公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育再生会議第2次報告から、今回は、「教員の質・子供と向き合う時間」について。

この項目はひとまとめにされているが、いろいろな要素を含んでいるので、それぞれに
思いつくままコメントしていく。

提言3 教員の質を高める、子供と向き合う時間を大幅に増やす
【社会人採用のための特別免許状の活用促進、授業内容改善のための教員研修の充実、教員評価を踏まえたメリハリある教員給与体系の実現、教員の事務負担軽減】

○教育委員会は、教員の大量退職期を迎えているこの時期に当たり、特別免許状の活用を促進し、平成24年までに採用数の2割以上を目標とするなど、社会人、大学院修了者等を大量に教員に採用する。


社会人を大量に教員に採用するということで、違う職種からの人材導入は、確かにあるレベルまでは教育界にとっての刺激になるだろう。ただしそれは適性がありかつ優れた人材の場合に限る。

社会人を入れさえすれば教育がよくなるわけではない

ところで社会人と簡単に言うが、いったいどのような人間を想定しているのだろうか。

 (1) 新卒で企業に就職して1年で辞めてしまった若者の再就職口
 (2) 企業を定年退職、あるいはリストラされた中高年の雇用促進
 (3) 管理職あるいは中間管理職クラスのヘッドハンティング
 (4) 教育への志に燃えて企業を円満に中途退社した転職希望者
 (5) 企業にお願いして出向先を学校にしてもらう

そもそも(1)は社会人になり切れていない元社会人だわな。賃金安いからと大量採用しても、
教員の質は向上しない。えーそこのキミ。ひょっとして、企業で勤まらなくても
学校なら大丈夫だと思ってる? 小学校なら子供相手だから何とかなるとか思ってないか? 
甘いな。最近の「再生しなければならない壊れて死んだ教育」はハードだぜ(笑)

(2)だが、学校には授業以外の仕事が山ほどある。まともな社会人なら、今日からでも出来る
仕事は少なくない。題目どおりに、子供と向き合う時間を大幅に増やしてくれるのは大賛成だ。
給与や勤務体系をきちんと整えれば、次の項目と合わせて学校を変えられる。

○国、地方自治体は、教員が子供の教育にしっかり取り組めるよう、各種調査や提出書類の簡素化・軽減、複数の小・中学校の事務を共同実施する体制の整備、事務の外部委託、地域の人材の協力、教育現場のIT化を進める。

事務の外部委託はもちろん、地域のお年寄りにボランティアでお願いしている旗持ち当番や、
教師やPTAが行っている登下校時の校区内巡視。外だけでなく学校内の警備を含めて、
もっと大きなきちんとした組織に出来るはずだ。ただしちゃんとお金を出せば、の話だけどな。

よく見たら「複数の小・中学校の事務を共同実施」って、ちゃっかり経費節減も混じってるな。

話を戻して、社会人を採用と簡単に言うが、安月給でどれだけ学校に来てくれるかだ。
(3)のヘッドハンティングには金がかかる。(4)のような奇特な人材が果たしてどれだけいるか。
(5)は嫌がられるだろうな。「ああっ、学校へ回された。俺ももうおしまいだ~」って(笑)

公立教師の給料だが、40代後半でやっと月給40万を超え、そのあとはほとんど昇給せずに
ずるずる退職までいくのが現状。それを変えようという提言がこれ。

○国、地方自治体は、教育界に良き人材を得るため、教員の処遇を充実しつつ、公立学校の教員給与の一律の優遇を見直し、教員評価を踏まえたメリハリのある給与体系にし、頑張る教員を支援する。また、副校長、主幹等の配置など、教職員の加配措置を講ずる。

俺は前から書いているが、相応の働きのある教師には相応の報酬を与えるべきだ。
ダメ教師はさっさと切り捨てろ。免許更新制などかったるい。足を引っ張るのはやめてくれ。
権利の平等を叫んで税金泥棒の役立たず教師を擁護してきた日教組にはうんざりだ。
だから主任でも主幹でもどんどんやってくれ。頑張る教師のメリハリ支援、大いに結構大賛成。

ただし、このメリハリ、ごく少数の"上"を優遇するために、その分はその他大勢の給与を
改訂して搾り出してくるわけだ。4%つけたままでも減給しなくても、昇給サイクルを
遅らせるだけで実質的な給与引き下げとなる。結果的に全体では人件費削減の方向で収まる。
書いてなくてもそんなもの目に見えている。世の中そんなおいしい話があるわけがない(笑)
だから喜んでいいのは一部の教師だけだぞ。気がつけばいつのまにか給料が減っている。
そこの先生、あんたは喜べそうか?

○国、教育委員会は、子供たちの教育環境の向上を図るため、設備・教材の充実、施設の耐震化を図る。

何だこれ。耐震化が言いたかっただけか? そんなもん教育再生会議が考えるまでもないだろ。
教育以前の問題だ。まあ耐震化工事は統廃合を進める理由になるからな。
耐震化工事にはお金がかかるから、そんなお金はないから、子供たちを危険な目に合わせられないから、こっちの学校を廃校にしますとかな。本末転倒だと思うけどな。

なんだかこういうお金のかかる話になると具体的な数字が出てこないのはなぜ?
少しくらいはいい話がないと、教育再生どころかだれも教師になんかならないぞ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
社会人(会社勤めとかか?)経験者が教育界に入るって言うのは、そんなに良い事なんでしょうかネェ…。たしかに、僕も数年自分で直接お金を稼ぐって言う経験をしたのはすごく良い経験でしたけど、それをもって教員(教育)が効率化するとも、質が向上するとも言い切れない気がしています。事務的な処理能力は、そりゃ向上するだろうけどなぁ…。
教え方!っていうのであれば、たしかに塾講師経験者はものすごいスキルを持っていますよね。僕も、予備校時代に「あ、先生、これが教えたかったのね!」ってやっとわかったことありますもの。でも、小中学生の授業だとなぁ…。
教員の評価!というのも、非常にややこしいですよね。どうやって、何を持って評価とするんでしょうね。有名一流私立に進学させると2ポイントとか…登校拒否1人で-2ポイントとか、登校拒否を登校できるようにしたら1ポイント、部活で県大会出場だと3ポイント…とかですかね…。謎だなぁ…。

教育に対して興味を持っている中堅どころの社会人は、少なくないと思います。子育てを経験して、それから教育や教師に対して興味を持つようになった人って、それなりにいると思うんです。ただ、そういう人が教師に向いているかどうか?どこの視点や判断をもってするのか?それもとても問題ですよね。でも、チャンスがあるのなら、僕も挑戦はして見たいと思いますけどね。
でも、学校から「野外活動体験1週間請負(サポート)!」とかの会社をやるほうが面白そうだよなぁ…。
前回の記事のコメントに対しての返信が混ざってしまって申し訳ないですが、ある意味、学校や教育委員会と連携して様々な社会体験行事を専門的に請け負う会社なんかがもっと出来て、質も向上すると良いのかもしれないですね。社会的にもそれらの会社がもっと認められて…。
【2007/06/07 Thu】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
とにかく教師は社会常識がないから、まともな社会人が入り込んでそれを注入するんだ!ということになってるみたいですねえ。たしかに学校は社会じゃないですから、社会常識が通用しないところはあります。

たとえばそのポイントの話ですが、荒れてめちゃくちゃになった学校で生徒指導をしていたことが、逆にプラスのポイントになるんですよ。困難校で勤務することが管理職へのコースだったりね。成果じゃないんです。いかにひどい状況の中で仕事したかが評価されたり。進学成績なんて、公立の教師には関係ありません。だって優秀な生徒は自力で勉強してるんですから。それよりも英語5点とかの子をいかに高校に行かせるかの方が、我々の仕事なんです。

最近はクレーム処理能力も重要なポイントです。
というか、対応がおかしいからクレームにまで発展するんですけどね。
ポイントが高いのは、他の教師が引き起こしたトラブルを納める能力です。そういう人間が学年主任をしていたりすると、うまくいくこともあります。

社会教育をもっと発展させないとダメですよね。地域の力とか言っても、自治会や町内会頼みでは限界があるしなあ。ボランティアも限界あります。
5泊6日の自然学校のときも、野外活動請負スタッフの充実している施設が人気だったんです。民宿のおっちゃんだったりすることもあったし。何にしても、土曜休みみたいに、しばらくやったら急にやめるとか言い出すようでは、何も定着しません。
【2007/06/07 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
一般企業→教員への転換組を目の当たりにしてます。
ども、教員をリタイヤして某大学生をやっとります。

学校の特殊性ゆえ、うちの科の教員は5名が民間企業からの転身組の中途採用教員。県教委からの出向教員は1名。
で、彼らの適性を見るに・・・高校教員よりも確実に教員適性が高い人、1名。学生に対しての現実的な指導力があるという意味で評価しております。
その他は・・・教科指導は合格点なんですが、叱る能力に欠ける。
具体的には「厳しいコメントが言えない」。教員としてみた場合、かなり困ります。時として、学級崩壊レベルの喧噪空間が出現することもあるのですがそれに対して注意も出来ない・しないのは、やはりどうかと思いますね。

 まあ、大学生相手なので本来教員ははあまり口やかましく言う必要はないんでしょう。でも、今日日の大学生は明らかに精神年齢が低下傾向にありますので(私語も土足も遅刻も忘れ物の非常に悪い。何が生きる力だよ・・・)一昔前の中・高校生を相手にするようなスキルが必要に思えます。もっとも中途採用教員達が応募の時点でそれらを具体的に想定していたような気配はありませんが・・・。

まー、私のいる環境もいささか特殊なのであまり大きなことは言えませんが・・・一般的な社会人を教師に転用した場合の玉石混淆ぶりの一例になれば幸いです。

一般の社会人を送っている人を小中高の教師にすることは無意味ではないでしょう。特に学校という特殊社会のどっぷりひたってリアル社会にとんと疎い純粋培養教師への刺激剤にはなることでしょう。(ただし、各校に1人2人では各個撃破されるだけでしょうね。民間人校長の苦戦ぶりからもある程度想像できるかとは思いますが。)
ただ、学校現場の実態をまるで知らない人間を送り込むような愚は避けた方が良いんじゃないかな、と。
精神不調に悩まされる教員の層が厚くなるだけだった、なんてことにもなりかねませんからねー。


【2007/06/09 Sat】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
たとえば技術系の転職組だと、教科の内容についてのスキルは当然十分でしょうし、というかそれは大前提ですよね。それと教えることはまた別ですからね。いくら優秀な技術者でも、その能力は生徒を教えることでしか発揮できませんから。

転職希望者が教育実習できるシステムがあるといいんだけどなあ。
生徒よりオーラの弱い腑抜けた学生なんかに無駄な時間とられるより、生活かかってる分真剣で、こちらもやりがいがあるというものです。

しかし、やっぱり向いてないから企業へ戻ろうと思っても、たぶんその道は閉ざされてしまうでしょう。採用試験の何日かならともかく、教育実習で3週間の休暇を取れる企業がどれだけあるか。結局、退職して採用試験を受けるという背水の陣になってしまいます。
そのあたりをフォローできるシステムを官民協力して作らないと、いくら民間投入とか言っても絵に描いた餅ですね。最近では教育再生会議と書いて絵に描いた餅とも読みます(笑)

しかし、うちの学校には転職組でまったく使えない奴いるけどなあ。
こいつは民間じゃいずれリストラされてたに違いないという代物で、専門技術はおろか事務処理能力も指導力も無し。一番の問題は、そんな奴を採用した教育委員会ですけどね。責任取れよな。
【2007/06/10 Sun】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
リストラ解雇の受け皿はイヤですね。
たしかに在職中にも、何でこんな人が?と思わせるような社会人枠採用の教師は散見しました。
社会人枠の方が一般の採用枠よりも基準が緩いのか?
だったら親戚の会社にでも数年間「在職」ってことにしてもらっておいて出願した方が採用率が高まるのか、とか。

さて話は変わりますが、現在、私は「ゆとり世代」と机を並べております。
学力水準の低さは危惧した通りになってますね。十ン年英語教育を受けていなかった私よりも明らかに英単語の語意がない学生とか、作文がまるで書けないやつとか。
先日は円周率計算を本当に「3」でやっている者を目の当たりにしました。
「小学校で円周率は3で良いって言われました」だそうです。
・・・やっぱりと言うか、低きに流れましたね。
【2007/06/10 Sun】 URL // 甲 #a7gum4DI [ 編集 ]
円周率は3で良い
うわあ、本当にいましたか、そんな大学生が。
円周率3で物づくりしていたんじゃ、この国は滅ぶぞ(-_-;
しかし彼のせいじゃないですよね。教師の教えを忠実に守ったんですから。
こういう現状を知らずして土曜授業を復活させたって無意味。
中身をきっちり検討しないと。嗚呼亡国のゆとり教育。。。
【2007/06/10 Sun】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/84-b89441c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。