公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年に引き続き2回目の、2008年度全国学力テスト。
俺のいる現場では、昨年のような初回のドタバタもなく、恒例行事のひとつとして組み込まれて淡々と流れていった。はっきり言って、もうあんまり興味ないんですけど、という状態だった。

今年は2学期が始まる前に結果が出た。内容についてはまたいずれ書くと思うが、あまり新鮮味はない。結局、上位下位は昨年と同傾向で変化なし。と言うか、

そう簡単に変わるなら誰も苦労しないんだよ

今回は、テストそのものでなく、我らがヒーロー大阪の橋下知事が、香ばしいネタを投下してくれている。

【学力テスト】「このザマは何なんだ」橋下知事が大阪府教委批判 (2008.8.29 産経新聞)
 全国学力テストの大阪府の結果について、府教委や府の関係者からは落胆や怒りの声が相次いだ。

 橋下徹知事は「教育委員会には最悪だと言いたい。これまで『大阪の教育は…』とさんざん言っておきながら、このザマは何なんだ」と述べ、26日の教育委員との懇談の際と同様、府教委を厳しく批判した。

 そのうえで教員の意識改革が必要との考えを示し、「現場の教職員と教育委員会には、今までのやり方を抜本的に改めてもらわないと困る」と注文をつけた。

 綛山(かせやま)哲男教育長は「昨年の結果を受け学力向上を喫緊のテーマとしてきたが、改めて大変厳しいと認識した」とのコメントを発表。小中学校の放課後無料学習や習熟度別授業推進など新たに取り組む施策の充実を目指すことを強調し、「保護者、子供たちをはじめとする府民の期待に応える教育の実現に全力を尽くす」とした。

 今月6日に府特別顧問に就任した東京都杉並区立和田中学校前校長、藤原和博氏は「全国第2の都市としては考えられない結果。先生方は熱心で頑張っていると感じるが、システムが成り立っていないのだと思う」。課題として、国際学習到達度調査(PISA)に対応した学力の育成を挙げ、「先生方の熱意が効果を発揮するシステムを作れば大阪でも不可能ではない」との見方を示した。


橋下知事「学力調査の市町村結果、公表すべし」 (2008年8月31日 朝日新聞)
 大阪府の橋下徹知事は30日、同府貝塚市で開かれたシンポジウムで、文部科学省が29日に結果を発表した全国学力調査で大阪府が昨年に続いて下位だったことに触れ、市町村ごとの結果を公表するよう府教委に「指示する」との意向を示した。文科省は「過度の競争を招く」として、都道府県教委に対して、市町村や学校別の結果を公表しないよう通知している。

 橋下知事は子育てをめぐるシンポでのあいさつで、大阪の結果低迷の一番の問題点として、市町村ごとの結果が公表されず、府民の目に触れないことを指摘。「市町村の教育委員会は甘えている。結果が表に出ないから」と話した。ただ、学校別の結果の公表については、「競争になる」と慎重な考えを示した。

 そして、「調査結果はみなさんのもの」として、市町村に情報公開請求をしてチェックするよう会場に呼びかけた。

 橋下知事は週明けに府教委側に電子メールで「指示」する考えを報道陣に明らかにした。

 ただ、教育委員会は中立性を守るために首長から独立した合議制の機関で、首長の指揮・命令は直接は及ばないとされている。府教委の幹部は「指示ではなく、『要請』の形で届くだろう。だが、文科省の通知は重い」と話している。

 鳥取県では、市町村別と学校別の結果を非開示とした県教委に7月、県情報公開審議会が「開示すべきだ」と答申。しかし、県教委は07年、08年度の結果について「序列化が進み、点数至上主義を招きかねない」といった学校現場の意見を尊重し、開示を見送った。



橋下知事のあとさき考えない暴言は、いまさら始まったことではない。
彼の場合、単に過激なのが問題ではなく(問題だけど)、きちんと裏も取らずに思いつきでポンポンものを言うのが難儀なのだ。ご本人が公教育についてド素人なのに加えて、悲しいかなブレーンにも教育畑の人間がいない。

大阪府が下位にとどまっている根本的な理由は、教育委員会をはじめ俺達教師もちゃんと分かっている。ただ、諸団体からの圧力や、自分で自分の首を絞めたりして、それを語ることはタブー視されてきた。結局は、臭い物にフタで問題解決を先送りしてきた感もあるのだが、教育だけで何ともできない部分が多いのも事実。

一般の方々には、何のことだか分からないかもしれない。歯切れが悪くて申し訳ないが、一応俺も現役の教師なので、いくらブログでも書けないことはある。昨年の学力テストの分析記事でその一端に触れているので、興味のある方は読んでみて欲しい。

特定の地域や層は、学校や勉強どころではなく毎日の生活に精一杯。今日一日をなんとかしのぐことが最優先なのだ。そんなもの、大阪に限らず全国あちこちにあるわけだが、決して均一ではない。西日本、特に大阪に激しく集中している。

その地域を切り捨てれば平均点は一発で上がる

教育関係者は公には誰も語ろうとしない、いや、語れないその事実を、橋下知事は自治体ごとのテスト結果を公表することで白日の下にさらけ出そうとしているわけだ。

それでいいのか橋下君? 地雷踏むぞ

「このザマは何なんだ」という発言は、裏返せば「地域の土壌や歴史的背景に関係なく、
学校や教師がちょっと頑張りさえすれば順位が上がるはずだ」ということだ。
橋下知事はきっと、賢い自分を基準にしてそう思っているのだろう。
だから、まるで10年も前からそこにいたような顔で大阪府の教師を罵倒するのだ。

教育の力だけでこの地域差を何とかできると思ったら、それは大間違い。
そんなもの教育素人の幻想にすぎない。勝手なときだけ教師の力を過信してもらったら困る。
俺達には、滞納された給食費を徴収する権限すらないんだから(笑)

橋下知事が、そういう地域住民の生活状態や雇用対策までまとめて面倒見てくれるつもりで、
越権行為を承知で激を飛ばしているならかまわない。府民の生活をトータルでてこ入れして、
その結果として教育にも効果を及ぼすつもりをしているなら、「このザマ」発言も、
若気の至りということで苦笑しながら聞き入れよう。しかし、とてもそうだとは思えない。
本当に大変な部分は見て見ぬふりだろうな。叩きやすいところを叩いておくというわけだ。

これは何も、俺達教師の言い訳でもサボり願望でもない。
日々現場で、ドロドロの家庭やすさんだ生徒の生活に直面して、一緒になってもがいている俺達教師の実感だ。

そして橋下知事も文部科学省の偉い人たちも、そういう公教育の薄暗いリアルはご存じないまま、現場に責任をかぶせて世の中を動かそうとしている。素人の思いつき暴言で簡単に改善されるほど、世の中は甘くないんだがな。

夜スペ藤原校長、「全国第2の都市としては考えられない結果」って、人口多かったら
無条件で賢いとでも? 的外れなコメントしてないで、守備範囲外に口を出さない方が賢明ですよ(笑)


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
納得です。大阪の先生、頑張ってください。橋下知事に勝手に抵抗勢力にされて、本当にかわいそう。そうやって利用して劇場型にして自分の人気を取りたいのかと思うと、本当に浅はかな知事だと思います。
【2008/09/04 Thu】 URL // ringo #sSHoJftA [ 編集 ]
当然の結果
もし大阪府民が頭良かったら橋下徹を選ばなかったよ。
【2008/09/08 Mon】 URL // VIPPERな名無しさん #76hUCjoo [ 編集 ]
橋下は大阪の中でもあれな地域出身者ですけど。
さらに彼は中学の頃からそば屋でバイトして赤旗取る変わりに公営住宅に住まわせてもらった母子家庭育ちですから。
当然そういうことは知っているでしょう。
【2008/09/27 Sat】 URL // mad #Y723aeZ. [ 編集 ]
>その地域を切り捨てれば平均点は一発で上がる
>教育関係者は公には誰も語ろうとしない、いや、語れないその事実を、橋下知事は

役人や政治家が手を出せない領域の改革には民間人を導入して、と
いような杉並区のようなまわりくどいやり方でなくて、知事自ら手を出そうと
いうところにが凄いですね。ぜひ実現にむけてがんばって欲しいです!

【2008/09/27 Sat】 URL // ★のヤスリ #k8Jyey8Y [ 編集 ]
いまどき
そんなこと言ってる大阪ってバカなの?
異常な生活保護率の高さとか、犯罪の多さとかを許してる大阪人って何者?
大阪都構想とか夢物語に託す大阪人って理解できない。
沖縄と一緒で、甘えなんじゃないの?
【2011/12/04 Sun】 URL // some #/.OuxNPQ [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/154-fd7a9e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。