公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校に制服がある限り、いつの時代もそれを変形したり着崩したりすることによって自己主張しようとする者は出てくる。別に思想上の理由などなく、自己顕示の一表現手法に過ぎない。

最近では自己顕示という積極的な意思すらなく、単なる自己流のファッションだったりする。

制服にファッション的な要素があるとすれば、それはデザインされた時点で完結している。
私学に見られるような、有名デザイナーのかわいい制服で入学者を増やすといった例だ。

制服は所定の着こなしを前提としている。着こなしによる個性の発揮は期待されていない。
外見上の個性を消し、見た目を統一することによって、組織の存在を強調するのが制服だからだ。
つまりふつうにきっちり着てこそ制服の意味がある。
社会に出てから、制服を着なければならない職場はいくらでもある。
制服はなくても、スーツの着こなしひとつで仕事が失敗することもある。
学校で、決められた制服をきちんと着るということは、それを学ぶ意味もあるのだ。

シャツを出すとか腰パンとか袖を長く引きずる等という行為は、しつけの出来ていない
幼児のように服をまともに着用できていないだけのことだ。

制服の着崩しなんかファッションではない

だいたい自分のファッションを表現するのに、学校から与えられた制服を素材にしているのが
なんともしみったれている。
制服を否定するどころか依存して、あくまでバリエーションの範囲を越えないのが面白い。

教師に与えられた範囲でしか遊べないコドモなんだな

制服着用に反対して私服を着てきた例がないわけではないのだが、それはごく少数派。
たいていは、ごく手軽な変形を楽しむ程度に収まっている。
スカートの丈を長くしたり短くしたり、ズボンの幅を細くしたり太くしたり、歴史は繰り返す。

男子の場合、気合の入っていたのが長ラン(丈の長い詰襟)やボンタン(太いズボン)だろう。
応援団あたりにルーツがあると思われるが、ツッパリという言葉と共に時代を表す服装だった。
これらの服は、変形というか、学校指定の制服を改造してなんとかなるレベルのものではない。
学生服屋で大枚はたいて買ってくるわけだ。丈が長いだけでなく、明らかに苦しいとしか
思えないハイカラーだったり、特注で裏地に豪華な刺繍を入れたり、かなりの覚悟と金がないと、
こういう格好はできない。男子のリーゼントという髪型も、それなりに手間のかかるものだ。

こういった、金もエネルギーも必要な変形制服は、別の意味でファッションと呼んでもいい。
明らかにドレスアップの範疇だからだ。校内だけでなく校外でも戦闘力を誇示する衣装として
その威力を発揮する。仮面ライダーが変身してパワーアップしているのと同じだ。
「決める」とか「ツッパリ」という言葉(死語だな)がそのエネルギーを象徴している。
どんな形であれ、自分なりのやり方で自分を良く見せる努力を惜しまない行為だ。

腰パンに代表される制服の着崩し、つまりドレスダウンは、実はファッションではない。
低燃費・省エネルギーの脱力系、脱皮しかけたザリガニのような脆弱なものだ。
しかも中途半端に脱皮しかけたままなので、次の甲殻も固まってこない。成長もしない。
口当たりが良く力も覚悟も要らない、ぬるま湯のゆとり環境。変身しようとする気力もない。
服飾という言葉は、服で飾ると書く。自分を飾ろうともしない者には縁のない言葉だ。

こんなものはファッションの名を語ったごまかしに過ぎない。

ヒップホップ系ファッションにしろ、元はスラムの下層貧民から生まれたもので、まさしく
下流そのものだ。それを取り入れ金をかけてアレンジしているものはファッションと呼べるが、
なんとなくその雰囲気だけを真似して、金も手間もかけないのは、単なる寝間着と変わらない。
寝巻きや部屋着のまま外出し学校へ行くのと、本質的には変わらない。
それはまさしく下流志向、二極分化時代の、経済的にも精神的にもドレスアップできない者の為に用意された、似非ファッション、ジャンクファッションだ。

きちんと着れなくてもいい。君達下流はそれで十分だよ

というメッセージなのだ。
そのけだるく甘い誘いに乗ったものは、下流へのだらだら坂を滑り落ちていくだけだ。
二極分化の滝壺にいつまでもよどんで泡立つのが精一杯。
もうどこへも行けない。何も目指さない。
ただケータイという名の阿片を握りしめて、コミュニケーションの幻影を吸って快楽を求め、
そして何もしない。

下流志向似非ファッションのおかげで助かる子供もいる。本当にまともに服を着る能力がない、
以前なら「だらしない」「親はいないのか」の一言で片付けられていた小汚いハナタレ小僧だ。
昔はこういう子供は、いじめられ肩身の狭い思いをしていたが、ありがたいことに今は違う。
まわりに自分のレベルまで落ちて来ている奴がたくさんいるから、目立たないのだ。

世の中、いつのまにか下流に落ちていることに

気づかないように仕組まれているのだ

ただのわがままを個性と呼んでみたり、自分を確立できないならオンリーワンでいいとか、
社会の仕組みに適応できない者に自分探しという幻想を与えてみたりするのが、その一例。

腰パンの似非ファッションもそのひとつだ。

勘違いしてそっちにはまっている奴、いい加減に気づけよ。今なら間に合うかも知れんぞ。

今回はデータ無しの妄想。たまにはこういうのも書かせてくれ。
いや、昔は良かったという話ではなくて(笑)


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
こちらでははじめまして、ゆどうふと申します。
腰パン、私が勤務している高校でも多いです。
saggy pantsっていって、あれは「俺はムショ帰りだぜ」って言う意味なんですが、どいつもこいつもただ知らずにやってます( ^ω^)
【2007/11/16 Fri】 URL // yudouhu #- [ 編集 ]
いらっしゃいませ>ゆどうふさん。ブログは拝見してますよ。

ムショ帰り、ベルトなんか渡したら何するかわからんってやつですね。
どうせなら頭でも剃り上げてスキンヘッドにしときゃいいのに。

腰パンシャツ出しが一定数以上増えたら制服廃止!とか言うと、
きっとそれは困るとかいい出しますよ。着る物考えるのがめんどくさいし、
何日も同じ服着てるのがバレバレだから(笑)

新設校で最初に私服だったことがあるんですが、
そのまま私服でもいいかって提案したら、
保護者から反対にあって制服になりました。しょせんそんなもんです。
【2007/11/16 Fri】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
制服だの社会の見出し並みの正装だのは 古くはイギリスの貴族層が下層をステイタスで見下す為につくられたのがルーツ

それが日本では「服装の乱れは心の乱れ 社会のモラル」とぬかし片や「差別はいけません」とぬかし教育する
(苦笑)

服装による道徳教育するならイギリスみたく社会的階級教育もするべきですなぁ(苦笑)

服装の乱れ論は所詮ステイタスの虚栄心からきてるのがルーツ

「スーツをきっちり着こなすのが上流階級だ」と教師が公的に言えるかな?(笑)
所詮人間のする事は矛盾だらけ

服装の乱れで道徳論を持ち出す輩の本性は世の中社会的地位で階級差別があるんだよと言ってるようなもの
ジェントルマンを育てるイギリスパブリックスクールには貴族階級のご子息しかいりませんからカジュアルな服装嗜好の下流ご子息はご遠慮お願い致しますですからなぁ
【2008/11/26 Wed】 URL // 十六茶 #- [ 編集 ]
服装の乱れは心の乱れ!社会じゃあ通用しない!

ごもっとも


世の中は金が全てで金が絡むから厳しい訳で金の為にオンリーワンじゃなく常に誰かを蹴落とさないといけない

故に相手に建前だけでも大人しく見せなければならないから服装の乱れ論を持ち出すのです

金より心重視!誰でも身分関係なく分け隔てない人に限り服装をさほど気にせずにラフな格好も許容するのです

弱い犬ほど吠える服装はきちんとラフな格好はいけませんと正論をかます事で自らの虚栄心を逆手にとり道徳論にすり替えるのです
【2008/11/26 Wed】 URL // 十六茶 #- [ 編集 ]
自分探し?良くないことですなあ

自分が自分を知る身の丈を把握してしまうと世の中嘘がまかり通りらくなるから!
社会は偽装だらけ 嘘を明るみにされない事で上手くなりたってる

自分を知る事は物事を客観的本質を知ろうとする力を養う事
これじゃあ社会には都合が悪いですから

自分を知り相手を知るは社会では都合が悪いのです

慇懃無礼逆説的皮肉連投スミマセン
【2008/11/26 Wed】 URL // 十六茶 #- [ 編集 ]
慇懃無礼スミマセン

昔のエピソード あるイギリスのカトリック教会で聖なる場所では誰に対しても博愛で分け隔てないが売りの教会だった


そこには正装したジェントルマンのたまり場になりつつあった

ある礼拝の時にホームレス風の男性やラフな格好をした労働者風の男たちが礼拝にきた時に神父は「神様の前で無礼だ ここはスーツで正装したジェントルマンのみ礼拝が許される」と追いかえした

その後 神父は紆余曲折して「神様の前に身なりではなく信じる心が大切だったのでは」と悔い改めた

ジェントルマンの正装が今で言うきちんとしたスーツや制服の着こなしなんだよね

階級差別が残る十九世紀イギリスでの話し そこから原点を発してるのがきちんとした身なりの日本のスーツや制服

きちんとした服装の恥の文化の根底には嫌らしい階級差別が原点にあったみたいな皮肉な例

恥の文化を重んじると社会の隠蔽は増えるとも感じるのだが

表面的な体裁としての恥を重んじるか?人の命を重んじる罪を重んじるか?

きちんとした身なり云々は恥の文化であり 人の心や命重視は罪の文化
企業の恥を重んじるばかりに偽装食品を隠蔽するような社会は嫌だね

表面的体裁や表面的好印象で果たして社会は良くなるのか?

学校は恥の文化より罪の文化を重んじる教育をすべきでは

服装の良し悪しなんて程度の問題
【2008/11/26 Wed】 URL // 十六茶 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/136-b576897c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。