公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履修不足問題関連で、気になる記事があったのでもうひとつ書いておく。

未履修生徒の救済策検討 首相が文科相に指示 (10月28日 中国新聞)

 安倍首相は二十七日、官邸で記者団に「子どもたちに原因があるわけではなくて、学校側に原因があり、教育委員会もチェック機能を果たし得なかったことに問題がある」と指摘。その上で「子どもたちの将来に問題が発生しないよう対応すべきだと考えているし、そのように指示している」と強調した。


教育委員会のチェック機能云々とあるが、

私学と国立は教育委員会の管轄外なんですけど

チェックするも何も、たとえ教育委員会の目の前に校舎が建っていても、日頃のお付き合いもなければ
もちろん発言権もなーんにもありませんから。
当然その学校の中でどんな授業をしているかなんて分かるはずもない。
だからこういうこと↓になるのは当然なんだな。

必修漏れ、私立高は 遅れる実態調査(10月29日 朝日新聞)

これ、案外一般の人は知らないんじゃないか? ひょっとして安部さんも知らなかったかも(笑)

マスコミでも知らない奴はいる。こんな実例がある。

大阪府池田市にある附属小学校の事件、あれは大阪教育大学附属小学校で国立の学校だ。
だから池田市の教育委員会も大阪府の教育委員会もまったく関係ない。
治外法権、国の直轄地だな。

ところが事件後、池田市教育委員会に取材や問い合わせが殺到したそうな。
なーんにも関係ないのでコメントのしようもない。鳴り続ける電話に延々と対応を繰り返したそうだ。

池田市教委は、管轄外の学校の事件で騒然とした街の諸々から市立学校の子供達を守るために、
また、市立学校に通う附属小学校児童の兄弟や親のケアのために、
そして時としてまったく人手の足らない国立校周辺の警備員として、忙しい毎日が続いたそうだ。
まあそんなこともあるわな。管轄外だからって目の前のを放っておくわけにもいかんだろ。
それが教師の性(さが)だからな。

教育委員会不要論を唱えているどこぞのお偉い方々よ。教育委員会なくしたら、
あんたら代わりにこういう仕事もやってくれるんだよな、な?


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキングにほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
接点
>私立校
最近読んだ小説も舞台が私立高校でありながら「教育委員会から指導」云々ってセリフが出てきて白けました。知事部局そのものがそれほど存在かある訳じゃないから仕方ないか。

先日のニュースで県内の私立高校野球部が県教育長を表敬訪問したと聞き、少し意外に思ったり。高総体出場ってことだったのですが、スポーツが絡んでくると教育委員会と無縁というわけにもいかないようです。

>国立校
ただ、付属校の場合その教職員はかなりの比率で都道府県教育委員会からの派遣ですね。一旦、地方公務員を退職(書類上の形式的なものですが)してから赴任という実に奇々怪々なことをやってますが。(そう言えば県立高校から市立高校(県内唯一)に赴任する際にも同じことをしていたような。)
だから組織上はともかく、その都道府県内にある国立大学の付属校の場合、県教委は相当内部を掌握しているかと思われます。ある程度までは人事にも口を挟めるのかどうかは不明ですけど。
何かあった場合、完全に知らん顔は出来ないでしょうね。
【2006/10/29 Sun】 URL // 対抗部隊甲 #YK3S2YpI [ 編集 ]
附属校の教員、こちらでもそうです。市立や県立から普通に転勤していく。で、何年かしたらまた戻ってくる。国立単独で一から教員を養成できるほどの規模はないですからね。一般の自治体職員から実績のある者を一時的に調達して使っている感じです。だから附属の教員にも知り合いがたくさんいて、外から気をもんでいたという・・・

給与の切り替え、委員会へ出るときもそうですよ。県費→市費になって基本給下がった(T-T)とか、管理職で現場へ戻るときもまた切り替えとか。

スポーツは、私立どころか学校ではない一般のスポーツクラブまで絡んできて、おかしなことになってますね~。これはまた別項で記事にします。
【2006/10/30 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/38-238eba51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。