公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回からの続きで、教育の効率化について書いてみる。

ひとくちに教育と言うが、学習が教育の全てでないことは賢明な読者の皆様なら御存知だろう。
特に公教育の場合、俺達教師が授業以外の部分に注ぐエネルギーは非常に大きい。
いずれ書くが、生活指導や保護者指導、土日の部活から給食費の取立てまで、
一度でいいからエネルギー充填120%で授業だけに集中してやってみたいものだとつくづく思う。

伊吹文科相の「効率」発言は、真意は不明ながらとりあえず学習のみに限定されていた。
これでは教育の全体を見通して語ることはとてもじゃないが出来ないので、
文部科学大臣に代わって(笑)俺が補足をしておく。

さて、費用対効果の効率を上げるには、費用を削減するか効果を上げるか、その両方かだ。
このうち費用の方は、エアコンを設置しなかったり今だに明治以来の黒板を使っていたりで、
設備面で効率の追求は顕著である。朝礼を運動場でするなど工夫もされてきた。

公教育にぜいたくは敵だ(笑)

また、教育予算で最も大きな割合を占めるのは人件費。つまり教師の給料。
これを削るには、教師の数を減らしたり、パートやバイト(講師)に置き換えたりすればよい。
ただし、教育は製造業ではないので、人件費(教師の数)を削ると生徒一人当たりに行き渡る
愛(サービスの量)は減る。給料をどんどん減らせば教師になる者も減り質も落ちるだろう。
教育は人間相手の稼業なのでモノを作る様なわけにはいかない。

こういう感じで、民間に置き換えて考えられる話とは、またちょっと違うこともある。

学校では、夏休みや冬休み、年度末に工事が入って、突然設備が増えることがある。
予算が余ってエアコン設置なんておいしい話ではない。生徒が破壊した校舎の改修でもない。
今回のネタはスロープや手すり、トイレ、エレベーターなどバリアフリー関係の設備のことだ。
今時新設される学校では、そんなものはあって当然だが、古い学校にはこういう設備はない。
だいたい普通に通るのさえ不便な狭い扉を平気でつけるくらいだから、障害者への配慮など無い。

そういう学校へ、たとば松葉杖や車椅子の生徒が入学しようとするとどうなるか。

今時の公教育は、急遽別枠で予算をつけて、完全とは言えないまでも設備を追加する。
公立校に標準装備でエレベーターなどない。教師も生徒もいつも3階まで駆け上がっている。
そこへエレベーターを1基設置するのに、10万や20万円で済むと思う者はまさかいないだろう。
毎日稼動させるのに、電気代もメンテナンス代もかかる。
そのエレベーターは、車椅子の生徒が卒業したあと何十年も誰も使わないかもしれない。
脚の不自由な生徒がいない状況でエレベーターを稼動させたら、税金の無駄使いと言われる。

しかし、後の見通しも無くたった1人の生徒の為にこれをやるのが今時の公立だ。
それは効率がどうのこうのとは無縁の世界だ。

この状況で効率に言及できるならやってみろ

一般に私学は設備は整っているが、バリアフリー関係となると学校によって様々だろう。
私学では「あいにく今エレベーター設置の予定がありませんので…」と言われたら終りだ。
しかし今の公立は違う。設備だけでなく裁判沙汰になる前に人的支援もつけるのが今時の流れだ。
こういうことを引き受けるのは塾でも私学でもない。やはり公教育しかないのだ。

公立の根っこには避けられない非効率がある

それを避けたら公立の存在意義は消える。偉い方達はこのことをくれぐれもお忘れなく。
学習が云々はそれからの話だ。

そうか、設備に非効率的な金がかかるから教師には金かけられないんだ。
今度は学習面で「供給者の方にどれだけの努力があるか」も考えてみるのでよろしく。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/68-b64c7474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。