公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育改革関連で、久しぶりにまともなニュースだ。

文科省、若手職員に「教員修業」地方の学校へ派遣 (2007年02月16日 朝日新聞)
 学校現場の状況を知ってもらおうと、文部科学省は教員免許を持っている職員を教員として地方都市の公立中学校などに派遣し、研修させる方針を固めた。

実態調査、それもいい加減なアンケートや聞き取り、わずか何時間かの視察ではなく、
職員に教師として実際に現場を経験させようというのだから、これは画期的だ。
どこぞの素人集団に荒唐無稽な居酒屋教育談義をやってもらうよりも、はるかに現実的な
実態把握ができるだろう。最初からこういう誠実なことをやっておかないから、
お笑い再生会議が世間の顰蹙をかうことになるんだぜ。

もっとも、教育再生会議は文部科学省の企画じゃないから、うちは関係御座いませんという
話になるんだろうけどな。

で、この派遣教員、うちの学校にも来てくれたら面白いのになあと記事を読んでみると、

若手職員を対象に人選を始めており、4月から1年間の予定で2、3人を出すという。

国レベルの事業で2、3人かよ

県に2、3人じゃない。日本国全体で2、3人。俺は脱力したぞ。
これでどんなサンプリングが出来るのか、かな~り疑問ではあるが、ゼロよりはマシ。
そう言って自分を慰めておくことにする。
お願いだから、せめて問題をたくさん抱えた指導困難校に行ってくれ。
義務教育の問題点を効率よく抽出することができる。

実態がどんなものになるか非常に興味深い。派遣職員が毎日ブログでも書いて公立中学校の
悲惨な状況をレポートしてくれたら面白いんだが、無理だな(笑)

4月からどうなるか分からんが、これでは現場の教師を失望させるだけ、という例をいくつか
上げておくので参考にしてほしい。難しい話じゃない。いたってシンプル。

・毎日必ず5時に帰る
・週3日程度しか出てこない
・部活動を指導しない

そんな中途半端な戦力を頭数に入れられたら現場の邪魔になるだけだ。

逆に、これはぜひ経験して欲しいと思うものは、

未納給食費の取立て

公教育の醍醐味をたっぷり味わっていただきたいものだ。

しかし派遣教師が学級崩壊状態になったらどうするんだろうな。
そんな問題校には最初から行かさないか(笑)


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
文科省には毎年、教員免許を持つ職員が数人、入省している

↑来年度から派遣嫌さに免許をあえてとらないで入省する人が増えたりして。いや、じゅうぶんあり得るような気もしますけどね。

しかし現場も知らずして今まであのよーな施策を次々打ち出していた訳ですか。いや、知らないからこそ無茶出来たのかも。
そもそも大学以外は公立学校で学んだ経験のない官僚もけっこういそうな・・・どうなんでしょうね?
【2007/02/19 Mon】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
全国で2、3人…。
それって、いちいち新聞に載せなきゃならない程の事業でしょうかねぇ。
全国で2、3人を大げさに「実態調査!肌で感じる!」って…。
文科省は全員で10人ぐらいの組織でしたっけ?って感じですよね。
逆に、かく県なり市町村なりから先生を派遣してもらった方が、実態の把握なるんじゃないですかねぇ…。
【2007/02/19 Mon】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
別な思惑も?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000000-san-pol

私立学校が教育委員会の監督下にない、という事実は意外に知られてませんね。
とある小説でも私立校の校長が「教育委員会からお小言を~」なんんてあり得ないセリフを吐いてましたが。

穿ちすぎなのかも知れませんが「権限の地方移譲」とか言いつつ実際には文科省のプレゼンスを高めるのが目的とかいうことはないでしょうねえ?
官僚の現場派遣も、現場を知ることよりも『お上』の意向(威光でも意味が通るか)を最末端の学校現場に知らしめることが目的だったりしないでしょうね?と。
【2007/02/20 Tue】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/65-0bf79e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。