公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺はいつもダメ教師はクビにしろと斬り捨てているが、こいつはどうもそういうわけにもいかん。

小学校教諭、児童300人の個人情報ひったくられる (2007年06月16日 朝日新聞)
15日午後11時ごろ、神戸市東灘区住吉東町2丁目のマンション駐輪場で、帰宅した同市立灘小学校(同市灘区)の女性教諭(51)が、全児童324人の氏名や住所、電話番号が記録された小型記憶媒体のフラッシュメモリーや現金約3万円などが入った手提げカバンを男にひったくられた。男は近くに止めていたバイクで逃げた。
 東灘署の調べでは、男は白色のフルフェースのヘルメットをかぶり、黒っぽいズボン姿だった。
 神戸市教委は校外への個人情報の持ち出しを禁止しているが、教諭は自宅で仕事をしようと思いフラッシュメモリーを持ち出したという。同小は16日、教諭らが全児童宅を回り、保護者に説明する。


持ち出し禁止の個人情報を勝手に持ち出して盗まれたんだから自業自得だろうって?

そいつは違う。なぜなら、

すべての教師が明日は我が身だからだ

これはひとごとじゃない。
俺だってこうやってマスコミに晒されて減給や戒告処分を食らう可能性はある。
いつも偉そうなことを吐き散らしている俺が言うんだから、これは深刻な問題なのだ。

俺は20年以上この仕事をやってきて、管理職以外はひととおりいろんな役職もこなしてきた。
事務処理は人一倍要領良く済ませて、帰れる時にはさっさと5時に学校を出るクチだ。
同じ仕事量で遅くまで学校に残っている奴は、熱心なのではなく能率が悪いだけだと思っている。

しかしそんな俺でも、どうにもならないときもある。
教師の仕事は人間相手なので、予定が立てられないことがいくらでもある。
スケジュールや段取りとは何の関係もなく、事件は起きる。こっちの都合などお構いなし。

自分の教科はテスト最終日の最後の時間、今日中に5クラス採点を済ませて明日はテスト返却!
というときに限って生徒が何かやらかしてくれて、全部片付いたときには夜11時だったりする。
手付かずの答案の束を持って帰り、家族としゃべるまもなく飯をかきこんで採点を始め、
そのまま徹夜で明け方眠気覚ましに風呂に入って出勤、朦朧と1日を過ごしたこともある。

答案は個人情報じゃないのかって? その通り。
俺のところでも神戸市と同じで、個人情報は持ち出し禁止だ。いまどきはどこもそうだろう。
こういうのは学校独自でなく、市とか町とか自治体の条例レベルで規定されている。
個人情報保護規定とか、その手の名前で条例データベースを検索してみるといい。

そりゃな、5時になったら途中でもぴったり仕事をやめて退庁できる役所の方々はいいよ。

俺達の事務仕事は5時からが勝負・・・いや、違うな。6時7時からがデスクワーク本番だから。
小さい子のいる教師は、毎晩9時や10時まで学校に残っているわけにはいかない。
保育所は6時までに行かないと、電気の消えて真っ暗になった保育所玄関前で、
自分の子供がパートのおばちゃんと2人、冷たい雨の中傘差して立って待ってるんだよ。
小学生の息子や娘が家で腹減らして待ってるんだよ。学校でのんびり採点なんかしてられるか。

誰が好きこのんで答案なんか持って帰るものか

この教師はパチンコ中に車上狙いにあったわけでも酔っ払って電車に置き忘れたわけでもない。
ひったくりだぜ、ひったくり。しかも現金も、きっとキャッシュカードや免許も盗まれて、
それだけでも気分が滅入るし後処理も面倒くさい。
そしてその前に、被害者としての自分の立場などそっちのけで、校長と一緒に全児童324件の家を
土下座して回るわけだ。いったいその巡業は何日かかるのやら。とどめに減給と戒告。
悲惨としかいいようがない。

誰が悪いのかって? 

教師個人に責任転嫁している限り何も解決しない

歪みまくっているこの仕事のシステムを根本から治さないと、こういう事件はいつまでたっても後を絶たない。トカゲの尻尾切りで次々不運な教師を処分していっても、終いには総崩れがオチ。

これでは「教育はもう死んでいるから再生するのだ」と言われても仕方がないかもしれん。
確かにあちこちで壊死しているからな。
分かっていても今日もまた仕事を持って帰る。やらなきゃ明日が迎えられないからだ。

読者の皆様すまん。たまには愚痴も言わせてくれ。

▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
ひったくり被害にあって、行脚ですか。
それをわざわざ報道させることが、嫌らしい。

教育長のポストがある町ならば、
教育長も一緒に廻ればいいじゃん。

所用のため、代理が来るだろうけど。

300件も訪問するって、営業職ならどんだけよ。
校長・教頭・そいつ・学年主任・暇な養護教諭の
5人で60件ずつ廻るとはやいのにね。

それか、公用車だしてもらって、運転してもらえばいい。


そんで、付け加えるなら、
個人情報、保護しすぎだと思いませんか?

住所や電話番号が他人に知られたからって
どうってことないっしょ。

個人情報で商売してる奴らを自衛隊にでも頼んで潰して貰えば
それで解決じゃないっすか?
【2007/06/18 Mon】 URL // 握ボン #- [ 編集 ]
確かに明日は我が身ですね
私も毎日USBメモリーを毎日家に持ち帰っています。
このUSBメモリーの中には、
テストの結果のファイルなど
生徒の個人情報も入っています。
実際、家で仕事をすることも多いので、
USBメモリーを持ち帰らる必要があるのです。
もちろん管理職に許可はとっていません。
データを持ち運ぶのが目的のUSBメモリーだから、
けっこう家にデータを持ち帰っている先生は多いと思います。
これまで禁止されると、とても仕事は回っていきません。
まあ、盗まれなければいいやと、
軽い気持ちでいます。
私は車のキーと一緒にUSBメモリーを
キーホルダーにつけています。
たぶんなくすことはないし、
盗まれることもないでしょう。

【2007/06/18 Mon】 URL // yonak #- [ 編集 ]
8年頃前なのですが、私が中学生だった頃のことです。
とある先生が「昨日、子供にテストの採点を手伝ってもらった」
という話をしていました。
僕は子供心に「テストなんてプライバシーの最たるものなのに、果たしてこれはいかがなものか」
と思っておりました。
今となれば、たしかに家へ仕事を持って帰らなければならない事情は理解できますが、しかしそれを生徒に向かって公言するのは脇が甘すぎる。そう感じました。
必要悪というと語弊があるかもしれませんが、世界史未履修問題と通じる部分があると思います。たしかに、先生の気持ちは分かります。
しかし、学校の先生が「いやぁ、仕方ないんだよ」
そういって、ルール違反をを肯定してしまうと
教育に関するありとあらゆる前提が崩壊してしまう、そんな気がします。
ルールは守らないといけない。それを教えることって一番大事なことじゃないのでしょうか。


【2007/06/19 Tue】 URL // 越前ガニ #- [ 編集 ]
人間相手…そうなんですよね、それが全てを言い表しちゃっていますよね。
予定通りに…行って欲しい日ほど、トラブルって起きますものね、何でかしら無いけど。
ほんと、いつもの口癖みたいになっちゃっているけど、最終的にはコンだけ教育関係がこんがらがっちゃっているんだから、再生には人海戦術って言うのも、単純だけど効果があると思うんですよね。
家に持って帰りたくは無いけど、んじゃ、学校内(職員室)で徹夜で業務させてはくれないですものね。(労基がどうしたとか、理屈はわかるけどさ…人間相手の商売だと、算定が公務員=財務局=の計算ドウリに行ってくれないこと、多いですものね)
【2007/06/19 Tue】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
まとめてコメント
>握ボンさん
教育長なら黒塗り公用車使えそうですねえ。
しかしこの程度のことで教育長は出動せんわな~。
校長じゃ公用車使えないし、あっ、ママチャリのことか。

個人情報、一方でうるさく騒ぐのに一方では自ら垂れ流し放題で、
それに気づいてもいない人間が多すぎです。大人も子供も。
名簿屋に名簿売るような教師は天罰が下るであろう。
なんで家に「○○先生ご在宅ですか」ってセールスの電話かかってくるんだ!?

>yonakさん
USBメモリ、重宝してます。あれなしじゃどうしようもない。
管理職の持ち出し許可って、もらえないでしょう(笑)
良くて黙認ですよ。持ち帰ってよし!とは、まともな管理職なら言わないな。
キーホルダー、確かにクルマが盗まれても大丈夫ですね(^^;

>越前ガニさん
えー、採点を自分の子供にさせてそれをわざわざ生徒にバラすのは、
単なるダメ教師ですのでご心配なく。それは別件です(笑)

私は、越前ガニさんが生まれる前からテストの採点をしていますが、
8年頃前、越前ガニさんが中学生だったころは、今とはルールが違ったんですよ。
興味があるなら個人情報保護法について調べてみてください。いつ出来たのか。
さらに、プライバシーというものに対する世間の考え方も違ったし、
あちこちの条例が学校現場の実態を無視して作られたものであることも事実。
飲酒運転などと同じように「ルール違反」という一言で片付けられるほど、
ことは簡単ではないのです。

それから、私は声高にルール違反を肯定するほど素直な大人ではないので(笑)、
次回にもう少し続きを書こうと思います。お楽しみに。

>いわさきさん
あああ、人海戦術。一度で良いからそんな状態で仕事をしてみたい。
だいたい教育ってのは、行政から見るとはみ出しっ子なんですよ。
だから条例だって、教育現場とはまったく合わない。
毎日誰かが徹夜で仕事ってのも凄いですね。
組合がスト打てなくなって久しいけど、泊り込み実力行使くらいやればいいのに。
【2007/06/19 Tue】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
私の先生も毎日夜遅く家に帰ったら小テストの採点とか、解答の作成とかで大変そうです。

【2007/06/20 Wed】 URL // cookie #- [ 編集 ]
cookieさん、コメントありがとう。
小テストも以前に比べると多いと思いますよ。今はそうやって細かく成績をつけるんです。
でも詳しく細かく時間をかけてやっても、クラスの半分が4か5なんていうのもありで、
なんだか良く分からない成績のつけかたになってます。
昔は3だったら真ん中くらいかなとか分かったんですが、いまはそんな感じです。
【2007/06/21 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
文句言いつつこの生活で
土日も含めて昨日が初めての夏休みです。部活動の大会・出張・行事の準備・・・・・・要領が悪いせいもあるとは思いますが、とにかく休めませんでした。ようやく自分の時間がとれて「ダメ教師」で開いたところ、このサイトがあったので来てみました。みんな大変だァ!文句言いつつももうしばらくは自分はこんな生活を続けていきそうです。
【2007/08/15 Wed】 URL // J #H1IcOMRg [ 編集 ]
教師に夏休みはない!
やっとで休みですか。お疲れ様でした。来週あたりからびっしり研修と会議と補講ですね。
我々の夏休みは正式には5日間。それすら消化できない先生がいくらでもいる。盆休みもろくになし。「先生は夏休みがあっていいね」と言われるたびに、疲れがたまる気がしますよねー。

重箱の隅をつつくようなどうでもいいことまで全国ニュースで報道される一方で、こんな基本的なことが全然知られていない。めちゃくちゃアンバランスな姿しか伝えられていないんですよ。それに一矢でも報いることが出来たらと、微力ながら書き続けてます。今後ともよろしく。
【2007/08/16 Thu】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
20年経って自分の生き方を考えました!
 ご丁寧にありがとうございます。自分はこの仕事に就いて20年になります。進路指導主事をしています。生徒諸君に生き方を説くようになってから急に自分の生き方を振り返るようになりました。それまでは忙しいのがあたりまえで自分の生き方に疑問をもったこともありませんでした。小・中・高の3人の子どもは、知らぬ間に大きくなっていたという感じです。でも、自分だけではないんだろうな。昨日、ある高校に行ったところ、盆なのに部活や補習見てる先生が結構みえました。若い人はもっと大変かも。若い先生方が、ずっと情熱をもち続けられる環境を作っていくのが我々の仕事かなァ。
【2007/08/16 Thu】 URL // J #b6uV6Tpo [ 編集 ]
 長年、仕事がはかどらなかった、明日まで仕上げなければいけないという状況下で、仕事を持ち帰って・・・・という流れが是非モノのようになってきました。しかし、情報の多様化が進んだ現代社会では、もうそのような風潮をなくさないといけないかもしれません。いくら親・兄弟・子・妻などの家族であっても、所詮は部外者であり、大事な情報が漏れてしまう恐れがあります。(帰宅途中でなくさなければ)ということに集中するあまり、帰宅後の対応があいまいになりがち、大事な書類をテーブルの上などに広げたまま・・・・という人も多いでしょう。家族だから安全・・・・・などという安易な気持ちが思わぬ形で情報漏れに繋がってしまう(極端な例・
家族が第三者と繋がっていて、お金をもらって情報を漏らしていた)ということになりかねない。本来やり方の工夫をすれば時間内に仕事を終えることは可能。古い考えを捨て、柔軟な対応さえすれば、家に仕事を持ち帰る必要はありません。
【2010/03/25 Thu】 URL // 油断大敵 #jw/gfagw [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/89-82863800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。