公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
専門家が集まって教育再生の為に知恵を出し合うはずだった教育再生会議。
知恵どころか大真面目な与太話まで出ていて失笑を禁じえない。
とは言え、メンバーが自分の専門の立場からものを言う場合は、当然力が入っているだろう。
要旨や議事録を読んでいるとそれが伝わってくる。

しかしいつまでたっても話がまとまりそうにもないが、これにはちゃんと理由がある。
会議自体がヤラセの茶番で総理の陰謀だ、なんてオチではないから安心して読んでくれ(笑)

教育現場、特に小中学校で最も重要なのは突出した専門性ではなく、あらゆる要素を考慮してプロデュースするバランス感覚だ。

俺の場合、授業の内容そのものに費やしているエネルギーは、全体の1割程度だろう。
授業というライブを構成する要素は、自分の発声や板書(黒板に書く内容な)に始まって、
その日の生徒の体調や虫の居所、天気や気温や学校行事、今は何時間目か前後の教科は何か、
蜂が窓から飛び込んできた選挙街宣車で話聞こえねえ○○君鼻血出ました先生トイレ等々。
実に雑多なイベントの入り混じった50分間のパフォーマンスだ。

勉強の中身そのものよりも、それを教える技術がもっとも重要なのが小学校。
だからたまに小学校の授業を見る機会があって、うまい先生の授業だとそのパフォーマンスに
驚かされることがある。もっとも一歩間違うとカリスマ教祖様になっちまうんだけどな(笑)
大学になると学問の中身は高度になっても、教える技術はそれに反比例していたりする。
講義ノート見ながらブツブツつぶやいて板書するだけのひどい授業が多かったなあ。

話を戻して、授業だけでこんな調子で事務仕事も山のようにあるし、お金の取立てもあるし
お電話1本で放課後のスーパーでも公園でも走っていくし、授業以外のドタバタの方が多い。
行事となると、大縄跳びひとつやるにしても苦手な子や跳べない子への配慮が必要。
生徒だけでなく、最近は保護者への対応に膨大な時間を費やすことも多くなっている。

例を挙げていたらきりがないが、要するに学校ではたくさんの生徒が長時間過ごしているので、
あらゆることが起こり得る。それを総合的にこなしつつ、自分達では出来ないことは専門家に任せるべく段取りをつける。プロデューサーでもあり同時にマネージメント能力も要求される。

だから、たとえばこういう専門家の声は、そのままでは現場で役に立たないこともある。

第3回 規範意識・家族・地域教育再生分科会(第2分科会) 議事要旨 p.2~3
(小谷委員)
心の健康のためには体の健康が必要。1番を目指して、がんばればその中から学びとることは大きいと思う。ここでは、「30人31脚」と「ノルディックウォーキング」を提案している。「30人31脚」はテレビで見て、非常に感動した。30人が息を合わせないと進めない、ここから助け合うことを学べるので、学校でもすぐ取り入れたらいいのでは。「ノルディックウォーキング」はただ散歩するのではなく、ストックを持って歩く。背筋が伸びて、スピードがでるので、気持ちの中で筋が通り、爽快感が得られる。学校の教育でも放課後のプランでも取り入れていただけたらと思う。


以前にも書いた30人31脚、小谷実可子氏はアスリートとしてメンバーに加わっているのだから、
こういう具体的な提案は別に不自然ではない。
ただ、生の素材は、方向性は間違っていなくてもそのまま現場で使えるとは限らない。

シンクロチームに泳げない子がいたらどうするのか?

俺が小谷氏に聞いてみたいのはそういうことだ。きっと何かいいアイデアがあるに違いない。
これは皮肉ではない。俺はイルカと一緒に泳ぐ小谷氏を見て素直に感激したクチだしな。
教育再生会議に本当に現場を知るアレンジャーがいたら、そこまで突っ込んで各メンバーの知恵を引き出してくれたに違いない。

教師ではないメンバーが現場の実態を知らないのは当然だから、現実的な問題点を提示し、
それに対して有識者から意見を求める局面があって然るべきだ。
その意向を汲み取って、現場に即した形にまとめあげるのが会議の役割だ。

・・・と俺は思っていたんだが、どうもな。違うみたいだな。

あの会議は船頭ばっかりで水先人がいない

座長みずから塾禁止とか言ってたんじゃ、まとめるどころかメンバーの専門性も生かせないわな。
あ、もう座礁してるか。

やっぱりテレビだったね>小谷さん(^^;
しかし現場を知る者はさぞやはがゆいことだろう。次はコメントするからな>義家氏


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
溜飲の下がる思い
「教員免許更新制度」からヒットしました。某県で高校教師をやっているものです。夏休みや冬休みになると、「いいね、生徒が休みだと先生も休みだから」といわれ続けて20年。現状を知らない輩の多い世の中です。「教育再生会議」とやらも、いろいろな人が思いつきでいろいろなことを言ってますね。同じことをしているのに行う人それぞれに結果が変わる、って当たり前のことを理解できない人の集まりみたいです。
私は、泳げません。(だから水泳部の顧問は断りました)運動も苦手です、(だから長縄ではいつも私が引っかけます)
30人31脚やったら、誰でもテレビに出ているみたいに感動するか?
あそこまでもっていくのに、あの先生たちがどれだけ苦労してきたか、一回自分でやってみれば分かるのに。ワタミさんもそうだけど、72から55を引くのですら暗算でできない高校生を教えている人の身にもなってみろって!!シーザーさんのブログを見てなんだか楽しい気分になってしまった、師走の一日でした。
【2006/12/29 Fri】 URL // 無知の知 #- [ 編集 ]
今年の後半は本当に教育関係のニュースが世間を騒がせてくれましたね。
しかし関心は引いたけど、良い方に向かっているかというと、教育再生会議は迷走を続けているし、通ってしまった教育基本法は現場に下りてくる時にはどんな形になっているのか不気味です。

このブログで書いていることは現場の人間にとっては別にめずらしくもないんですが、世間一般の人に少しでも理解してもらえたらと思っています。それで現職の人に溜飲を下げてもらったら言うことはありません。今後ともよろしくお願いします。
【2006/12/30 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
はははは、たしかに、座礁してますよね。
…教育再生会議って、何を目指して主催されているんでしょうね。
政府の「何もしていなくは無いよ!専門家による検討会はしましたよ」って言ういいわけですかね?
そういう体質そのものが、問題なような気がするんだけど…。
今年もやっていましたよね、30人31脚。たしかに、子供たちは感度して、負けたら泣いていましたけど…あれ、ちょっと指導を間違っちゃうとそれがきっかけでいじめが発生しかねないですものね。それこそ、先生一人ひとりの技量がもろに出てきそうで、怖いですよね。
そういう先生のキャラクターがどんなでも!っていうのまで、ちゃんと考えて審議して欲しいですよね。
【2007/01/03 Wed】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
私も見ました、30人31脚。あれ、テレビ出演用の選抜チームが多いんですよね。2クラス合体とか。
そもそもクラスの生徒数35人とかだと出られない子もいるわけで。テレビ出演という特別な場だから許される人数調整もあるんですよね。
日常の行事はそんな簡単なものじゃない。我々はそこに苦労してるわけです。まあ、それがわかっていたらあんな提案しないでしょうけど(笑)
【2007/01/05 Fri】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/55-1417ef92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。