公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テストの成績で学校への予算配分決定という発表で世間をにぎわせた足立区教育委員会だが、
あまりの反響に路線変更したようだ。

「特色ある学校づくり予算」の報道について (11月16日足立区教育委員会)

読んでみると、何やらよく分からん都合のいい問答が書いてあって苦笑してしまうが、

査定基準及び「ABCD」の4段階に区分した基準表は使用しないこととします。

とあるので、要するに成績別の予算配分はやめましたってことだな。
まあ当然だな。路線変更しておきながら誤解だとか言い訳せんでもよろしい(笑)
その言い訳についての突っ込みは、俺がやらなくても懸命な読者の皆様ならよくお分かりのことと思う。

この顛末で評価したいのは、このソースが報道ではないということだ。
足立区のホームページに掲載された公式発表なんだな。

教育関係が珍しく自分の口でモノを言った

以前は、我々のような一般大衆は、事件や出来事を報道を通じてしか知ることができなかった。
今は違う。当事者が世間にじかに伝えるネットという手段がある。
だから、誤解を招くような報道や意図的にコントロールされた報道に対して一矢報いることは可能だ。

なのに、教育関係はなぜかそれをしていない。ほとんど言われっぱなし。デマに近いような報道も放置。
特に大きな事件や不祥事になるほど学校は口を閉ざしてしまい、本当のところは分からなくなる。
「あの事件、あとはどうなったんだろう?」って思ったことありませんか? 
いじめがあったかなかったか、なんて、そんな○×的な短絡思考でヒステリックに騒ぎ立てる報道だけで、
皆様のゴシップ欲は十分満たされているのか? なにか足りなくないか?

教育関係のニュース、それも事件や不祥事を知ってものを考えようとするときに、
いつも足りないものがあることに皆様は気づいているだろうか。

足りないのは当事者の言葉だ

学校や教育委員会が記者会見をしたなら、その動画を全部、きっちり自分のサイトに掲載してみろ。
報道が尺を作るのに都合のいい所だけ編集して並べた記者会見の様子なんかもううんざりなんだよ。
まさか、報道相手に発表できても一般大衆には非公開なんてことはないよな。

学校が、保護者を集めて説明会をしたなら、その原稿を公表するだけでもいい。
個人名の公表が人権問題で突っ込まれるとか言うなら、そこだけ伏字でも構わんからサイトに出せ。
ニュース見ててもな、夜に照明のついた体育館にぞろぞろ入っていく保護者のケツばっかりなんだよ。
その中で何を説明したのか、きちんと世間に情報発信してみろよ。自分の手で。

たとえ発表した内容がヘタレでも、また突っ込まれることになろうとも、そんなことは関係ない。
報道のフィルターを通して調理された情報でなく、生の情報が当事者の手で発信されたら、
それはそれでまた違った展開になるぞ。世間の皆様も馬鹿ではない。善意の人もいくらでもいる。

俺達教師には、権力も身を守る防具もほとんどない。人的資源も足りない。
しかしネットなら、うまく使えばチープ革命とまではいかないが、言われっぱなしではなくなる。
「開かれた学校」というお題目があるが、校門開けっ放しにしたら不審者が侵入する世の中だ。
しかし情報はもっとオープンにしてもいいと思うのだがどうよ。皆様も見たいだろ?
開示請求みたいな受身のやつばっかりでヒーヒー言わされてたらダメだぞ。
大変なときこそ積極的にアウトプットしなくては。

現場では、隣の学校で大事件が起こっても内部情報は何も入らない。
報道だけが情報源という実情。これについてはまたいずれ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
ネットの力で勇気を
はじめまして。自殺問題でネットをあちこち見ていたら、このブログを見つけて愛読者(笑)になりました。高校で音楽を教えております。
マスコミの無責任な報道・世間の無理解に負けないように、ネットを通じて声を上げることが、私たちの勇気につながると思います。
中学の音楽の先生の自殺にしても、その後に反省が生かされていない。
改善に向けての道は厳しいかもしれないが、同じように思っている人がいる、ということが分かるだけで、大きな力になると思います。
【2006/11/23 Thu】 URL // umigame #JalddpaA [ 編集 ]
いらっしゃいませumigameさん
昔、「世界に情報を発信しよう」なんていうキャッチフレーズがありましたが、今思うと恥ずかしいですね(笑)
世界に発信なんてお気楽なことを子供に教えている暇があったら、ネットは時には自分の身を守るための武器にもなるんだということを、大人が自ら示してやらにゃいかんと思います。

ネットで手本になれる教師なんかいったい何人いることやら。ネットは見たこともないとかチャンネルツーとか言ってる無知な管理職ならいくらでもいますけど(笑) こんな奴がネットの害から子供を守れなんていう資格があるのかと。殺すとか死ぬとか爆破するとか書き込む腐れ餓鬼といい勝負です、まったく。知らずに偉そうに言うのも知って悪ふざけするのもどっちも馬鹿です。

ということで私は、ネット不良教師として精進いたしますので今後ともよろしくお願いします。
【2006/11/23 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
武器にもなるんだということを示した例
私の知ってる学校での例でしたが。

生徒間の暴力事件があったものの、暴行側生徒の推薦入試を控えていたこともあり、なあなあで学校側が納めてしまいして。

被害者側は泣き寝入りするどころか、事件の始まりから学校側のぬるい対応までの一部始終を大規模掲示板で暴露。
学校側は削除依頼もしないまま放置していたら、そのうちにそれが地元新聞社の目にとまり、そのまま社会面ですっぱ抜かれました。学校側は大打撃です。

見事に一矢報いてしまったという・・・・
【2006/11/25 Sat】 URL // 甲 #YK3S2YpI [ 編集 ]
おおっ、一本取られた例ですね。

ちょっと前までは「教育委員会に言う」というのが学校にとって打撃になると信じられていましたが、さすがに最近の様子では実態がばれてますね。
学校を攻撃しようとしてマスコミに垂れ込むのもいいですが、逆に自分も都合よく料理されるのを覚悟しとかなきゃいけませんからね。
その点、ネットを使えば、とりあえず自分の言いたいことは全部言えるわけで。マスコミも書き方を考えないといけないしね。

しかしそもそもそんな歪んだ推薦入試なんかやってるから、そういうことになる。な~にが推薦だ(笑) これはまたいずれ書きましょう。
【2006/11/26 Sun】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/45-d5a876e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。