公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教師が答案や成績、名簿などの生徒個人情報を持ち出して紛失する話は、以前にも"仕事を持ち帰る教師はダメ教師か?"で書いた。
不注意による紛失や盗難など、そもそもの原因は、個人情報を持って帰らないと仕事が終わらない勤務状況にあり、それを解決しない限りこの手の事件はいつまでたってもなくならない。
これに対して、教師個人の責任に転嫁することで根本的解決策は先送りするのが、行政の取る常套手段だ。

そして今回、責任転嫁がさらに強化された。

都教委「個人情報含むメールも会話も禁止」新基準作成へ(2007.11.25 産経新聞)
 児童や生徒のテスト結果など個人情報を教員が学校外に持ち出し、紛失するケースが相次いでいることから、東京都教育委員会が個人情報の扱いを詳細に定めた独自のガイドラインづくりに乗り出したことが25日、分かった。新たな管理基準は、教員に個人情報を含むメールの送信を禁じるほか、学校外で児童・生徒の情報を話題にした会話も禁止するなど厳格化した点が特徴という。違反した場合、厳しく処分する方針で検討している。

 都内の公立学校で今年4~10月、児童・生徒や卒業生の個人情報を紛失するミスが5件も発生。いずれも個人情報が入ったメモリーやパソコンを入れたかばんを電車内や飲食店などに置き忘れる不注意が原因だった。

 都教委は、これまで断続的に注意喚起や再発防止を指示してきたが、ミスが絶えない原因を「個人情報保護に対する教員の意識が必ずしも高くない」と分析し、個人情報管理の厳格化が必要と判断した。

 新たな管理基準には、

(1)個人情報の入った電子メールの送信禁止(2)個人情報を記録したメモリーや書類は必ず鍵のかかる引き出しなどに保管(3)私物パソコンの学内使用禁止(4)個人情報が記された書類の裏面をメモ用紙に使用しない-などを盛り込んだ。また、学外で児童・生徒の個人情報を含む会話も慎むように求める。

 緊急時の保護者の連絡網など、校長の許可で持ち出せる個人情報の種類まで定めるとしており、「個人情報の取り扱いをここまで詳細に定めた基準は全国でも例がない」(教育関係者)という。

 都教委は管理基準作成のため、教員の個人情報管理の実態を把握する調査を開始。19日には全教員に個人情報管理について23項目の「自己点検票」を配布し、意識レベルを細かくチェックする。

 都の公立学校の教諭が個人情報を紛失したケースとしては、都立拝島高校の男性教諭(54)が10月下旬、定期試験の結果や調査書など生徒ら1087人分の個人情報を保存したUSBメモリー4本が入ったバッグを、JR中央線武蔵境駅の公衆電話に置き忘れたほか、4月に都立広尾高校の男性教諭(40)が、調査書など生徒ら2757人分の個人情報が入ったメモリーを無断で持ち出し、電車内で紛失したものなどがある。


会話を禁止って、

いったいどこの独裁国家だ。戒厳令下の占領国か?

この記事だけ読んだら、呆れて笑い出した人もいるかもしれない。
しかしこれ、まんざら冗談でもないので、例によって俺が補足解説しておく。

(1)個人情報の入った電子メールの送信禁止

USBメモリを持ち出すのが禁止なら、データだけ送ればいいじゃん、ということで
自分宛にメールして家で読み込んで仕事するわけだ。考えることはみな同じだな。
これなら、物理的な紛失盗難の危険は回避できる。しかし禁止だというなら仕方ない。

先生質問でーす。FAXは、いーんですかあ~?

あー、メールはダメって、ウエブ上のファイル置場はいいのかな~?(笑)
だからだな、「個人情報は、紙媒体・電子的データなどその形態・手段を問わず持出禁止!」
としないとダメなんだよ。

(2)個人情報を記録したメモリーや書類は必ず鍵のかかる引き出しなどに保管

これは当然だろう。指導要録なんかは、昔からちゃんと校長室の金庫に入ってるし。
こんな簡単なことが出来ていない学校は、管理職が無能で危機意識が薄いわけだ。

(3)私物パソコンの学内使用禁止

おおっ! ということは、東京都では、職員全員に備品のパソコンが配られているんだな?
まさか4人に1台とかじゃないよな。各自机上にネットワークPC1台だよな? な? 
だったら、データは全て教育委員会のサーバに置ける。そっちで一括管理してくれよ。

(4)個人情報が記された書類の裏面をメモ用紙に使用しない

経費節約で裏も使えって言われたんだもーん

これでゴミ箱、もといリサイクル箱をゴソゴソあさって書類印刷しなくて済むようになるから、
結構なことだ。メモ用紙も、堂々と白い紙が使えて先生は嬉しいぞっ。
ついこの前まで、廃棄書類をボンドで製本して綴じてメモ用紙にしてたんだから。
あっ、今も教頭がやってるか。電話のメモ用。これじゃチラシの裏と変わらんな(笑)

学外で児童・生徒の個人情報を含む会話も慎むように

はい、これ凄いですね皆さん。何のことか想像つきますか?
これはだな、宴会だ宴会。居酒屋の座敷とか、酔ってでかい声で生徒の名前をわめいて、
保護者にでも聞かれたんだろ。
「1組のシーサーはどうしようもねえクズでさあ、またオカンが若い男と出来てやんの」とか。
密室でないと愚痴もこぼせないよ。校長のことをわざとらしく社長って言ってみたりしてもな。

そうではなくて、駅やらでまわりに聞こえるような声で立ち話していたなら、無神経な話だ。

まあこの職業は昔から、どこに誰の目や耳があるか分からん稼業だからな。24時間常に神経を
使う必要がある。守秘義務だってある。今さらこんな話が出ているようでは、残念ながら教師のモラルや自覚が足りないといわれても仕方がない。

だけどそんなこと、わざわざ明文化しないと徹底しないのかなあ。なんだかなあ。 

ところで教育委員会、特に教師上がりの指導主事連中は、こんなことは何の根本的解決にも
ならないことを重々承知しているはずだ。自分達も現場にいるときは、成績やら答案やら、
さんざんお持ち帰りしていたんだから。

それが教育委員会というお役所に入って偉くなったとたん、掌を返してこういう態度に出る。
締め付けを厳しくするだけで、根本的解決策は何一つ示さない確信犯。

そりゃあんた達は成績出さなくていいもんな

もちろん、答案を車に置いたままパチンコしていたとか、一部の哀れな教師は多少減るだろう。
しかし持ち出すなというなら、毎晩10時11時まで手当てのつかないボランティア残業をしろというのか? ただでさえ激務の教師をさらに疲弊させ消耗させ、力尽きた者からどんどんクビにしようという魂胆か?

やってられんな、もう。どこで手抜き、もとい合理化するか真剣に考えなくては。

せめて部活は5時半まで、とか言ってくれよ

そしたらちょっとは尊敬するからさあ。

ぼちぼち私学みたいにマークシート読取機を導入するか。いや、冗談ではなく。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
通達行政主義
学区内の飲み屋で生徒の悪口を放言するような学年団にいたときは・・・飲み会のたびに身がちぢむ思いでしたね。そういう意識の低い教員が数多いるのも事実ではありますが・・・。

いや、FAXでの通達ひとつで下部組織(学校現場ですな)に対する指導義務を果たした気になっているのは教育委員会(と文科省)の体質ですね。通達どおりに実施できていなければすべて現場の責任。

以前の勤務校でアスベストの使用状態チェックが市教委から来たんですが、どう考えても天井裏・壁裏での使用状態のチェックなんて工業高校以外の現場では調査不能でしょう。その結果、なおざりな報告しかどこも出せなかったはずなんですが・・・それで良しとされてましたね。それとてつい数年前まで現場にいた指導主事たちは知らぬ筈もなく。

先日、大きく報道されたイジメ調査も似たり寄ったりだと思います。いじめ事案が完全ゼロの学校なんて、僻地の小規模校でもなければまずありえない。でもこれまでは「いじめゼロ報告」なんてものが当たり前に報告・集計されていたわけで。これだって指導主事(以下略)。

昨年問題になった高校の履修漏れだって、県教委で実態を掌握していなかったはずはないんですよね。でも上部組織は知らない振りで通してましたね。そういう知らない振りで現状追認って事案は腐るほどあるはずですね。私も辞令前着任とか、免許なし教科担当とかでさんざん煮え湯を飲まされてきましたけど。

昨今、教育委員改廃論もボチボチ出てきましたが・・・こういう中央集権の権化の上部組織なんかなくても差し支えないような気はしますね。現場上がりの指導主事するべきことをしないなら、生え抜きの行政職員だけに任せておいてもなにも問題なさそうです。
【2007/11/28 Wed】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
キツイですよね
塾も個人情報の管理は厳しいですよ。
働く側、相当シンドイんですけど……。

でも必要な仕事だから、やるしかないんですよね。
何とかしてくれよ。
こればっかりは自分の努力で何とかなるもんじゃない(笑)
【2007/11/30 Fri】 URL // ダイ #QnynE5qE [ 編集 ]
>甲さん
現場の声を生かせるはずの指導主事は、日常業務に忙殺されて、しかも目の前にぶら下がっている管理職への切符が欲しいから、余計なことで波風立てる気はないですよね。目立つと損。

おかしいと思っても自分が出る杭にはならない。黙々と仕事をこなしてさえいれば、やがて校長になれるんだから、誰も本気で面倒な改革なんかするはずがない。現場とそこにいる教師は、自分の出世への踏み台に過ぎないですから。

委員会の人間が「我々は現場のみなさんを守るためにこうやって云々」というセリフを言いますが、こんなのは大嘘。一番守りたいのは自分達ですから(笑) 踏み台のはずの下っ端の兵隊の不祥事で、自分の足を引っ張られたらたまらんというのが本音でしょう。そういう態度が見え見えだから、現場に視察に行くと煙たがられるんです。

>ダイさん
塾の場合、公立学校みたいに部活とか余計なまやかしがないだけに、シビアに成績を追求しますもんね。同時にコストも追及されるだろうから、そのしわ寄せはモロに講師の仕事量に反映。よけい厳しいだろうなあ。

学校だって、本来は学習にそれぐらい力を注ぐべきなんですよ。それをたとえば、放課後は部活があるから補習授業はできないって、本末転倒だろ。
朝練と放課後の部活に費やす時間とエネルギーを勉強に回せたら、あっと言う間に成績なんか上げて見せますよ。マジで。

だけど無理です。部活は人気があるから。お遊びの方が楽に決まってますからね。教師も生徒も親もそっちへ流れる。学校は無料の公衆娯楽まで提供させられているわけです。

でも韓国みたいに夜遅くまで学校に残って勉強、とかなったら、塾の営業坊妨害になっちゃいますね。
おっと、何の話をしてるんだか(笑)
【2007/12/02 Sun】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
こんにちは。
ウチの地域の小学校では、個人情報の保護対策では右へならえ~って感じで連絡網を前後のみの番号表示にしました。勿論先生への通達はあったのでしょうし、先生方も従っていると思います。

でも、この小学校は職員室に市職員以外の常駐していました。育友会事務だそうです。給食費のこともやるそうです。何年か前の副会長だそうで、自分の子は中学生になって登校拒否していても、「地域で子育て」に燃えていて、小学校の育友会に命をかけている感じです。職員室の真ん中に先生方と肩を並べて机を持っていましたし、学校に用事で電話をしたら彼女がとることもあります。だからうかつに先生を呼び出してとかいえません。(本当に用事があってもクレーマーだとうわさを流されます)
在校生やその親たちのゴシップ的な情報は漏れまくりでした。(あのうちは給食費を払ってないとかの)。中には明らかに彼女が捏造したものもありました。
でも校長も教頭も怖くて何も言えずでした。(校区にはちょっと癖のある地区があるので。その地区の人達には絶対に逆らえないし、子供達はたとえば授業中に騒いだり歩いたり、そうじ当番をサボっても注意されません。)
私も捏造の被害にあいました。

最近流行の学校カウンセラーも結構簡単に相談事を漏らします。聞けばキチンと大学でカウンセリングを学んだ人じゃなくて、地区の主婦で講習会で資格をとった人らしくてプロ意識のかけらもありません。

教員や市職員が情報を漏洩するというよりも怖いと思います。卒業して4年になりますが、まだいるそうです。今年で12年目。カウンセラーという手下もできて、ますます職員室の主になっています。

他の地域では教職員以外が職員室にいるってことがあるのでしょうか?処罰も守秘義務も無い方達ですが。
【2007/12/19 Wed】 URL // haru #YpqZtgVo [ 編集 ]
地域の人間が学校に入って、というのは、これから増えていく傾向でしょう。
ただし、彼らは、我々公務員とは根本的に違います。
その業務に自分の生活がかかっているわけではありません。
不祥事があったら気軽に辞めて社会的な責任も問われないような状態では、
教育を混乱させ破壊するだけの存在になってしまいます。

こういう制度は、行政の側で責任や守秘義務、罰則などの規定を厳格に規定してから始めないと、とんでもないことになってしまいます。
だけど、厳しくしたら、誰もそんな面倒なことやらないですよね。
結局、地域でヒマにしている人間しかなり手がないんですよ。

カウンセラーにしても、週に1回とかでパート代にもならないような低賃金で学校に来てくれるような優れた人材が、世にゴロゴロ余っているでしょうか?

偉い人達が机の上で考えた耳ざわりのいい形だけの制度が、まともな予算もつけられずに実施されると、歪みまくったモンスターを内部に増殖させる。その実例を聞かせてもらったような気がします。
【2007/12/20 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/139-8b052924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。