公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく大人向けの話題ばっかり続いたので、ここらでちょっと中学生も参加できるネタを書く。

中間テストも近づいてきた中学生諸君、元気にやっているか?
うちの学校は体育会も終わって、合唱コンクールの練習が始まった。
文化祭に向けて動き出しているんだが、2学期はほんとに行事が多くて充実しているな。

さてこの合唱だが、音楽には実にいろいろなジャンルがある。
楽器を使うの使わないの、一人でできる音楽、大勢でやる音楽。
学校でやっている音楽は、あまりお金や施設がいらなくて、みんなでできるものだ。
ギターとかやっている学校もあるだろうが、こういうのは一人でいくらでもできる。
大人になってからでも出来るしバンドを組んでやることもできる。

俺は最近、三線など弾いているが、こいつは泡盛飲みながら一人で気楽に遊べる。
音楽の教科書に「てぃんさぐの花」とか載ってるだろ。沖縄な。
最近は音楽の授業で何か和楽器も教えろということになっている。
実際に授業で全員が三味線や琴を弾かせてもらえる学校は少ないだろうが、
学校でやっとかないと、実物を一生目にする機会もない子もいくらでもいるだろうな。
学校でやる勉強は、そういう意味もある。

ところで学校で経験する音楽やスポーツは、その頂点に手本となるプロや
スーパーアスリートの世界がある。
体育や部活の種目はすべてそうだ。オリンピック、ワールドカップ、各種トーナメント。
学問の世界も同様。俺はロボットで世界の舞台に立つとか、芥川賞を取ってやるとか、
今自分の立っている所からずーっとつながる将来に、輝かしい夢を抱いている者もいるだろう。

で、合唱コンクール。

実はこれ、プロに手本のない特異なジャンルなのだ

模範演奏で聴くCDは、おっさんおばはん声で、最初ちょっとおかしかったり。
中学生の為に書かれた合唱曲を中学生の声で歌うんだから、プロなんかないわな。
大人や高校生が歌ったんでは、声が違うから別の世界になる。
オペラで聴くような声で合唱コンクールやらないよな。第一中学生ではできない。

そもそも中学生は変声期真っ只中なので、1年2年3年とみんな声質が違う。
同じ曲を歌ってもかなり違うというか、パートの音域が変わって同じ曲が歌えなかったりする。
だから、1年生と3年生でも実は別世界なんだな。うまいヘタの問題じゃない。

曲の方も、新曲がぼちぼち追加されていくものの、いまだに何十年も前のレパートリーが
現役だったりする。
担任が「俺も中学校でこの曲歌ったんだ」とか熱く語りながら半ば強引に自由曲を大地賛讃にしたり。
俺は個人的にはあの歌詞は?なんだが、まあ音的には一般ウケする分かりやすく大きな曲だ。
ただし実力のないクラスがこの曲に挑むと、最後の和音で砕け散って脱力したりして、
優勝か惨敗か、担任の思いだけが空回りみたいなそんなスリリングな選曲でもある。

そういう条件の中で、クラスみんなでもめたり白けたり励ましあったり、
担任が突然燃え上がったりしながら合唱はだんだん仕上がっていく。
こういう何日間を経験しながら作り上げていくのは、もうただの音楽じゃない。
プロの世界にすら手本のない音楽、中学生がみんなでやるための音楽、
そして大人になってから二度と味わうことのできない音楽、今しか出来ない音楽。

だから、

合唱は君達のための音楽。君たちの歌声が最高だ

燃えろ!合唱コンクール。

日本人は、50歳代ぐらいから下の世代は全員リコーダーが吹ける。これって実は凄くないか?
うまいヘタは別にして何かの国家的策略かと思うくらいだ。有事には国民全員リコーダーを手にとか(笑)


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
ううむ。
横田めぐみ嬢、小学校段階で『流浪の民』歌ってたんですよね。

中学生が歌っても「実に意欲的な選曲だ」と審査員に褒められるような難しい曲なんですが。

学校によっては生徒の希望を最優先して歌謡曲をむりやり混声4部にアレンジして歌っているところもあるけど、あれも違和感が残りますね。
逆に、朝会で校歌を4部合唱させている某中学校。
生徒が主旋律で校歌を歌えなくなっていることに対してOB達が腹を立てている事実、知らないでしょう?
教師の自己満足でそういうこと始めちゃダメだって。
【2006/10/06 Fri】 URL // 対抗部隊甲 #YK3S2YpI [ 編集 ]
校歌は校歌
あああ、校歌の合唱アレンジ。あれは本当に音楽教師の勘違いです。
校歌のなんたるかを解ってない。卒業してから一人で口ずさめないじゃないか。大人になって校歌もまともに歌えない生徒を育ててどうするんだ!
ということで自分の学年の卒業式は断固として斉唱で通しました。

ポピュラーやフォークのアレンジものって、なんであんなにダサいんでしょうね(笑) そもそもみんなで歌う曲じゃないし。せっかく専用のいい合唱曲があるんだから、なぜそれをやらないのか。
ポピュラーやフォークを全然知らない音楽の先生が伴奏したりすると、さらにひどくなったり。そのリズム何よみたいな。それが自分の好きな曲だったりすると、無性に悲しかったりする中学生でした。
【2006/10/07 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
合唱コンクールきましたね~。
本番、休み明けの水曜日です。(笑)

うちのクラスすごい燃えてます。
女子はもとからだったんですが、最初は男子は全く歌わない状況でした。(苦笑)
それでとある先生に思いっきり怒鳴られてから、
「あの●●を見返したんぞぉー!!!」「オーゥ!!!」って頑張ってます。(笑)

自由曲。私のところは「さよならと言おう」です・・
本当は「心の瞳」という曲になるはずだったんですけど、分化委員さんがジャンケンに負けたらしく。
この季節に歌うにはどうかと思う歌になってしまいました。(笑)
でもまぁ頑張ってます^^!

中間テスト・・まぁなるようになるでしょう^^;
【2006/10/08 Sun】 URL // ちあき #- [ 編集 ]
クラス全員でひとつのことをするってのは、他になかなかないからねえ。そういう意味では合唱コンクールって貴重な行事だよ。
体育会はそれぞれの活躍が目立つし、マスゲームは学年だし、大縄跳びは、一人でもミスるとそこで止まってしまうという有無を言わせぬ残酷さがあるしね。

それに比べたら合唱は、少々音程はずれてても何とか包み込まれてしまう優しさがある。音痴が晒されることもない。心をひとつにできるかどうかは知らんが、最初はやる気がなかったやつも、最後には響きをひとつにすることは確実に出来る。

ということでちあきさん、クラスのみんなと一緒に完全燃焼してください。
【2006/10/09 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/32-0829175a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。