公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国学力テストの結果が発表されてから1か月たったが、その後この件に関する報道はほとんど見かけない。分析といっても分かりにくく、なかなか記事にならないからだろう。
読者の皆様のご子息が通う小中学校ではどうだろうか。個人票が返ってくるのは当然だが、
本校の結果は云々という発表や分析のプリント配布があっただろうか。

というか、

もうみんなすっかり忘れてるのでは?(笑)

各学校で分析をしていようが放置していようが、別にそんなもの興味ないというのが
本音ではなかろうか。そんなの関係ねぇ状態だ。巨額の費用を投じて実施した側にすれば、
どうでもいいではすまないが、なにしろ初回だし、来年度以降も続いていくわけだから、
今後は分析も進んでいくのだろう。

ところで生徒たちからは「あんな問題、簡単だったよ」という声をよく聞いた。
そこで、どれくらい簡単で、どれくらい良く出来ていたのかを分析してみることにする。

テストの出来具合を見るのに、俺は度数分布表を良く使う。
偏差値は個人の成績を見るには良いが、全体の傾向は見えない。
最近は平均点もあてにならない。正規分布でなく、二極分化の度数分布になっているからだ。
このあたりのことを、グラフを使って解説してみる。

正規分布と二極分化 まず、グラフ1。横が点数、縦が人数を表す。正規分布というのはこんな感じになる。
中間層が多く両極端にいくほど少なくなるという釣鐘型で、山の頂点が平均点になるのが理想。
実際のテストの場合、いつも平均点が50点とは限らず、問題の難易度によって山が左右に動く。実力テストがこんな感じの度数分布になる。

簡単な問題のテストだった場合はグラフ2のようになる。最近は教科書も薄くなっているので、
定期テストの問題もあまり複雑なものは出さない。それに成績も、定期テストだけではなく、
小テストや日頃の授業で評価する割合が多くなっているので、別にこれでもかまわない。
むしろ勉強をしたという満足感達成感を生徒みんなに味わってもらうためには、点が取れるテストの方が好ましいわけだ。まさしくゆとり教育スタンダードである。

逆に、難しすぎる問題だと、山は左(下)の方へ動いていく。
こういうずれを正規分布に換算すると、自分はどれくらいの位置にいるかを示すのが、テストで
使われている偏差値だ。

最近では、グラフ3のように、ふたこぶ型グラフとなり、二極分化を示すことが多い。
特に定期テストだと、範囲も決まっているので、やる子はきっちり勉強してくる。
塾でもテスト対策の勉強をやってくれている。そして問題は簡単。
その気で勉強している子は、当たり前のようにいい点を取れる。

反対に、勉強する気のない者は塾も行かず最初から投げているので、下のコブとなる。
平均点あたりをとっている人数が少ないので、平均点だから真ん中あたりとは限らない。
下のコブが足を引っ張るので、平均点の価値は低くなり、平均点を取っていても順位は
真ん中よりも余裕で下という現象が起こる。だから、平均点にこだわっても意味がないのだ。
また、これは正規分布が上下にシフトした形ではないので、偏差値も意味を失ってくる。

今回の全国学力テストでは、「簡単だった」という声を裏付けるように、グラフ2のような、
山が上に寄った分布が多い。たとえばグラフ4は、中学校国語Aの国・公・私立の正答数分布。
少々見づらいがグラフの形だけを見てもらえばよい。今回使用したデータとオリジナルはこちら。

平成19年度全国学力・学習状況調査 調査結果資料 (国立教育政策研究所)

発表されているグラフを見ると、二極分化の典型的なふたこぶ型グラフは見られない。
国語A、B、数学A、発表されているグラフを見ると、どれも簡単テストのパターンだ。
数学の応用にあたるBでも、簡単パターンとまではいかないが、正規分布ではなく右上がり。
これもグラフをはりつけておくので、形だけみていただきたい。

中学校数学B 正答率ところで、公表されているグラフを見て、俺はなんだか違和感を覚えた。

グラフにやたら余白が多いのである

不審に思った俺は、数値を拾ってグラフを書き直してみた。それが下の色付のグラフ。
縦軸の範囲を狭めてy軸方向を強調し、余白を減らしてみた。

オリジナルでは分からなかったのだが、途中にわずかなコブのような部分が見えてきた。
これは何だ? この程度で二極分化とは言いにくいが、なんだか気になる。

中学校数学B 公立・国立・私学の比較そこで今度は、公立・国立・私立の区別が分かるようにして、数学Bのグラフを描いてみた。
このグラフが今回の記事のメインなので、よーく見ていただきたい。
いかがだろうか。

上の方の正答率の高い部分は、私立と国立が占めている。
青と緑のグラフだけ見ると、明らかに簡単テストのパターンだ。
それに対して、頭打ちで下までダラダラ伸びている黄色いグラフは公立中学校。
黄色だけ見ると、二極分化の傾向が出ているのがお分かりだろうか。
少なくとも正規分布ではない。

わかっていたことだが、公立と私立の差はこれだけあるのだ。

そして、

下のコブもどきの正体は公立だったのだ

私学の参加率は6割だし、おそらく自信のある学校しか参加していないだろうから(笑)、
すべてを言い切ることは出来ない。しかし少なくとも公立は、ほぼ全校が参加しているし、
成績上位では、圧倒的に私学に負けているのは事実だ。

これを見て公立も私学に追いつけとか馬鹿なことを言う教師は、さっさと私学に行けばよろしい。
公立学校は競争原理で成り立つものではないし、私学とは根本から成り立ちが違う。
それは、以前の記事でも述べた。県別の成績に、家庭環境や経済状況が大きく影響している。

公教育がこれではダメだ、と嘆くのは誰だろうか。

まず、金をかけすに子供にそれなりに高いレベルの教育を受けさせたい親。
それから、公立だけでトップから底まですべてカバーできると勘違いしている自惚れ教師。
そして、国は公教育にお金をかけていると国民に思わせておきたい政治家、役人たち。

いいじゃないか、公立がレベル低くても。というか、そっちに合わせてきたんだから当然だろ。
え、こんなことじゃ国が傾く? 大丈夫だってば、そんな心配しなくても。

公立がダメでも上の私学がレベル保ってるだろ

もうね、無駄な金はかける気ないんだよ、国は。コスト重視。だから今回の結果発表だって、
差がついていることが分かりにくいように、妙なグラフでごまかしているとしか思えない。
こんな統計の初歩の細工したって、読める者には無意味なんだけどなあ。

あわてる必要もないというか、もう新聞記事も出ないようなので、こんな感じでぼちぼちと分析していく。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
おひさしぶりです
ゆとり教育によるシラバス3割削減の頃より
国は自分の子どもの教育は親に任せると
そのような傾向に傾いているのだと思います。
もちろん公に言うことなどありませんが
自己責任というやつでしょう。

教育者は子どもに迎合することなく
必要なベースを授業の中で身につけさせるように
心がける必要があるでしょう。
特に底辺層が多い公立であればなおさらです。
【2007/11/25 Sun】 URL // ダイ #QnynE5qE [ 編集 ]
はっきり出ましたね
当然というか,がっくりというか。
最近英語のような教科では,度数分布に山ができません。
90点から20点まで,横ばいできます。
エアーズロック型というのだそうです。みたところ,この公立の山も
稜線がなだらかで,そんな傾向がありますね。
ふたこぶの山がそれぞれ下に崩れた状態なのだそうです。
ハッキリ言って,お話になりません・・・・。
【2007/11/26 Mon】 URL // すずめ@おばちゃん教師 #YQUfCfM6 [ 編集 ]
>ダイさん
本当にそうですね。ゆとり教育は、お題目だけ聞こえは良くても、実質は、公衆教育はこんなもんでよろしい、というのが見え見えでした。

教師の側まで勘違いして、身も心もそれに洗脳されている奴もいて、サービス業だとか授業は楽しくなくちゃだとか、すっかりお子様に迎合する始末。知的興奮と娯楽とを履き違えて、一部では、ジャンクフードならぬ完全なジャンク学習を邁進させております。そんな口当たりのいいモノばっかりで、まともなアタマは出来るわけ無いって(笑)

>すずめさん
エアーズロック型は、ふたこぶの山がそれぞれ下に崩れた状態・・・うう、もう完全に終わってますね(@_@;
ゆとりでたっぷり甘く発酵させられたつもりになって、気がついたら腐って流れ落ちていくばかり。
かくしてケータイを握り締めてへたりこみ、何もしないゾンビが大量生産される。いったいどうなるのやら。。。
【2007/11/26 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
つけたし
読み直して改めて思うところがありつけたしです。

>むしろ勉強をしたという満足感達成感を生徒みんなに味わってもらうためには、点が取れるテストの方が好ましいわけだ。まさしくゆとり教育スタンダードである。

成功体験で、どんどん生徒は自主的に学習するってわけですね。
できて自信、わかって前向き!!……ですかね。
そんな甘い考えを持つ指導者には疑問が残りますねぇ。
自信云々言う前に、まずは基礎基本を抑える指導を
先生は目指すべきだと思います。
公立に通う生徒の質を考えればそれが自然でしょう。


>私学の参加率は6割だし、おそらく自信のある学校しか参加していないだろうから(笑)、すべてを言い切ることは出来ない。

これはなかなか、そうとは言い切れないと思いますよ。
なぜならば上位の学校ってのは
自分のところをカリキュラムを消化するだけで精一杯だと思うし
そんなの相手する時間があったら
少しでも教科内容の指導をしたいと考えるように思います。

学力テストを受験した私立校って
公表されてたりするものですか?
本当に上位の学校が受けていたのかな?と。

これは自分の中で「??」が点滅したので
少し気になりました。


グラフ作成までしてくれて、お疲れ様です。
面白い記事でした。
【2007/11/27 Tue】 URL // ダイ #- [ 編集 ]
私学ですが、老舗の進学トップ校は、こんなテストなんかハナからお呼びでないし、時間の無駄にしかならないでしょうから、私が経営者なら受けさせません(笑)

進学コースとか作って、私学生き残り戦の中で最近のびてきた中堅どころが、ちょっと小手調べに受けてみたというところだと思うんですが、いかがでしょうか。自信のあるところというのは、そういう意味です。どの学校が受けたかは、公表されてないと思いますよ。
【2007/11/27 Tue】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
磨かれずこぼれてゆく原石たち
なるほど、中堅校のことを意味していましたか。
納得です。


しかし、わかっていたことではありますが
公立と私立の差はこれだけあるのですね。

もちろん中学受験の学習を積んだ私立の中学生の出来が良いのは
当たり前すぎるほど当たり前ではあるのですが
私立と公立でここまでテストの出来が二極化すると
いかに公立の子の学習量がお粗末であるかを実証しているようで
あまりに磨かれていない珠の多く存在することに驚きます。

磨いていない結果これということは
裏を返せば磨き甲斐があるのだから
しっかり磨いて欲しいと思わずにはおれません。


これは子供の責任というよりも
これだけのたくさんの磨けていない生徒を大量生産してしまった
大人たちの責任と思います。
指導者、親も含めた子どもに関係する大人全部です。
【2007/11/28 Wed】 URL // ダイ #QnynE5qE [ 編集 ]
もうやだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いい加減にしろや東京人、、、今すぐゆとり教育をやめさせろ・・・・

私学があるからOKなんでクソ意見は東京と大阪だけでやってくれ
名古屋は公立がダメんなると全滅してしまうんですよ、もういい加減にSITEKUREYO!!!!

大学教育でも
財務省が地方国立大学の予算を減額させつぶすといってるし
文科省がいや大学は大切だ、私学の予算を増やしてくれいってるし
折衷案で東京の私学だけ助かりそうですね、、そりゃ東京産は茨城や千葉、横浜大学がつぶれても痛くもかゆくもないでしょうよ

もうむかつく、なんだこの制度は
【2008/08/31 Sun】 URL // L #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/01/16 Sat】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/138-8b0caca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。