公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このネットはフックで引っ掛けるタイプ。青いネットと黄色い石鹸のコントラストがいい
レモン石鹸。

検索してみると、ショップと石鹸会社の他に、懐かしい思い出として
書かれている記事にヒットする。

はっきりしたレモンの匂いとかネットとかずらり並んだ蛇口とか、
ほとばしる水、がしゃがしゃとネット越しにこする石鹸の手触り、
濡れた手でポケットからハンカチを引っ張り出す仕草。

レモン石鹸は、学校を構成する特有なアイテムのひとつだ。
それもネットに入れて蛇口にぶら下げてあるのが正しい姿。
実は思い出どころではなく、今でもバリバリの現役なのが泣かせる。

いったいいつごろから学校に置かれるようになったのだろう。
それも普通の白い石鹸でなく、なぜにレモンなのか?

俺の記憶をたどると、あの緑色のアルボース石鹸液と丸い手押しポンプ式の容器に
席巻されていた時期もあったようなのだが、いつのまにか復活している。
実際うちの学校でも、アルボースの容器は見捨てられ空のままさびしく放置されている。
容器一杯に緑色の液体を貯めていた栄光の日々は見る影も無い。
アルボース液が目に入ってどうこうというエピソードもあったような気がするが、
このあたりの栄華盛衰の歴史やいきさつなど、ご存知の方があったら
教えていただけると嬉しい。

学校のレモン石鹸、なかなかに味わい深い一品ではあるが、
思い出を語るのが今回の目的ではない。

ネットに入ったレモン石鹸、他で見かけるか?

うちの洗面所もそうしています、という人はたぶんあまりいないだろう。
最近の家庭用洗面台は蛇口とボウルの間が狭いので、ネットでぶら下げるには向いていない。
石鹸置きやケースに入れているのが普通だろう。

学校の洗面所でもそうすればいいのにと考えて、いややっぱりダメだと思い直した人、
あなたは学校での児童生徒の生態がよく分かっている。

石鹸置きに新品の石鹸を置く。次に見たときは、きっと流しの中に転がっている。
次に見たときは、たぶん洗面所の前の床に落ちている。
どうかすると教室の空中を黄色い物体が飛び交うかもしれない。
最後に見たのは、廊下から運動場に向かってシュートされる黄色い勇姿だったか。

俺は何も全員がそんなお行儀が悪い奴だとは思っていない。
普通に石鹸ケースに置いてあって小さくなるまでみんなできちんと使えるのが
正しいマナーだと思う。しかしなかなか難しい。
ネットに入れてぶら下げた石鹸は、とりあえずその問題点を解決してくれる。

・・・いや待て。そうなんだが、ちょっと違うぞ。

大勢で同じ石鹸を汚い手で握りしめてがしゃがしゃ共用するのが衛生的なのか?
家族ならともかく、多くの人が利用する場では、1回ごとに適量の石鹸が出て、
しかも自分だけがそれを使い切る形が望ましい。アルボース石鹸のように。

さらに理想的なのは、非接触。自動水栓はだんだん普及してきただろ。
手をかざすだけで水が出る。誰かが汚い手で触った蛇口をひねる必要が無い。
電力は消費するが衛生的でしかも節水ができる。時代はこういうものを要求しているんだよ。
まだ石鹸液までは自動化されていないようだが、これもいずれ需要が出てくれば普及するだろう。

実際問題、ネットに入れた石鹸が非衛生的かどうか確証はない。
おそらく雑菌の繁殖などは気にするようなレベルではないだろう。
そもそも石鹸自体が洗浄消毒殺菌のためのものだから。
しかしウイルス感染はどうなのか。最近は物騒な病気が多いからな。
誰かレモン石鹸の名誉のためにきちんと調べてくれ。

本当の問題は、衛生のためのアイテムなのに、こってりと接触共用しなければ
ならないような運用方法なのだ。要するにロジックが間違っている。


自動水栓・・・公立学校には無理だな。金ないから。
こうなったらもうマイ石鹸を持って登校するのがいいかもしれんな。
すでに女子なんかいろいろ持ち歩いてるから、あまり変わらんだろ(笑)
さて、一息入れて愛すべきレモン石鹸で手を洗ってくるとするか。

でも石鹸で手を洗わないと汚いぞ。水だけじゃダメ。みんなちゃんと洗えよ。
ということで対抗部隊甲さんのリクエストにお応えして書いてみた。ネタ提供、感謝。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト

テーマ:学校の設備・施設 - ジャンル:学校・教育

ああ~、そういえばうちの学校にもありました。
あの石鹸についてそんな深く考えたことなかったですねー。
言われてみれば確かに細菌とかいそうですね。
昼食前とかに手を洗ってキレイしたつもりでもね・・どうだかね・・。
学校が始まったらレモン石鹸と再会できますね^^

ずーっと気になっていたことなんですけど。
生徒が教師に恋するっていうことについて、どう思います?
付き合うとかではなく、そういう感情について。
突然すいません(苦笑)
【2006/08/21 Mon】 URL // ちあき #- [ 編集 ]
石鹸は石鹸で
まあ普通はそんなに汚いものではないけどな(笑)
ちあきさんの学校でも保健委員が入れ替えてるのかな。

ところで「そういう感情」について。別に普通だと思うぞ。
それで毎日学校へ行くのが楽しいなら、幸せじゃないか(^-^)
【2006/08/21 Mon】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
そうですね、保健委員が入れ替えてるみたいですよ。
たまに自分達で石鹸を作るということもしているらしい^^

普通かあ。まあ同じ人間ですしね。
教師にとっては迷惑ではないのでしょうかね。
こういう恋って難しいです。
【2006/08/22 Tue】 URL // ちあき #- [ 編集 ]
学校現場でもいろいろ。
>恋愛感情
高校での勤務経験から言えば、感情どころか教師-生徒の結婚なんて枚挙にいとまがなかったり。とにかく多い。呆れるほど多い。
・・・なんて言っていたら、町内の女の子、卒業と同時にそこの教師と結婚してました。


>学校現場でのセッケン
でも養教さんに訊くと、ぶら下げ方式を好意的に観ている人は少ないですな。非衛生的と語る方が多いです。そして乾燥も防ぎにくい。なんとか廃止したいが生徒指導から却下されるケースも多いとのこと。液体セッケンを使用したいのはヤマヤマだそうですが、職員トイレすらそれが実現してないからなー。
できれば「上向き蛇口」もなんとかしたいそうです。上に向けたままだと飲み残した水が溜まってしまい、雑菌繁殖が抑えられないとのことです。

小規模校だと、薬用ミューズとかごく「家庭的なセッケン」を使用している所も珍しくありません。そして流行期の風邪の蔓延も少ない。
逆に大規模校だとそもそもセッケンが配置されてなかったり。
食後の歯磨き指導も大規模校と小規模校ではえらい差がありますね。
【2006/08/22 Tue】 URL // 対抗部隊甲 #YK3S2YpI [ 編集 ]
Re:いろいろ
恋愛感情、中学と高校ではかなり、いや決定的に違うかも(^^;

ということでちあきさん、
想いだけならいくら熱くても迷惑にはならんよ。
口には出さなくても、たぶん好意のオーラは伝わってるから。
ただ何か特別な行動に移しちゃうと、ちょっと困るなあ。
というか終わってしまうぞ。
本当はいくらでも話はしてあげたいんだが、ここじゃ話しにくいだろ(^^;

石鹸情報。やっぱりねえ。
インフルエンザの話は時期になったらやりましょうか。
大規模校だと感染経路が本当に目に見えて恐ろしい。
【2006/08/22 Tue】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
お二人ともありがとうございます^^
中学と高校、すごい違いですね。
そうですね。特別な行動はやめときます^^;
相談に答えてくださり、ありがとうございました。

やっぱり目に見えないだけで、
色んなところに細菌はいるもんなんですね。

色々参考になりました。ありがとうです^^
【2006/08/22 Tue】 URL // ちあき #- [ 編集 ]
費用が一番
予算第一ですよ。
某県の高校で女子生徒(女性教職員も)がつかう、トイレ用携帯消音器
(つまり、している最中の音を別の大音量の別の音で消す)の導入を呼び
かけたら、年間で1校あたり30万円程度の費用削減になったという報道が
されるくらいですから、石鹸にいちいち高いものは使えませんということで
しょう。
どうせ同じ効果があるのなら安いものを使うのが一般的です。
もっとも、大音量ですから女子トイレの近辺にまで音が漏れていますから
「あっ!今している最中だな」というのが丸わかりですが、どうやらそっちの
方は恥ずかしく無いようです。
ちなみに、私の職場でも大音量を響かせてます。
たまたまトイレの前を通りかかって、大音量の残音が残っている時に出てきた
女性と鉢合わせしたときの気まずさといったら。
【2009/10/21 Wed】 URL // ぽよぽよ #UwJ9cKX2 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/7-6cf84d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。