓蒙するのはおおいに結構。知識を広めるのも大切だ。

しかし、それと子どもの気持ちを考えない無神経な認定をするのとは全く意味が違う。
まして中学生とか小学生とか、とんでもない大雑把なくくりで、身長無視のウエストで。

おーい舛添さ~ん、なんとかしてよ、これ。

そもそも大人の85センチのときに誰も言ってやる者はいなかったのか?
だから調子に乗ってこんなことをやるんだよなあ。学校現場はいい迷惑だぞ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/133-38b01298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。