公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自傷行為:不登校の中学女子生徒、教諭訪問後に 布団めくられ--鹿児島・奄美

 鹿児島県・奄美大島の公立中学校で、不登校の1年女子生徒(13)が今月、1泊2日の自然体験学習への参加を促す学年主任の男性教諭(37)の家庭訪問後に、ショックで自傷行為に及んでいたほか、「首をロープにかけた」と話していることがわかった。教諭は家に上がり込み、寝ていた女子生徒の布団をめくるなどしており、校長は「行き過ぎで配慮に欠けた」として本人や両親に謝罪したいと話している。
 学校や教育委員会によると、女子生徒は2学期から不登校だった。同校は今月18、19日に泊まりがけで自然体験学習だったため、学年主任が18日朝、男子生徒と一緒に参加を促すため、自宅を訪問。呼び掛けても返事がなかったため、「入るぞ」と声をかけて上がり、リビングで頭から布団をかぶって寝ていた女子生徒の布団をめくって「一緒に宿泊学習に行こう」と声をかけたという。
 学年主任が帰った後、女子生徒は父親に「もう駄目」と電話連絡。父親が昼過ぎに帰ると、床に座り込み、泣いていたという。右足太ももにははさみのようなもので傷つけたような跡があったほか、「フックにロープをかけ、首をかけた」と話したという。(10月28日毎日新聞)


【問い】
この記事を読んで、何が問題だったのか適当と思われるものを次のア~オから選んで記号で答えよ。

 ア.返事がないのに生徒の家に上がりこんだこと
 イ.寝ていた女子生徒の布団をめくったこと
 ウ.他の生徒を一緒に連れて行ったこと
 エ.「一緒に宿泊学習に行こう」と誘ったこと
 オ.生徒が自傷行為に及ぶ結果を招いたこと

【考えるヒント】
 ア.そのとき保護者は家におらず、生徒だけだったと思われる。下手をするとあとで親に
   不法侵入だと訴えられる恐れがある。
 イ.プライバシーにどこまで立ち入れるかだが、女子生徒の場合は良くてセクハラ、
   下手すると変態強姦魔扱いされる。特に1対1の密室は要注意。
 ウ.「一緒に来た男子はニヤニヤ笑って部屋の中をのぞいていました」などと証言されると
   教師が他生徒と一緒に不登校生徒をいじめたことになる。
 エ.不登校の場合、不用意な登校刺激(この場合は宿泊学習に誘うこと)が逆効果となる
   こともあるとされている。無理強いしないのが最近のトレンド。
 オ.結果論には勝てない。布団をはがしてうまく登校してくれたら教師の手柄だが、
   読みが外れるとこうしてドツボにはまるという、一か八かの賭けのようなもの。

今時の教師の仕事がどれだけ複雑か、少しでもお分かりいただけたろうか。
生徒を迎えに行くだけで危ない橋を渡ってるわけだ。一歩誤ると極悪教師として晒される。

しかしだな、こんなことは昔はなんでもなかった。
20年前なら「そんなもん、叩き起こして連れて来い!」と先輩教師に言われた。
それくらいできないと、指導力不足のダメ教師扱いされかねなかった。

俺も若い頃、迎えに行って布団をはがしたことくらいあるぞ。ついでに着替えと洗面も。
ただし母親が見てる前で了解の下にだけどな。
もちろんいきなりではなく、何日も通って登校途中で逃げられたりを繰り返して、
母親とはすっかりおなじみになって、隣人にも「また先生来てる」とか覚えられていた。
布団めくりという荒業をやっていい生徒とそうでない生徒、その日の精神状態、
いくつもの微妙な条件とタイミングが必要だが、それ一発で特効薬にはならん。
いろいろやり取りがある中のほんの一場面に過ぎない。

10年前なら、「あの担任は今日もがんばってるようだな」と、校長あたりがつぶやいた。
それがニュースになることなど思いもしなかった。

今はこのざまだ。時代は変わっているのだ。生徒も親も世間も。

【解答】
この先生は時代が読めなかったんだな

選択肢以前の根本的な問題だ。だから校長も助けてくれないだろ。
「行き過ぎで配慮に欠けた」だってさ。もし生徒が宿泊学習に来ていたらこうは言われない。
しかし結果は結果、惨めなものだ。わざわざそこまでやることなかったんだよ。

朝、一人の生徒を迎えに行っていると、その間クラスの他の生徒は放置されることになる。
それはそれで問題なのだが、これはまた別の機会に。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/41-7e49884d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。