公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育問題に限らず、どう解釈すべきか分かりにくいニュースはある。
報道された出来事そのものが難しくて判断に悩むこともあるし、記事にした記者が本質を
よく理解せずに書いて、事実と違う方向のニュアンスを与えていることもある。
世論を導こうとして、意識的に書いている場合もある。
この記事を読んで、読者の皆様はどんな印象を持つだろうか。

自閉症の生徒外しDVD 東京の中学 保護者訴え、復活 (2007年12月08日 朝日新聞)
 東京都練馬区の区立中学校が校内で開かれた合唱コンクールのDVDをつくる際、1年生の学級で自閉症の生徒が映っていない映像を撮り直して販売しようとしていたことがわかった。この生徒の保護者の訴えで中学校は生徒の映像を復活させることにしたという。

 同校や関係者によると、合唱コンクールは11月8日に開かれた。各学級が2曲ずつ歌い、その様子を録画していた。

 自閉症の男子生徒(12)は最初は音楽に合わせて体を揺らしていたが、1曲目の途中で舞台から退場してしまった。このため学校側は、すべての学級が歌い終わった後、この学級だけ1曲目を撮り直し、DVDにはこの映像を収録しようと計画した。男子生徒の保護者からも購入希望があったため、この保護者用に男子生徒が映っているDVDを1枚だけ特別につくり、他の希望者には映っていないDVDを売ろうとしたという。

 これを知った男子生徒の保護者は「みんなに販売されるDVDにも息子の映像を入れてほしい」と訴え、学校側も映像を編集していないDVDを販売することに改めた。保護者は「クラスの一員として参加したのだから、DVDに入れないのはおかしいと思う。何に対する配慮なのか分からない」と話している。

 これに対して校長は「退場していく映像を残すことは(自閉症の)生徒に対して酷では、と考えた。保護者の心情をくみ取れなかった」と話している。


いかがだろうか。「そんなもの簡単だ。バカな教師が障害者を差別したんだろ」
そう思われても仕方ないのだが、ことはそう簡単ではない。

まず、状況解説から。
何らかの障害を持つ生徒が皆と一緒に行事に参加する。何年か教師をやっている者なら、
きっと何度か目にしている場面だ。というか子供たちにとっても珍しくはないシーンだ。

障害といってもいろいろある。たとえば車椅子に乗った子が体育会で走競技に参加する。
こんなケースはさほど難しくはない。スタート位置の設定と、安全のためレーンの区切りを
配慮すれば、ハンディキャップ制の勝負がきっちりできる。

今回のケースでは自閉症の生徒が合唱コンクールに参加していた。
自閉症と書かれているだけで詳細は不明。「最初は音楽に合わせて体を揺らしていたが、
1曲目の途中で舞台から退場してしまった」ということが書かれているだけだ。
その生徒が歌っていたかどうかも不明だし、歌っていたとしたら、どんな声だったかも不明。

ここまで書くと、同業者はピンとくるだろう。以下、俺の経験したケースを書いてみる。

障害児学級(今は特別支援学級と呼ぶ)にいたある女子は、行事は親学級(1年3組とか)に
参加していた。体育会では走競技や団体競技に参加して普通に楽しんでいた。
合唱コンクールにも参加した。この子は、曲の歌詞やメロディの通りには歌えなかった。
歌い始めや曲の終わりはちゃんと分かるのだが、歌が始まると「あーうーうー、あああー」と
一生懸命大きな声で歌うのだ。

合唱コンクール当日。そのクラスが歌い始めると、参観している保護者席が一瞬静まり返った。
一部の保護者達はしばらく固まっていたが、小学校から顔なじみの親たちは普通に聞いている。
そのあとは何事もなかったように曲は進んだ。その子は緊張して途中退場することもなく、
最後まで力一杯「あ-あうあー、うあああー」と歌い切った。そしてこのクラスは優勝した。

こういうことを語るのは現場でも半ばタブーになっていて、教師も生徒も何も言わないのだが、
あえて俺が現実を語っておく。

音楽的には、このクラスの合唱は完全に破壊されている。
声をそろえてとか、美しいハーモニーとか、そういうのとはまったく無縁の世界だ。
残り39人の生徒が完璧な合唱をしていても、ただ1人の不調和な声は簡単に他を圧倒する。
そこに流れているサウンドは、客観的にみて決して心地の良いものではない。
しかしその場に居合わせる聴衆は、生徒も教師も保護者も、みなにこやかに笑っている。

誰も聞こえないふりをしているのだ

耳にフィルターをかけて、残り39人の合唱だけを聞き、その子の一生懸命歌う姿だけを
目からインプットして、その子の前向きな気持ちが生み出す想像上の歌声を脳内で合成する。

公立中学校の合唱コンクールは、純粋に音楽性を競う行事ではない。
だからこの壊れた合唱のクラスが優勝する。それは同情や哀れみであってはいけない。

でなければ優勝なんて偽善に満ちた茶番だ

「あの子がいなければ、すごくきれいな合唱なのに」と感じた生徒にも罪はない。
感情を表に出さずに黙って微笑んでいればそれでいい。そういう経験をするのが公立中学だ。
これはもう、いいとか悪いとかの世界ではないのだ。

さて、話を戻して練馬区のDVD騒ぎ。結論から言おう。
校長は「保護者の心情をくみ取れなかった」とコメントしているが、くみ取れなかったのが
悪いのではない。

勝手にくみ取ろうとしたのが間違いなのだ

こういうトラブルを回避する方法はある。実に簡単。

グダグダ考えてないで、まず親に聞け

DVDを焼く前に、「お子さんは合唱コンクールでこういう状況だったけど、どうしますか。
販売分には編集して別映像を差し替えるということもできますけど…」などと聞けばよかったのだ。
さらに言えば、本番前にこの事態は十分予測できたはずだ。参加の意思も事前に確認できる。
この中学校は、それをしていなかったのだろうか。

今回とまったく逆の方向でトラブルになることも十分に考えられる。

「うちの子は途中退場で最後まで歌えなかった。そんな醜態をわざわざ記録に残して、
 学年で販売するとは、いったいなんと言う無神経さだ。晒しものにして自閉症を差別するのか!」

という記事になっていたって、ちっとも不自然ではない。
実際、合唱コンクールではないが、そういうパターンの苦情も見たことがある。

どちらが正しいか、一般論はない。決めるのは保護者。だから、親に聞けというのだ。
学校が「心情をくみ取る」などと自惚れて意思疎通を怠り、自分の理論で恩着せがましく
勝手に動いてもダメなのだ。
こちらに出来る選択肢は事前にいろいろ示して、その上で保護者に選んでもらうのが一番。
そうすれば納得ずくだからトラブルにはならない。

そして、こういう相談をするときに、まわりの生徒がどう思うかとかいった配慮は一切無視、
または後回しにされる。そしてそれに関する突っ込みは許されない。

それが公立中学だ

こういうことを奇麗事で済ませようとしているから、いつまでたってもダメなんだよ。

そもそもなんでDVDの販売なんかしたんだ? 手間ばっかりで利益なんか出せないのに。
あーそうか、教育はサービス業だからか。誰かが趣味で始めたんだろうけど、もう終わりだな。
余計な手間をかけて全国規模で晒されて、まったく何やってるんだか。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
こんばんは
久しぶりにコメントさせて頂きます。
私がこの記事を読んだときに真っ先に思ったのは、
「なぜ、DVD販売なんかするんだろう?」
でした。
まったくもってシーサーさんのおっしゃる通り、同感です。
販売するならば、先に聞くべきだし、そもそも販売すること自体信じられないというのが私の感想です。
私も公立中学校の教員ですが、心に隠しておいて、私が思考不足な部分を率直に表現されていること・・・とてもスッキリした想いです。
読んでいくうちに、自分の心の中も整理できました。
有り難うございます。
【2007/12/19 Wed】 URL // ユウ #F9ckFCGU [ 編集 ]
そう、こういうことって、なんだかモヤモヤするでしょ? 実はみんなそうなんです。

私も自分が中学生の頃からずっと、心の隅にしこりが残ったままなんですよ。
しこりは消えませんが、こういう形にしておくと、とりあえず自分の中に嘘は溜まりません。
自分で納得してここまでくるのに、長いことかかったような気がします。
【2007/12/20 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
モヤモヤすっきりしません。
お久し振りです。
年末の多忙もあって、ご無沙汰しておりました。
テーマについてですが、まず、DVDの販売という点が、学校内生徒を対象としたものであれば、修学旅行の写真販売と同様、特段おかしなこととは思いません。(学外への営利目的ならば、?はありますが、そうではないでしょう。) また、無料配付の場合でもこの問題は回避できなかったでしょう。

おっしゃっているように、当該障害者の保護者の意見を聞けばこの問題はとりあえす回避できたということには同意します。

ただ、一つお聞きしたかったのが、
>まわりの生徒がどう思うかとかいった配慮は一切無視、または後回しにされる。そしてそれに関する突っ込みは許されない。それが公立中学だ。こういうことを奇麗事で済ませようとしているから、いつまでたってもダメなんだよ。

のくだりは、シーサーさんが、まわりの生徒がどう思うのかを無視しても「障害者に思いやり」をするのが「公立中学」のあるべき姿という事なのか、そうした「奇麗事で済ませよう」とすることがダメだという事なのか、どちらを言われているのかという点です。そして後者であるなら(そう読み取りましたが)、どうすべきだったのか、という点です。(読解力がなくて済みません)

この記事を読んでわたしも疑問を感じたのは、他の参加者の意見は考慮しないのか、という点です。他の参加者は、その障害者の参加バージョンと非参加バージョンについて、希望を言うべきではないということでしょうか。
非参加バージョンが良いと言えば、「障害者を排除している」、
参加バージョンが良いといえば「障害者を笑いものにしている」。
どちらでも、当該障害者の気持ち次第で非難されかねないでしょう。だから希望を聞いてはいけない。つまり、障害者及び保護者の一存で多くの人に関わることが決定される、反論をしようとすること自体を「差別」だと感じさせてしまう風潮、どうも行き過ぎを感じます。

(もし、わたしが行うのであれば、各人が参加バージョン、非参加バージョンの二つから選択できるようにする、選択の結果は公表しない、というやり方がマシだと思っています。)

わたしも、障害者を差別してはならないという意識は持っているつもりです(ですので、この文章も何となく後ろめたさを感じながら書いています)。
しかし、今回の記事のように、障害者の気持ちが最優先で、そうしないことは「差別だ」と自覚するように学校で教え込まれるようで、強い違和感を持ちました。むしろ逆差別ではないかと思っています。

また紛糾するようなことを書いてすみません。ただ、よろしければシーサーさんのご意見を聞かせていただけませんか。
【2007/12/20 Thu】 URL // 虹の父 #- [ 編集 ]
するどい突っ込み感謝
私が書かなかった部分をきっちり受け止めていただきまして、ありがとうございます。読んだ人に考えてもらいたかったのは、まさにその部分です。

これがあるべき姿だとは思いません。それが本当の「思いやり」なのかどうかも分かりません。ただ、聞こえない振りとか、保護者の一存でどちらにでも動くとか、トラブルを回避し傷を受けることを最小限にして、無難に流していく方法のひとつであることは間違いありません。

それから、なかよし音楽会とか専用の行事はちゃんと別に用意されているんですが、そうではなく、ふつうのクラスに入ってというのが最近の流れなんです。一時は、特別支援学級を解体して、みんな普通学級に入れろという過激な話まで出ていました。いかにも予算削減が大好きなお役人の考えそうなことです。

しかし本当のことを言えば、そう簡単に入れるはずないですよね。どういう形がいいか本気でみんなで考えたりしていると、その過程で必ず両者とも痛みも伴う。当たり前です。保護者の要求がわがままだという話も出てくるでしょう。なにしろ数の上では圧倒的少数に全体を合わせる話になりますから。みんなの我慢で一人の満足。それに多くの賛同が得られなければ「逆差別」ということになってしまいます。だから本気でやったら奇麗事ではすまないんです。

中途半端で申し訳ありませんが、これはこれからあちこちで出てくる話です。合唱コンクールの場合、歌えない子がいるのなら楽器パートも作ってしまうとかのすり合わせが必要で、それも保護者の言いなりではなく、生徒と教師と保護者とみんなでやっていく体制が必要でしょう。結果よりも、その苦しい過程こそがポイントのように思います。

DVDですが、修学旅行の写真は、業者が入って販売している学校が多いのではないでしょうか。その場合、学校はお金と写真の受け渡しの仲介をするわけで、さほど手間はかかりません。

今回のDVDは、おそらく教師が自分で撮影したビデオをDVDに焼いているのでしょう。そして生ディスクの実費だけで販売しているはずです。いったい何枚の注文があるのか分かりませんが、たとえばふつうのパソコンで百枚のDVDを焼くのに、どれほどの手間がかかるのでしょうか。

そんな暇があったら、生活ノートのコメントを1行でも余分に書くとか、気になる生徒と話をするとか、教材研究とか、もっと大切なことに使うべきだと思います。

そしてそんな裏事情は保護者には伝わらず、民間のサービス業に対すると同じ感覚で、「なんでうちの子は2秒しか写ってないんだ。金返せ」「親の話し声がうるさい。もっと綺麗な音で撮れないのか」とか平気で言い始める。
本当に業者を入れてDVD販売したら、いったい何千円とられるかなんて、何も考えてません。そしてそうなったら、保護者が自由に写真やビデオを取ることも禁止される。吹奏楽のコンクールなんて、その状態です。ほんと、いろいろ難しいです。

【2007/12/22 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
遅れて済みません
丁寧なお返事をありがとうございます。
折角いただいたのに、お礼が遅くなって済みません。
本当はもっときちんとした内容を書きたいのですが、余裕がなくて、とりあえずのお礼のみで失礼します。
日を改めて感想など書かせていただければと思います。
【2007/12/27 Thu】 URL // 虹の父 #- [ 編集 ]
大卒後、知的障害者授産施設に勤務していました。たった4年ほどですけどね。
だから、障害のある子を持つ親の気持ちもわからなくは無い…ような気もしますけど、障害のある子の教育については、なんでも普通クラスであればいいって言うのじゃないような気がしていました。もちろん、親としての希望はわからなくは無いけど…。
その延長線上において、このケースもなぁ…なんとコメントしていいのか複雑なんですけど…何しろ、当事者じゃないんで、その子の障害の様子やクラスの様子、親の思い…推察でしかないし。
親戚(従兄弟の子)にやはり知的障害(養護学校や特殊教室でやっていける程度)がいますし、従兄弟の思いもわからなくは無いけど、最近、みんながみんな自分の権利ばかりを主張して、周りへの配慮がすごく置き去りにされている気がします。

もちろん、教育として社会的少数&弱者への配慮を学ぶ(コレ自体が差別的思想ですけど、現実としては目の当たりに経験しないと理解できない事はあるはずですから…でも、それを上手く教育の実践として成功させるには、教師の力量が半端ではなく必要になってくるとてもとてもスペシャリティーな超高度なスキルを教師に求めているんであって、そんな簡単に一般の学校がどこでも出来るっていうモンじゃないと思う)のは必要ですけど…ホント、難しいですよね。

ゴメンナサイ、うまく自分の考えをまとめ切れませんが、とにかく、障害(自閉に限らず)児を受け入れて上手く普通公立学校を運営するには、人手が充分では無い気がしています。そんな中で、批判するのは簡単ですけど、現場は複雑なんだろうなあ…と。

でも、もし担任なりが余暇でDVDを作ったんであれば…思い出を残したいという気持ちは斟酌するけど、撮り直しをする時間でもっとほかの事、できたんじゃないかな?とは思います。
【2008/01/02 Wed】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
エレベータもない段差だらけが標準仕様の学校に、車椅子の生徒が通っていたり、トイレの介助が必要な子が、特別な介助員もなしで通っていたり、「友達だから」と、特定の生徒だけにとんでもない負担がかかっていたり。

何度か現実を見てきましたが、毎日をなんとか過ごしていくには、理屈とか権利意識とか、そんなものとは関係なく、奇麗事じゃすまないんですよね。

まわりのみんなが水面下にモヤモヤを抱えたまま、日々を送る。トラブルがないからいいのではなく、表に出さないだけ。その気持ちがいったいどれだけ伝わるのか。周囲はひたすら奉仕し続け、好意の価値が下がっていき、やがて義務と化す・・・

いずれまた、書くことがあるかもしれません。ほんと複雑です。
【2008/01/03 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
謹賀新年。本年もよろしくお願いします。

私も養護学校で勤務していたことがあるんですが・・・
やっぱりというか、保護者の中には養護学校投稿を不本意に思ってる方も少なくはありませんでしたね。
ある生徒は事前の相談もなく、いきなり小学校に転校してしまい、書類準備で忙殺されて憶えがあります。こういうケースを3人くらい見ましたね。

しかし、やはり現実は甘くはなかったようで、うち2名は半年内に戻ってきました。何があったのか、保護者は口を閉ざしたままでしたが・・・その後、中学校勤務となりましたのでだいたいの想像はつきます。
戻ってこなかった生徒も、転校先でうまくやっていたのかどうか・・・。

結局、障害のない児童生徒の相手でも現場は手一杯。そこに教師にとって異なるスキルを要する子が入ってきて、その相手をする余裕がないのですね。概して特殊学級の担当教師は一般の教師よりは障害児に対して認識はあるのですが、やはり専門教育を受けていない弱さがあります。(特殊学級担当の小学校教諭が養護学校に赴任してきた際にも同様のことが起こりましたし。)
ましてや、通級となると、その後の対応は推して知るべしです。

養護学校の教員達がよくく口にしていたのは
「その子にとって真に必要とする知識・技能は何であり、それをどう伝授し卒業までに定着させるか」
腐心していたのはそればかりでしたね。
なので、果たして一般の学校の教師が障害を有する児童生徒に対し、そこまで追究することが出来るかどうかかなり疑問視しておりました。
一般の生徒への対応をしつつ、おまけしてできるような容易なことではない高度に専門的な事柄と認識していたからこその危惧だったんですね。

 また児童生徒同士の人間関係も大ごとですし。養護学校内ですら、いじめ事例は事欠きません。まず表に出ることはありませんが、病棟通学・全寮制の学校ではけっこう深刻な問題になっております。逃げ場がないから。
まして、一般の学校では言うまでもないでしょう。極小規模校ならともかく、ある程度の人数が集まれば必ずしも良性の人間関係だけが構築されることは不可能に近いことです。教師はそういう面にも対応しなければなりません。いわさき氏のおっしゃるとおり、一般の学校では割ける人手が限られていますからね。
 その一方、養護学校がその性質上、日々大きなトラブルを抱えつつも即座に正常化し、運営できております。これは1:1に近い生徒対教師比率によるところが大きいのです。普通校の教師なら溜息が出るような環境です。
(ちなみに私がいたところは児童生徒数よりも教職員の方がやや多かったくらいです。)
普通学校でこの体制なら、大概のトラブルは解決できますね。
(マスコミ取材後とか放送の可否を全保護者に尋ねるとか職員総出でやってましたし。)

年末の朝日新聞投書欄にも、普通学校に通学させたい保護者と養護学校に通学させたい保護者の双方の投書が同時に掲載され、その難しさが一般の方にもある程度かいま見えたかも知れません。
本当に答えの出しようのない、難問ですね。
ただ『その子供(児童生徒)の視点に立って物事を見る』ことをして選択肢はある程度絞り込むしかないでしょうね。

【2008/01/04 Fri】 URL // 甲 #CFnWuolQ [ 編集 ]
私の友達が当事者では無いですが障害者の親です。
ずいぶん我侭な奴でしたが人が変わりましたね。
現場でないとわからないと思いますよ。
報道のままではないでしょうから。
【2008/02/06 Wed】 URL // かおり #O0aXmd32 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/142-c5c9e164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。