公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「教師は世間知らず」「学校では社会の常識は通用しない」などと叩かれることがよくあるが、
この現状もそのひとつの例ではないだろうか。公立高校入学金未払い問題の続報だ。

入学金未払い・学費未納、悩む現場 退学勧告も(2008年04月16日 朝日新聞)
 千葉県立八千代西高校(八千代市)で入学金を払っていない生徒2人が入学式に出られなかった。入学金未納や授業料滞納の増加は全国的な現象で、退学など厳しい処分を決めた教育委員会も少なくない。同じ問題に悩む全国の公立高校からは、「やむを得ない」「それでいいのか」という賛否両論が上がる。

 ◆総出で家庭訪問

 千葉県西部の県立高校の校長は「条例がある以上同様の対応を取るだろう」と八千代西に理解を示す。
 この校長は、前任の高校で授業料の滞納が相次ぎ、担任や事務職員総出で電話や家庭訪問を繰り返した。「卒業後になっても分割で頑張って払ってくれる家庭もある。払わずじまいでは不公平だ」
 別の県立高校の教頭も「まず入学して、その後に入学金を納めるというのはあり得ない。勝手に条例を変えてしまうことになる」という。
 未納は千葉だけの悩みではない。例えば、北海道教委は今春、資力があるのに道立高校の授業料や寄宿舎費を支払わない場合、生徒を出席停止や退学にすることにした。すぐに払えないなら5年以内に納付する計画書の提出を求める。

 山梨県も4月、授業料を6カ月分未納で出席停止、さらに2カ月で退学を勧告できるようにした。
 県立甲府工業高校は、経済的な事情を抱える生徒に許可制でアルバイトを認めている。ガソリンスタンドやコンビニで働き、授業料を自分で出す生徒もいる。戸田泰明校長は「将来は社会に出て働く子たちなので、その体験が生きてくる。そう指導する方法もあると思う」と話す。
 一方で、県立富士北稜高校の山田泰男校長は「決まりがある以上、八千代西は間違ってはいないと思う」としつつも、「入学式はスタートなので、本校ならとりあえず出させるかもしれない。矛盾するかもしれないが……」と悩む。

 茨城県では3月から実施した要綱で、7カ月以上滞納し、支払う意思も見せない滞納者に対しては簡易裁判所に申し立てることを決めた。
 県立竜ケ崎第二高校でこの制度を説明すると、33カ月分を滞納した卒業生が、毎月5千円ずつ支払うことを決めたという。仲澤進校長は「滞納者の家には私も何度も家庭訪問した。取り立て屋になったようでつらい」と話す。

 入学金(全日制5500円)を払っていない生徒や卒業生が06年度で850人を数えたのは大阪府立高だ。府教委は翌年度、入学を取り消せる規定を設け、滞納はゼロになった。
 しかし、「たとえ滞納しても入学式や卒業式に出席させないことはあり得ない。生徒に罪はないんだから」とある府立高校長(58)は言う。

 この高校では常に20~30人が滞納。担任たちは電話や手紙、家庭訪問などで納付を説得。生活保護費に含まれた授業料を使い込む親もいるため、支給日には担任が市役所に付き添うことも。授業料の一部を担任が立て替えたこともあるという。

 ◆「県条例で仕方なく」

 「学校としても出席させたかった。しかし、県条例で入学金を納めないまま入学を許可することができず、仕方がなかった。苦渋の選択だった」。千葉県立八千代西高の須藤信夫教頭は、そう話す。
 県施設の使用料や手数料についての条例に従い、県立高校の入学金は、手続きをする入学式当日に納付する。
 八千代西は、入学予定者に合格証明書を送付する際、費用や納付法を説明する文書を同封した。3月には保護者向けに説明会を開き、「当日に全額納付が難しければ分割もできる。授業料減免制度もあるので、事務室に相談に来てほしい」と伝えた。2人の保護者は説明会に出席。8日の入学式には一方の保護者だけ出席した。

 県教委によると、県立高校の授業料滞納は99年度まで全くなかったが、00~04年度に急増。その後、減少に転じたが、これは出席停止処分にできるなどとする要綱を定めたためではないかという。


この記事で、やっと現状がなんとなく見えてきたのではないだろうか。

前回、俺は珍しく(?)厳しい言葉を吐いたのだが、それなりの背景があるのが多少なりとも
理解していただければ幸いである。

今回冒頭で、学校では社会の常識が通用しないと書いたが、ツケどころか食い逃げ踏み倒しが
まかり通ってしまうんだから、確かに常識は通用しないわな(笑) 一般世間のように、
信販会社や怖いお兄さんが来るようになれば、きちんと払ってくれるのかもしれない。

そして、大阪の府立高校校長の、

「たとえ滞納しても入学式や卒業式に出席させないことはあり得ない。生徒に罪はないんだから」

これも、世間知らずの教師をよく表している言葉だろう。
民間で、一般世間で、金に関してこんな甘い話が通用するなら誰も苦労しない。
民間校長なら、こんなたわごとは一蹴しただろう。だってそれじゃ一瞬で倒産するから。

しかしだ。ここでちょっとゴーマンかまさせてもらう。

あえて言おう。それが教師の良心だ

最近はその良心につけこむ輩がなんとも多い。支える心を失った良心は、あまりにもろい。
地域や保護者に替わって学校や教師を支えてくれそうなものは、今のところ行政しかない。
学校が、条例や罰則で武装しないとやっていけない世の中。
うすら寒いものを感じるが、それも時代なのだろう。

毎日は案の定、何のフォロー記事もない。真面目にあちこち取材した朝日との差は歴然。
しかし教育問題の報道は、賛否の論調に差がつくことがけっこうある。日和見報道では
つまらないが、よく調べずに決め付けると恥をかく。ポピュラーなのに謎も多いのだろう。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
ご無沙汰しておりました。お変わりありませんか。
この件を聞いてずいぶんモヤモヤとした心持ちでいたのですが、シーサーさんのいつもの快刀乱麻の切れ味にスッキリとさせていただきました。

「生徒に罪はない」とこれを擁護するような発言。府民のためと称して財政赤字をあれほど膨らませた大阪府ならではの「人権」感覚なのでしょうか。
こうした発言が、また勘違い親の増殖・暴走を加速させることを危惧します。
せめて「生徒に罪はないので出席はさせるが、払わない親は言語道断であって、生徒の今後のためにも絶対に踏み倒しはさせない」ぐらい言えないものでしょうか。

また、この話は、先日のあるワイドショーの件を連想させるものでした。
病院内で患者による切り付け事件を扱ったもので、実は、病院内では患者による暴行事件が頻繁に起こっているが、ほとんど警察を呼ばないでいるとのこと。
その理由について、ある病院長が「患者さんは精神的に疲れているからそうしたことをしてしまうのだろう。だから、患者さんを責めるわけにはいかない。当病院では(警察を呼ぶような)ひどいことはしない。」と誇らしげに語っていました。
それを聞いて、その病院で働いている現場の医師や看護師さんたちが実に哀れに思えました。
そうした暴力に対しては、トップ自らが組織対応を指揮するべきなのに、全く逆。殴られても泣き寝入りするように組織のトップが強いているわけですから。

この府立高校長は、現場の教師、事務員の苦労・苦悩を知っているのでしょうか。この学校の現場の教師の意見を聞いてみたいものです。
【2008/04/22 Tue】 URL // 虹の父 #- [ 編集 ]
現場の疲弊
シーサーさん、お久しぶりです。1時更新がなかったので、どうかされたのかと心配をしておりました。
今回の入学金未納にかぎらず、教育を語る論者識者は、現状を知らないのではないかと思います。自分が中学生・高校生だったころの常識。まして、新聞記者になるくらいだからそれなりの家庭で進学校にいってらっしゃたのでしょう。自分が知っている(所属していた)環境に現在もあると思っていらっしゃるのでしょう。生徒も保護者も変わらない、変わったのは学校であり教師であると・・・・・。
かっては、子どもにアルバイトをさせるのは親として恥ずかしい、と思う方が普通でした。今は、(進学校は別ですが)高校生になったのだからバイトぐらいして携帯代くらい稼ぐのは当然。と考えている方がほとんどです。表向きは学資困難ですが、子どもはバイトしたお金で、携帯代を払い、必要とも思えないブランド財布を持つ・・・・。学業第1ですので原則アルバイトは禁止です、と言っても「あんたのように裕福な家庭ならいいだろうが、うちはバイトくらいしてもらわないと困るんだ。何の権利があって禁止するんだ」と食ってかかられる。(決して母子家庭でも無職家庭でもありません。成人した兄弟もいる家庭です)
かっての「常識」が通用しない親が増えていて、その親との対応で現場が振り回され教師は疲弊し、挙げ句の果ては精神的に追いつめられ休職・・・(そういう教師を免職できないのはおかしい、と切り捨てた某府知事がいましたが、これも現場を知らない人の言葉ですね)
私の学校でも、校納金・修学旅行費等々20万を立て替え踏み倒された教師がいました。恐ろしいのは、払えない生徒のために立て替えてやる教師が「良い教師」で、立て替えない教師は「悪い教師」のように言われてしまうことです。
こうした現状・現場の苦悩を知らずに(知ろうともせずに)ただ批判する、マスコミ人としてどうかと思うのは私だけでしょうか。
【2008/05/03 Sat】 URL // ななこ #- [ 編集 ]
>虹の父さん
この場合、「生徒に罪は無い」という言葉は「親に罪がある」とセットで使われるべきだと思います。生徒に罪は無いからこそ、親として果たすべき責務をきっちり果たしてもらうよう、しっかり指導すべきなんです。

しかし学校には、親を指導するためのシステムなんかあるはずはない。当たり前です。親は、学校とともにに子を指導すべき立場にあるはずだからです。
そして教師には、親の罪を問えるだけの甲斐性も権力もありません。

そもそもこんな矛盾した話になってしまうのは、まともに機能していない親がどんどん増えてくるからです。大前提が崩れてしまっている。
現場は、こんな機能不全を起こした壊れかけのシステムで一杯です(涙)

>ななこさん
更新ペースが月イチくらいまで落ちてしまっていましたが、公私共に多忙だったとか、単純な理由です。ご心配いただきましてありがとうございます。
日記みたいに書いて報告しておけば良さそうなものですが、そういうブログっぽい使い方をしていないもんで(笑)

そう、社会も教育も、ものすごく変わってきています。アルバイトひとつとってもそうですよね。学生どころか成人でも、フリーター、パート、派遣といった、従来にはなかった就業形態で社会が成り立っています。

親の踏み倒しも問題ですが、教師の立替えで未払いをなかったことにしてしまう体質も、これを助長させてきたとしか言えません。校長はおのれの体面のために、担任に罪をなすりつけて自腹を切らせる。全国で泣かされた担任がどれだけいることか。組合も、こういうことは知らん振り。いままでこれをやってきた悪徳管理職もすべて洗い出して、退職金で補填させるべきですね。こういう輩に勲章などやる必要はないと思うけどなあ。
【2008/05/05 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
おやっ?子供のブランド品云々言ってますが

ホームページの主は腰パンのスレで「服に金かけないのは下流」と言ってますよ!
ブランド品はバンバン買って教師が入学金を立て替えなきゃ

このホームページ主はブランド品はバンバン買え論者では

あと教師が信販会社並み取り立てすれば?
世の中金だからね

教育者も最初からそういう教育しなくて聖人ぶるからいけないんだよ
【2008/11/26 Wed】 URL // 十六茶 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/148-dc2bf21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。