公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校で、クラスのメンバーがいなくなる理由はいろいろある。
悪さをして退学とか、もともと机に座ってしおらしく勉強などするガラでもないのに、
間違って高校に来てしまった奴とか、ふつうに家が引越しとか、そんなところだろう。

そのどれでもなく、誰にも詳しく告げずに、ある日ひっそりいなくなることもある。
それがこれ。

私立高校中退率 経済的理由過去最悪に (2008.6.11 産経新聞)
 経済的な理由で平成19年度に私立高校を中退した生徒が少なくとも全国で407人(調査対象生徒数比0・21%)に上ることが、全国私立学校教職員組合連合(全国私教連)の調査で分かった。10年度の調査開始以来、最悪を記録した。

 調査は、全国の私立高校の約5分の1にあたる28都道府県234校、約19万5000人を対象に行われた。経済的な理由による中退率は、過去最悪だった16年度の0・19%(279人)に比べ0・02ポイント上昇、1校当たりでも1・74人と過去最悪だった。

 全国私教連は「他の理由により中退している生徒の中にも、家庭の経済的な事情が背景となっている者が潜んでいる」と、実際はもっと多いとみている。


記事にもあるように、学費のかかる私学でのケースが目立つ。
最初から苦しい家計の中で無理をしていた場合もあるし、親が事業に失敗したり倒産したり、
突然リストラされて、高校どころではなくなることもある。

俺の周りでも、実際にそういう生徒が何人かいた。
近所の公立に転校して元気に通っている子はまだしも、家族で夜逃げ同然に引っ越して、
その後行方知れずというのもある。生徒には気の毒な話だが、残念ながらどうにもならない。

このご時世だから、そういうこともあるだろうとため息をつくのだが、確かにバブルだの
言っていた時代には、こんな話はそう聞かなかった。金がなくて中卒で働くことはあっても、
家庭の経済的事情でせっかく入った高校中退というのは、最近のように多くはなかった。

そんなところへ、このニュースを合わせて読むと、さらに気が重くなる。

橋下知事、私学助成25%削減へ 小中学校、全国最低 (2008年6月3日 朝日新聞)
 大阪府の橋下徹知事は、私立学校の学校運営費に対する助成金を、小学校と中学校で25%、高校で10%、幼稚園で5%それぞれ削減する方針を固めた。これによって、児童・生徒1人あたりの助成金額が小中学校で全国最低に、高校はワースト2位の水準に転落する。

 運営費助成金は、私立学校が安定した教育を提供できるように設けられている制度。国庫補助金と地方交付税を財源に、07年度の助成額は高校約242億円、中学校約66億円、小学校約20億円、幼稚園約162億円だった。

 各校には、児童・生徒の1人あたりの単価を決め、人数に応じて配分する。07年度の1人あたりの助成水準は、小学校は26万2150円で全国27位、中学校は28万6446円で15位、29万3560円の高校は45位の低さだった。

 知事直轄の改革プロジェクトチームが4月にまとめた削減率では、小中学校は30%、幼稚園と高校は10%だった。これによる削減効果は今年度の8月以降で約45億円、来年度は68億円を見込んでいた。

 橋下知事は小中学校の削減率が高校などと比べて高いことについて「義務教育は望めばみんな公立に通うことができる。私学の付加価値を求めるなら公立よりもお金がかかるのは当たり前だ」との認識を示していた。

 多くの私立学校では助成金が学校運営費の約3割を占めており、大阪私立中学校高等学校連合会は「助成金が削減されると、授業料を上げざるを得なくなり、生徒募集にも影響が出る」として、現状維持を求めている。


大都市では、公立も私立も多くの学校が入り乱れているので、各自の能力や個性に合わせて
選択肢が多い。幼稚園から大学まで、すべて私立で通すこともできる。
公立で大学まで通すにはそれなりの学力が必要だから、誰でもというわけにはいかない。

しかし高校なら、大阪では、ぶっちゃけピンからきりまで公立で選ぶことができるという。
だったら全員が授業料の安い公立高校に行くかというと、そうはなっていない。
私立高校にもちゃんとそれぞれのニーズがあって、公立と棲み分けをしているわけだ。

こういう状況で、私学助成金の削減は、当然のように私立学費の値上げを招く。
小学校や中学校だけの私学は多分ないだろう。経営母体は小中高とも同じ学校法人だから、
グループ全体的な学費値上げとなるだろう。

助成金を減らされた上に学費値上げで生徒が減れば、さらに経営が苦しくなる悪循環。
そして高校中退者だけでなく、きっと私立小中学生の中退者が出てくる。

大阪では、貧乏人は私学に行くなってことだ

結局、私学に行ける者は、より高収入の世帯に絞られていく。教育格差はますます拡大する。
公立だけですべてのニーズをカバーできない。だから今まで、私学も公立も共存してきたのだ。
義務教育は公立に通え、と橋下知事は言うが、その橋下知事の采配で大阪府の公教育は、
これからコストダウンの嵐に突入していく。

手段は何であれ、今までより魅力ある教育が期待できるならそれでもよかろう。
しかし俺には、まだその光が見えてこない。困ったものだ。

そして私学中退のトラウマを背負った子供たちが、俺たち公立学校のところにやってくる。
苦しい家庭の事情も垣間見える。だから人ごとではないのだ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
はじめまして、heisanと申します。
現在 教員ではありませんが、教育に関心を寄せている者です。
いつも興味深く読ませていただいています。


> 橋下知事、私学助成25%削減へ 小中学校、全国最低

一番重要なのは、「削減によって浮いたカネはどこに行くのか」「どこに行ってそれが有効に使われるのか」に対する説明責任ではないでしょうか。
新聞記事からは、「ただ削減する」ということしかわかりません。
もしかしたら「ドブに捨てられる」のかもしれない。

現職の公立教員の方とネット上で話しておりますと、仕事量に比して教員数が足りないという声を聞きます。これはもとをたどれば、行政からお金が降りてこないことを意味しているでしょう。

現場は「足りない」といっているのに、増やすどころか削減に回る政策というのは、いったいどこから沸いてでてくるのでしょうねぇ。

いったい府民のうちの誰が、教育にお金を回すなと言っているのだろう?(苦笑
【2008/06/17 Tue】 URL // heisan #- [ 編集 ]
いらっしゃいませ>heisanさん
財政が逼迫しているので、削減が急務なのは分かるんですよ。やはり問題は、おっしゃるとおり「どこに行ってそれが有効に使われるのか」なんですよね。一律削減なんてやっていたら、当座の数字だけは絞り出せるでしょうが、実質的に何も改革にならない。

私学助成削減にしても、その分公立にまわすとか言うのなら、それはそれで筋は通るのですが、決してそうじゃない。公立からもしっかり搾り取る。そこらあたりは、いずれ詳しく書いていきます。

まあふつう、「公教育に金なんか使うな」って声は出しにくいですよね。
教員の給料カットしろとは言われても、教育の質を下げろとは言われない。
だからこそ俺が大鉈ふるってるんだ、と知事が言いそうです(笑)
【2008/06/18 Wed】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
ウチは、今年はしっかり就学援助を申請しました。ウチも、収入をよ~く見たら支給対象になっていたんです。まだ、結果はわからないですけどね。
まあ、小学校ですから、給食費+@ですけど…戻ってくると大きいです。
財政支出を抑えるのは解るけど、教育に力を入れないと、将来の府民の品位?がどうなるのか…長期的なビジョンとか、住みたくなる町!っていうのを目指していくことも、財政再建に繋がると思うんですけどね。
【2008/06/20 Fri】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
 はじめてお邪魔いたします。私は大阪市の公立小学校で講師をしている者です。私も橋本知事について、給料の削減についてのの記事を書きました。いかに、教師の仕事が過酷かわかってらしゃらないことに腹が立って…!シーサーさんのブログを読ませていただいて、お金とは別に日頃から感じていることがあるので、思わずコメント書きたくなりました。
 シーサーさんはどこにお住まいかは知りませんが、私は結婚して大阪に住んで、今はすっかり大阪のおばさんになっていますが…出身は兵庫県です。私の生まれ育ったところは、小学校から私学の人も多く、少なくとも中学からは私学を考える人が多いのです。我が子は大阪で育ちましたが、私はずーと私学で育って、ホントよかった!って思ってますので、息子達も…と思いましたが、主人は生粋の大阪人!大阪は公立がいいんだ!と最初の子である長男を私学に入れることに猛反対でした。自分がずっと公立育ちだからです。夫婦バトルの結果、私学へ行かせましたが…。(実際に行かせて初めて私学の良さを主人も実感したようです。)
 今でこそ、大阪人も私学を考える人も多くなりましたが、主人のように公立派の人は、大阪のトップ高校、北野、天王寺、大手前etc出身の人は自分にものすごいプライドを持っていらしゃいます。主人も含め、公立にプライドを持っている人が共通して言われることは、「出来るヤツは出来るし、出来ないヤツはいくらやってもだめ!」ということです。
 私の周りの北野高校出身の人のプライドは相当です。その人達の考え方を聞いていると、北野出身の橋本知事の思考回路に似ている気がします。自分がうまくスーと学校でうまくいったからといって、全ての人に当てはまるわけではありません。自分がクラブに一生懸命だったからといって、クラブを推奨したり、自分の生きてきた道を押しつけてるだけ…のような気がしてなりません。公立だけでなく、私学も含めて、幅広く子どもに選ばせてやってほしいと私は思います。このままじゃ~子どもの笑う大阪にはならないんではありませんか?私は別に私学ばかりがいいと思っているわけではありません。でも、子どものタイプで、勉強が出来る出来ないに関わらず、向き不向きがあると思っています。
【2008/06/29 Sun】 URL // トントンおばさん #- [ 編集 ]
コメント遅くなりました(^^;
>いわさきさん
就学援助とか奨学金とか、もらえるものはどんどんもらっておけばいいいんですよ。それこそもらえるうちに(爆)
聖域無しの削減だそうなので、いずれそこらあたりも、現状のままでは済まないですよね。府民の品位どころか、保障すべき最低限のレベルまで下げられそうで、うすら寒いものを感じます。

>トントンおばさん
いらっしゃいませ。大阪も兵庫(阪神間)にも知人がいるのですが、それぞれ大都市圏でも微妙に事情が違うようですね。兵庫は、上は遅くとも中学から私学に抜けてしまう。
大阪の公立高校出身者のプライドの高さも聞いたことあります。社会人になってからも、出身高校を語るんですよね。ただしトップの皆さんだけですが(笑)

公立トップ校出身の橋下知事も、チェーン店を拡大して学校経営にまで手を出した居酒屋社長も、どっちにも共通していることは、トップではないごく普通の庶民の教育の現状を知らないということです。
本気でリサーチすれば済むことなんですが、そうじゃなくて自分の育ってきた尺度でモノを言われてもなあ、というところです。
【2008/07/06 Sun】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
橋本は何でも改革ということが正しいと思っている「時代遅れの小泉チルドレン」
橋本の時代は終わった。
確かに財政再建は必要だが、まず府民から痛い思いか!おまえの給与をまず半分にしてみろ!公用車の時間外使用など、彼が知事をしていることでいろいろなことに出費がある。彼は所詮コメンテータどまりだった。大阪府民ももう早くやめてほしいと考えているはずだ。
【2008/12/11 Thu】 URL // 教員の有志 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/152-c81adf34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。