公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍首相の教育再生会議、世間ではもう忘れられているが、たくさんのネタを投下してくれて、
おかげで俺はずいぶんと記事を書いた。
最近では大阪の橋下徹知事が、我等がヒーローとして話題を振りまいてくれている。

今回の一発目はこれ。

橋下・大阪府知事:ラジオの生放送で「くそ教育委員会」 (毎日新聞 2008年9月8日)
 大阪府の橋下徹知事は7日、全国学力テストの市町村別結果の公表を巡り、「公表するかどうかで補助に差をつけなければならない」と発言した。35人学級など教育に関する府から市町村への補助額を、市町村がテスト結果を公表するかどうかで差をつける意向だ。

 箕面市で開かれたイベントに出席後に語った。イベント中の地元FM局の公開生放送でも、学力テストの結果公表の必要性を聴衆に力説。「くそ教育委員会のメンバーが発表しないと言う。府教委に任せていては立ち行かない」と述べる場面もあった。


いやいや、橋下語録を作ったらすごいことになるな、こりゃ。

それが人の上に立つ者の言葉か?

言葉だけではない。35人学級という、俺達教師にとって喉から手が出る教育政策の補助金を、
全国テスト結果の公表という踏み絵と引き換えにしている。交換条件だ。

橋下知事「自主的に公表しないと予算つけぬ」 学力調査 (2008年9月8日 朝日新聞)

「ボクの言うこと聞かないと、予算なんか

 あげないもーん」

このワガママなガキ大将の犠牲になるのは、善良なる大阪府民の子供たちだ。生徒は人質。
教師という人種の弱みを実に鋭くえぐってくれる。

人の気持ちなど思いやる気配もない数々の発言。もはや公教育に恨みがあるとしか思えない。
こんな調子で、給料も減らされ罵倒された教委や現場教師の士気が上がるとでも思っているのだろうか。
ひょっとすると幼少時に暗い生活を送ったとか、子供時代に教師にかまってもらえなかったとか、
何かトラウマでもあるのだろうか。

なんだか心に傷を負った問題生徒のカウンセリングをしているような気分になってきた。
しかし大人だから生徒じゃないな。盗撮するから変態か(笑) いやいや、モンスターペアレント顔負けの

モンスター知事トオルちゃんだ

前菜はこれくらいにして、今回のメインはこれ。長くなるが全文引用しておく。

特集/「橋下改革で夜間中学がピンチ」 (KTVスーパーニュースアンカー 2008年7月10日放送)
夜間中学をご存知でしょうか。戦争や貧困など、様々な理由で学校に行けなかった人たちに義務教育を保障する学校です。全国に35校あるんですが、このうち3分の1にあたる11校が大阪府内に集中しています。しかし、橋下知事の財政再建策により、今、この夜間中学が窮地に立たされています。夜間中学の現状を取材しました。

「やかんちゅうがくにきてはじめててがみがかけるようになりました。」「はじめはなにもわからんかったけどべんきょうしてすこしずつよめるようになりました」。「こうつうひがなくなると学校にいけません」(手紙)。
一文字一文字心をこめて、夜間中学の生徒たちが橋下知事へ宛てた手紙です。

手紙を書いた西村恵美さん(78)。西村さんは子どもの頃、結核を患い、学校に行けませんでした。戦争や、貧困、差別・・。様々な理由で義務教育を受けられなかった人たちがこの学校に通っています。この夜間中学が今、深刻な問題に直面しています。

「全員で少しずつのがまんをお願いしたい・・」(橋下知事)。
財政再建をめざす大阪府の橋下知事が夜間中学への補助金約300万円について、今年度で1割カット、来年度には廃止する方針を打ち出したのです。

西村さんは大阪市内で一人暮らしをしています。結核を患ったのは小学校に入ってすぐです。終戦の年には、15歳。働きに出て、結局、勉強の機会を失いました。
「悔しかったのは字が書けんの、読めんの、それが悔しかった」「お父さんが、もう一ぺん、1年から行きなおせ、恵美子、とこう言った。それをほんまに行き直していたらこんな苦労してへん、そのお父さんはウチが4年の時亡くなった」(西村さん)。
補助金の削減は西村さんにとっても大きな痛手です。削減されるのは、所得が低い生徒に交通費などを支給する、「就学援助制度」です。西村さんもこの制度を使って通学しているのです。入学して7年。基礎から勉強できるクラスで、ひらがなから学び直しました。

夜間中学では、給食がでます。パンと牛乳という簡単なものですが、夜まで学ぶ生徒たちにとっては、だいじな夕食です。この給食費にあてられている、補助金も、削減されることになりました。

夜間中学に通っているのは日本人ばかりではありません。この学校では生徒の半数以上を中国からの帰国者が占めています。そのひとり、リャン・チン(梁慶)さん(57)も、就学援助を受けながら、学校に通っています。
リャンさんは枚方市の府営住宅で、中国人の妻とふたりで暮らしています。言葉が不自由なため、なかなか仕事は見つかりません。内職だけでは暮らしていけず、生活保護を受けています。リャンさんが日本に来たのは12年前です。リャンさんは、残留日本人の母と中国人の父の間に生まれました。母親は中国語が話せないために離婚させられ心を病んだ末に亡くなりました。
「日本語できないとお母さんの道をもう一回歩むと思えたから毎日学校に通って一生懸命勉強しています」。(リャンさん)

おととい、リャンさんたちは、大阪府庁を訪れました。夜間中学への補助金カットについて府議会で質疑が行なわれたのです。
「夜間中学の意義はあると思っています。知事の答弁お願いします」(自民・奴井和幸議員)。
「今回極めて厳しい財政状況であることから・・・ご理解願いたい」(橋下知事)。
橋下知事は同じ言葉を繰り返すだけでした。

ようやく手に入れた学びの場です。もう勉強をあきらめたくはありません。
今、大阪府内の夜間中学に通う生徒は1400人。その半分の700人が、補助金を利用して、学校に通っています。議会最終日までに、橋下知事は譲歩を示すのか。今夜も、学び舎に灯りがともっています。



全国の3分の1が大阪に集中って、ご存知だったろうか? 俺はそこまでとは知らなかった。
夜間中学というと、じいちゃんばあちゃんのイメージがあったが、記事にもあるように最近多いのは外国人。大阪には外国人就労者も多いし、一生懸命日本語を習ってるんだな。
社会情勢の変化とともに、夜間中学もその在り方をかえてきているわけだ。

外国人数については、本川裕氏のHP「社会実情データ図録」中の「都道府県別外国人登録者数」を参照されたし。見やすいグラフと分析があるので、ぜひご覧いただきたい。

で、橋下知事はそういう夜間中学をつぶしにかかっている。

夜間中学だけではない。私学の助成金をカットしたり全国テスト結果公表で地域差をさらけ出そうとしたり、要するに、貧乏人、頭悪い子供、地区、在日、外国人、社会的に弱い者にとって、助けるどころか酷な政策ばかり次々と打ち出している。こうなってくると、単に教育政策がどうこういうレベルの問題ではない。

橋下知事の弱者切捨てがはっきり見えてきた

橋下徹知事にとって、大阪府は中央進出の単なる足がかりに過ぎないとささやかれているが、
にしても、これはやりすぎではないか。トオルちゃんの通った後にはペンペン草も生えないぞ。
反発というレベルを通り越して、そのうち闇からブッスリやられてしまうのではないかと、
人事ながら心配になってきた。いやマジで。

しかし口のへらない橋下知事、いっぺん夜間中学に入学して日本語を教えてもらったらどうだ? こういう物言いをする大人が上に立っていたのでは、俺達教師は、同じ大人として子供たちに合わせる顔がないではないか。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
モンスター知事
橋下知事の「くそ」発言を知って、学力テスト得点は地教委が頑張っても知事自身が頑張っても意味のないものではないかと、県別の得点と経済格差の相関でも出そうかとデータを探していたら、貴ブログにたどり着きました。どうやら相関を計算する必要はないようです。8月初旬に鮮やかに示しておられます。私も大学まで大阪府民でしたが、自分を客観的に見られない知事に見込まれて、さぞ大変なことと思います。月並みで失礼ですが、頑張って続けてください。
【2008/09/09 Tue】 URL // jsds001 #wm5n2XIM [ 編集 ]
批判のための批判、という印象
揚げ足取りに必死だな。2chの反応はこうですよ。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1172902.html

・学力テストを今後指導に活用するために結果公表するのは当然。批判が怖くて逃げ腰になっている教委に予算など不要だ。
・問題ある施設に抜き打ち検査でチェックし、管理するのも当然だ。橋下を批判する前に問題ある施設を批判しろ。
・金払うのが嫌なら公立行け。私立で補助金なんて贅沢なんだよ。
・今の大阪府で警備費をキープするのは財政的に無理。打出の小槌でももってんのか。

貧乏人、頭悪い子供、地区、在日、外国人、社会的に弱い者…
どいつもこいつもいわゆる弱者利権や既得権益というぬるま湯にどっぷりつかっていた守られてきたやつらじゃないか。
そんなに大阪が嫌ならとっとと出て行けばいいだけの話。

断固、橋下支持!
【2008/09/09 Tue】 URL // 橋下支持者 #mQop/nM. [ 編集 ]
情報公開なんてとんでもない!そんなことをしたら教育者までが競争原理にさらされます!受験戦争をするのは生徒だけで結構!

大分の教員試験のようにペーパーテストの結果よりも、全人格的な評価を重視する古きよき日本の伝統を固守すべきです!
人間が大事!人格者たる教師をなめてるのか!
ファシスト知事を追放しろ!
【2008/09/10 Wed】 URL //  木村 #EGTCt1XI [ 編集 ]
>jsds001さん
橋下知事は、どうしても過激さが目立ってしまうので、そのあと実際はどうするつもりか見えにくいのが難点です。振り上げた拳を引っ込めることもしょっちゅうですし、結局どうするのかと。パフォーマンスであれ何であれ、実質のお手並みを見せて欲しいと思います。

>橋下支持者さん
一瞬、誤爆かと思いましたよ(笑)
まさかこのブログに釣りまで現れるとは思わなかったな~。
まあそれにしても、橋下知事絡みとなると、一般の関心もずいぶん高いようですね。こんな辺境のブログに、普段ならコメントどころか絶対に読むことすらないような人まで来てしまっているんですから。橋下効果も大したものです。変な所に迷い込ませてしまってお気の毒です。
【2008/09/10 Wed】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
(府政は)裁判とは違うのだよ、裁判とは!
こんにちは。
全面的に同意すぎて困るのですが(笑)、ちょっと書かせてください(_)


> 「公表するかどうかで補助に差をつけなければならない」

職権乱用も甚だしいww
あなた弁護士でしょ? 法律の専門家でしょ? えぇえぇ?と問いたくなる。

そんなアメムチ的な、やり方が、大人に通用すると、本気で思てはりまんのんかいな? えぇえ?(笑)


> モンスター知事

言い得て妙ですね。
広まるかな? ワクワク(ちょっと不謹慎だけども、流行語大賞を狙いたいところですな(苦笑))


> 特集/「橋下改革で夜間中学がピンチ」

いや、圧政すぎるでしょアンタ?!
これホンマに現代? えぇ?
なんか、一世紀ぐらい間違えて昔にタイムスリップしちゃったんじゃなくて?(笑)

いや~、これは伝説ですね。
現代に残る伝説ですね。

圧政というのはこのようにしてつくられていくのかという、その一部始終を、まさか私たちが体験できるとは、思ってもみませんでした。
(圧政なんて、歴史のキョーカショに出てくるムカシノハナシか、あるいはヨソノクニノハナシだとばっかりおもってましたから、不勉強ながら。)


> 「今回極めて厳しい財政状況であることから・・・ご理解願いたい」(橋下知事)。

私はこの府議会の一部始終を傍聴したわけではありませんから、この言葉からしか判断できませんけれども、まったく説明になっていませんね。
説明というのは、(これもまえにコメントさせて頂いたことの繰り返しになってしまいますが、ここでは)(1)「夜間中学に通う人たちが犠牲になってでも成し遂げなければならない何かとはいったい何なのか」ということに対する言及と、(2)その対象が、夜間中学への補助金該当分を以て充てることの妥当性について、任意の大阪府民が納得するだけの理由を提示してはじめて構成されうるものです。

(1)は何でしょうか。大阪府の財政が逼迫していることでしょうか。
「大阪府の財政の逼迫が ち ょ お っ と だ け 解消されること」と「補助金がないと夜間中学に通えない人が、補助金のおかげで、かろうじて通えていること」という2つのメリットのうち1つしか選べないとき、大阪府としては、どちらを選ぶべきなのでしょうね。
こういう基本的な、(私のような素人でも分かりそうな)政治的選択を行なうにあたって参照されるべき、原則的な基準をすら踏まえない、府の代表者って、いったいなんなんでしょう?
誰しも府の代表者という地位におさまると、冷静な判断力を失ってしまうというようなものなんでしょうか?


> 橋下知事は同じ言葉を繰り返すだけでした。

同じ発言を繰り返すだけというのは政治家(もしくは公的な場所での謝罪者)の十八番であって、そういう態度をこそ府知事は批判していたのではなかったか?

いったい、府民に、なにが示されているというのでしょう?

府知事は、「こんなことだったら、財政難のままのほうがよかったわい」という府民の声がどこからともなく湧き上がってくるかもしれないということを考慮されないのでしょうか?



「学校教育を考える」というブログをやっておられる方が、学校がなくなったら一番困るのは誰か、という問題を提起しておられます。
http://blog.goo.ne.jp/madographos/e/1acb1585d932730cd6504a7705761b41

私は、学校がなくなったら一番困るのは、経済力の弱い家庭の子どもだと思います。
あるいは、文化資本の少ない家庭の子どもだと思います。

だから、学校の一番の役割は、 実 は 、そういう子たちを救済することが一番優先的に配慮されるべきであって、そのことを踏まえれば、夜間中学への補助金支出ということが、いかに優先されるべきことであるかということは、論理的に理解されると思うんですけれどもねぇ。




> 橋下徹知事にとって、大阪府は中央進出の単なる足がかりに過ぎない

もしそうだとすれば、「結局、(知事は)府民のことは考えてない」ってことですよねぇ? それってどうなんだろうね。
【2008/09/12 Fri】 URL // heisan #- [ 編集 ]
教育が焦点化されていることがそもそもの問題
昨日はちょっと熱くなりすぎていたようです。
いやはや、すみません(_)

ところで、私は普段あまりTVを見ないのですが、改めて橋下知事の映像を見ると、知事の言い分も、全く分からなくはないな、とも思えてきました。

というのはどういうことかと申しますと、もし、自分が、何年も弁護士業をやってきている人間であり、その手腕を買われて知事に推されたとしたら、やはり、橋下知事と似たような行動に出るのではないか、ということです。

私が昨日書いたことは、間違ったことであるとは思いませんが、少なくとも、橋本知事の心に届く類のものでもないな、と思うに至ったのです。

「所管部署同士を競争させることで、向上を目指し、また、その競争の結果を予算配分という形で反映させることで、さらなる士気を仰ぐ」というやり方は、たしかに、一部の企業では有効に機能してそうなやり方ではあると。


私が昨日書いたことで最も欠如していたと思う点は、「なぜ教育ばかりに焦点が当てられるのか」「なぜ橋下知事は、教育ばかりを見ようとするのか」という問いに関して無関心であったことです。

大阪府イコール教育業、であるならば、財政難解決のための手段として、教育予算の削減に打って出ることは、自然であると思うけれども、実際はそうではない。
大阪府は何も教育部署だけで構成されているわけではない。

それにもかかわらず、つまり、「他の部署の予算の削減も、同じくらい検討しなければ公平でない」はずなのに、教育部署ばかりが、予算削減の対象として取り上げられているのはなぜなのか。

私はその理由は、「弱い者いじめ」にあると思う。

つまり、教育部署は、一番「いじめても反抗してこない部署」であるので、そこから優先的に削減するほうが、知事の保身にとっては有効というわけである。

ああ、悲しいかな、模範となるべき知事自らが、率先して、「強いものに立ち向かうことを怖れ、弱いものから搾取する」ことを実践されるとは。


みなさん、教育が焦点化されていることがそもそもの問題なのですよ。

少なくとも私にはそう思われます。



シーサーさま、人さまのブログで身勝手な主張を行なうことをどうかご容赦ください。

heisan拝
【2008/09/13 Sat】 URL // heisan #- [ 編集 ]
heisanさん、熱く語っていただいてありがとうございます。

大阪府の予算削減は、もちろん教育だけでなく、すべての分野にわたっている は ず です。ところがheisanさんのおっしゃるように、他の分野をこれだけボロクソに叩いてはいない。これはやっぱり、叩きやすいからです。
何があっても、反撃はおろか釈明すらできず孤立して頭を下げることしかできない状況に、社会やマスコミが追い込んできたんです。
これが他分野、特に民間の利権やら絡むところになってくると、そうそう気軽にサンドバッグ代わりに叩くわけにはいきませんからね。孤立している教育を仮想敵にしておけば、それ以外の民衆はみんな幸せというわけです。

何にしろ、せめて落ち着いてまともな話し合いをやってもらわないと、罵倒と命令の繰り返しで、これから先ずっとやっていけるとは思えないです。
橋下知事も、落としどころをどう持って行くかで真の手腕が問われるでしょう。まだ見えませんが、しっかり見ていきたいと思います。

【2008/09/15 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
橋下支持者さんの書き込みに反対しないの?
>>貧乏人、頭悪い子供、地区、在日、外国人、社会的に弱い者…
この書き込み以外はほとんど常識的なことでしょう。

さらに予算削減は多岐に渡っています。
きちんとダムから始まって部落利権にもマスコミにしゃべっています。
今現在マスコミの間で教育問題が注目されているのは「くそ教育委員会」等の発言がたまたまあっただけのことです。
【2008/09/27 Sat】 URL // mad #Y723aeZ. [ 編集 ]
貧困な家庭の子供にセーフティーネットと言う意味で夜間中学等を廃止するな

そのぶん教師の退職金を大幅カットととして教育予算減らせと知事に手紙送り提案して見るよ


なんたって入学金払えない生徒の親には厳しい教師がいる癖にここでは貧困な家庭を擁護してるから
矛盾してる

魂胆見え見え このスレは教師の食いぶちや保身だけの方便にしか聞こえないから
私立行くなスレも貧しい生徒の為を思ってじゃなく 私立との競争負けたくない教師の保身のみに言ってるような感じるが否めないからね
【2008/11/26 Wed】 URL // 十六茶 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/155-d2cc47df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-  【2012/11/04 Sun】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。