公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「出席停止」見送り 教育再生会議、いじめ問題緊急提言 (11月29日 朝日新聞)
 安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)は29日、首相官邸で総会を開き、いじめ問題で8項目の緊急提言をまとめて発表した。いじめは「反社会的な行為」で「見て見ぬふりをする者も加害者」とする一方、いじめを理由とする転校が認められていることを周知するなどとしている。

 首相は会議で「即実行できるものはさせていただく」と述べた。ただ、提言にはこれまでの施策を超えるものはなく、強制力もないことから、実効性が上がるかどうかは今後の課題だ。

 提言では、いじめた側の子供に対して「指導、懲戒の基準を明確にし、毅然(きぜん)とした対応をとる」とし、社会奉仕や個別指導、別教室での教育などを例示。当初は「出席停止」処分の積極的な適用を盛り込むことも検討されたが、委員から「教育には愛情が必要だ」といった慎重意見が出たことや、1948年に「懲戒の手段として授業を受けさせないという処置は許されない」との当時の法務庁長官の見解があることなどから、見送られた。池田守男座長代理は記者会見で「社会情勢を見ながら、どうあるべきか検討したい」と述べた。

(以下略)

いじめ問題への緊急提言 教育再生会議公式発表PDF(ソースはこちら)


前回疑問を呈した、いじめ出席停止、なんと形にならずに消えてしまった。
結局出てきたものは朝日新聞いわく「これまでの施策を超えるものはなく、強制力もない」
開いた口がふさがらない。何なんだ、いったい。お前ら集まって何やってるんだ。

出席停止ってハッタリだったのかよ

これには実際ぬか喜びさせられた人もいる。あちこちブログを読んでいると、いじめられている子の母親が
やっと私達のために動いてくれた、どうか出席停止に反対しないでくれと切々と訴えているのがあった。
このニュースを知って、親子ともどもさぞや肩を落としていることだろう。たった3日だったもんな。

俺は反対したわけではない。簡単なことじゃないぞと警告を発したんだが、
やっぱり素人さんの思いつきに過ぎなかったようだ。やれやれだ。

さすがの朝日新聞も「これまでの施策を超えるものはなく、強制力もない」と、その無為無策に
あきれ気味のコメントを出しているので、今回はその解説をしてみることにする。

・いじめを見て見ぬふりをするものも加害者である

 こんなの現場では大昔から言われてる。「するを許さずされるを責めず、第三者なし」ってな。

・学校は、問題を起こす子どもに対して、指導、懲戒の基準を明確にし、毅然とした対応をとる。
 ~例えば、社会奉仕、個別指導、別教室での教育など、
(以下略)

 個別指導も別教室も当たり前。そんなもん大昔からやってるって(笑)
 社会奉仕って、放課後学校周辺の歩道の清掃とか公園のシケモク拾いとかだろ?

 それってただの罰当番じゃん

・教員は、いじめられている子どもには、守ってくれる人、その子を必要としている人が必ずいるとの指導を徹底する。日頃から、家庭・地域と連携して、子どもを見守り、子どもと触れ合い、子どもに声をかけ、どんな小さなサインも見逃さないようコミュニケーションを図る。いじめ発生時には、子ども、保護者に、学校がとる解決策を伝える。

 それが難しいからこんなことになってるんじゃないか。学校がとる解決策って、

 それ考えるために集まってるんだろ?

・教育委員会は、いじめに関わったり、いじめを放置・助長した教員に、懲戒処分を適用する。

 これは結構。どんどんやってくれ。どんどんクビにして・・・ 
 ところで替わりの教師はいるんだろうな?

・教育委員会は、学校をサポートするスキルを高める。

 だからどうやって? 人を増やしてくれるのか? 増やさないよなあ、必死で減らしてるところだから。

だんだんあほらしくなってきた。当たり前のことばっか。新鮮味ゼロ。詳しくはオリジナルのPDF読んでくれ。
最後の方なんか生徒会の会議でも出てきそうな簡単な内容だから、親しみやすいぞ(笑)
あーあ、なんかもう脱力だ。
出席停止、もうちょっと案があるのかと思って密かに1%ほど期待した俺が馬鹿だった。
教育再生会議よ、まず自分達のアタマから再生しないとダメだぞこりゃ。

いじめられた子や親は、これではあんまりだ。
ということで次回は、いじめられた子のためにちょっとだけアドバイスする。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキングにほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/47-bda2b8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。