公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そもそも報道はナマの情報を客観的に伝えるものではなく、事実の断片を使って語り手の
主張を伝えるものであることは、皆様先刻ご承知のことと思う。たとえばこの記事。
見出しが語る論調は明らかだし、ごていねいに文末のコメントで念押しをしてある。

入学式:入学金未納、式に出さず 新入生2人、別室待機--千葉の県立高 
 千葉県八千代市の県立八千代西高校(大迫太校長、339人)が、入学金未納の新入生2人を入学式に出席させなかったことが12日分かった。大迫校長は「授業料滞納が目立ち、未納は負担の先送りと思った」と話すが、県の公立高校教職員組合は「非教育的対応」と批判している。

 県教委と同高によると、新入生159人に、入学金、教材費など9万円を8日の入学式に持参するよう求めていた。男女各1人が「お金が用意できない」などと持参せず、式直前、校長がそれぞれの担任に別室での待機を指示した。2人は約40分の式の間、教室と会議室で待機した。

 男子生徒は式前に学校の指示で母親に「入学金を払わないと式に出られない」と電話で事情を説明。母親は「後で払う」と答えたが、学校側は「滞納の可能性がある」として出席させなかった。母親は午前11時ごろ、9万円を持参して学校を訪れたが、式は終わっていた。その後、生徒は校長室で氏名を読み上げられ、「入学を許可する」と伝えられた。

 女子生徒の母親は午後5時ごろ、2万円を学校に持参し、同様に入学を許可された。

 大迫校長は「入学式当日に必要なお金は3月の説明会で伝えている。経済的問題があれば相談するよう話した。苦渋の決断だったが、当然の判断だと思っている」と説明。県教委指導課の田山正人・主任指導主事は「保護者と生徒にはつらい思いをさせてしまった。事前に入学金についての十分な説明をしており、学校としてはやむを得ない判断だったと思う」と話している。

 教育評論家の尾木直樹・法政大教授(臨床教育学)は「極めて機械的、官僚的対応。学校側は2人だけではなく、生徒、保護者に謝罪すべきだ」と話している。
 (毎日新聞 2008年4月13日)

要するに高校の対処が責められているのは明白だが、毎日新聞は、その論調で大多数の
読者が納得すると信じていたのだろうか。俺はむしろその姿勢に違和感を覚える。

ということで、いつものように補足解説をしていく。

高校は「経済的問題があれば相談するよう話した」ということだが、このあたりのいきさつは、
朝日新聞が詳しいので、以下、その部分だけ引用しておく。重要なポイントなので要注意だ。

同校と県教委によると、新入生159人は入学金5650円や教材費、授業料など計9万円を入学式当日に納めることになっていた。ところが2人の生徒が未納であることがわかり、保護者に連絡したところ、それぞれ「今日は払えないので、後日支払いたい」「お金を持ってきていない」と話したという。
 (中略)
 学校側によると、入学金などを式の当日に納めてもらうことは、合格証書を送付したときに説明書を同封し、3月17日に行われた入学者説明会でも連絡していた。その際、「持参するお金は一部でもいい。分納もできるので、経済的な心配があれば事前に相談してほしい」と伝えたという。説明会には2人の保護者も出席していたという。

(2008年04月13日 朝日新聞)

朝日の記事にあるように、保護者から事前にひとこと連絡があれば、こんな事態にはならない。
そんな例は珍しくもない。学校側はよくある通常業務として、粛々と対処するだけだ。
保護者の立場でも、経済的な事情がある場合、各種の奨学金など、事前に対処できる方法は
いくらでもある。もちろん高校入学後の申請もできる。

だから、この記事のポイントは、保護者の経済的な問題が云々などではない。
昨年は給食費未納問題が話題になったが、俺はあれに通じるにおいを感じる。
いくらなんでも「忘れた」などという単純な話ではないだろう。
仮にも大人のやることなのだから。

この親、連絡がなければ
知らん顔するつもりだったのだ


入学式後、本当に払うつもりがあったかどうかは俺には分からない。
しかし、少なくとも入学式当日については、この状況では確信犯だ。

我が子の為に
電話1本入れられなかったのだろうか


入学に限らず、所定の期日までに必要な費用を納めるのは、世の中のルールとして当然のことだ。
私学なら、期日までに振込みがなかった時点で自動的に入学資格を失効し、チョンだ。
それでも実際は、念のため高校から中学校に確認の問い合わせがあるものだ。

義務教育とは違うのだよ、義務教育とは

この親たち、世の中甘く見すぎちゃないか? 学校をなめるのもたいがいにしろと言いたい。
公立高校は慈善事業ではない。こんないい加減な親は、入学拒否されても仕方ないと思うがな。
子供には罪は無いと言うが、こんな親に育てられていると、やがて子も同じ過ちを繰り返す。
現場の空気を知りもしないどこぞの教育評論家に、「生徒、保護者に謝罪すべきだ」などと
見当違いの後押しをされて甘やかされたら、本当にろくな子に育たないぞ。

給食費未納は食い逃げだが、これは食券も買わずにメシを食おうとしているようなものだ。
こうやってマスコミが油を注いで回って、今度は入学金未納問題を演出か?(笑)


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/147-a2a4ac94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。