公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日、街へ出たら小学生があふれかえっていた。小学校の運動会の代休だ。
そういう自分も代休だったので人のことは言えないわけだが、にぎやかな平日だった。

運動会はまだの学校もあるのだが、自分が終わってしまうとさすがにテンションが下がる。
ということで、体育会シリーズは今回と次でひと段落とさせていただく。
頭の中ではまだ駆け足の曲が鳴り続けていたりするが、また来年時期が来たら書くだろう。

読者の皆様の学校では、体育会の昼休み、昼食はどうしていただろうか。

・保護者と一緒に校内のどこで食べても良い
・生徒は保護者とは別で、全員教室に入って食べる

小学校では前者が、中学校では後者が多いのではないだろうか。
教室で食べる学校では、椅子は運動場に持ち出したままにすることもある。
椅子無しの教室で立って食べたり床で食べたり。
マナー以前の問題だが、それも体育会の楽しみのひとつということだ。

俺はどちらの学校も経験している。
生徒が荒れて保護者や卒業生と一緒にしたら何が起こるかわからない状態ならともかく、
落ち着いた状態なら、どちらでもかまわないと思う。

何にせよ、学校によっていろいろなやり方があるということは、
何かひとつに決める唯一絶対の理由がないことの証拠なんだな。
だから「中学生なんだからもう親と食べなくてもよろしい」でも
「せっかくの運動会だから、一族郎党みんなで仲良く食べなさい」でもどっちも正しい。

ただ、生徒だけで昼食を食べさせるときに、こんな理由をつけていることがある。

「親と一緒に食べられない子がかわいそうだから」

これ、本当にそうなのか? 俺はどうも胡散臭いものを感じる。

親がいない子もいるからという「教育的配慮」だそうだが、これは同時に、
他の子と家族から、みんなで一緒に食べる楽しみを奪っていることにもなる。
そもそも親が揃っていたって仕事で来れない家庭もいくらでもある。
日曜や土曜が休みの仕事ばかりではない。うちみたいに両親とも教師の共稼ぎ家庭なんか、
仕事と我が子の運動会がバッチリ重なって見に行ってやれない宿命だったりする。
 
胡散臭い何よりの理由は、それが根本的な解決になっていないからだ。
全員教室で食べることにしておけば、教師は現実から一時的に目をそらすことができる。
しかし親のいない生徒の家庭環境は何も変わらない。その場はそれで通り過ぎるが、
卒業してからもずっとそれで生きていけるわけじゃなかろう。

そうじゃなくて、その子が不必要に嫌な思いをしなくてすむように、
いろいろ考えて配慮してやるのこそ俺達の仕事だと思うんだが、世の先生方いかがお考えか。

本人が事実は事実として受け止めて普通に立ち回って生きていくために、
周囲の友達もちょっとした気遣いができるように、日ごろから種をまいておく。
「シーサー君はお母さんがいないから誰か一緒に食べてあげなさい」なんてのは最低だぜ(笑)

まあ中学校でそれはなかろう。だいたい親と食べたがらない奴だっていくらでもいるしな。

クラスや学年の生徒が優しくいい雰囲気でいられると、こんな場面で教師があれこれ口出しする
必要もなく、自然に友達同士でなんとかなるものだ。

しかしこういう雰囲気を作るのは難しい。様々な条件が必要だし一朝一夕で出来るものではない。
「全員教室で食べる」のは非常に簡単で無難だ。問題も起こらない。しかし何も生まれない。

俺は、難しくても時間がかかってもうまくいかなくても前者を選ぶ。
目をそらすことはその場しのぎだし、思考停止はしたくない。
ましてそれを「教育的配慮」という一言で片付けてしまうのは偽善にすら思える。

おっと、ちょびっと熱くなっちまったな。
言っとくが、俺はやさぐれる為に毒を吐いているわけじゃないからな。
これでも通行止めも防護壁もない体育会を夢見てるんだぜ(笑)

これ、小学校では普通にあることだよな。きっと小学校の先生は難なくこなしていると思うのだが、
良く分からないのでコメントは避ける。誰か小学校の様子を教えてくださいm(_ _)m


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
シーサー先生の意見に大賛成です。
親と一緒に食べられない子がいることに配慮して、と「偽善」をいうなら、弁当そのものも「一緒」にすべきでしょう。というか、はじめから親を運動会に呼ばないべきです。本当に、親が来れない子のことを想うなら…。
【2006/09/27 Wed】 URL // おしょう #- [ 編集 ]
いらっしゃいませ
おしょうさん、コメントありがとうございます。

「教育的配慮」という言葉は、理由を聞かれて困ったときに、とりあえず言っておくとその場しのぎになるという困った言葉です(笑)
「○○○になるように(ならないように)教育的配慮をする」の、肝心の前の部分が抜けてしまうと意味不明。困ったことに現場でもよく使われます。

あとねえ、「かわいそう」という言葉も乱発すると偽善にしかならない。
真剣に考えたら、そんな簡単な言葉で突き放して終わりにはできないんですよ。

などと理屈を練りながら、日夜良い方向を探っております。
今後ともよろしくお願いします。
【2006/09/27 Wed】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/27-a44bc5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。