公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は学力低下や教師の質の低下のほかに、トンデモ保護者の話もよく耳にするようになった。
給食費不払いはマスコミでも取り上げられ有名になったので、ご存知の方も多いと思う。

さてみなさん次はこれ。これですよ~、モンスターペアレント。怪物親。
もうクレームなどと言うレベルを超えてぶっ飛んでいる。

教師悲鳴「つぶされる」理不尽な保護者らのクレーム (2007/07/09産経新聞)
 モンスターにたとえられるほど理不尽な保護者らのクレーム。対応にあたる学校現場の悩みは深刻で、体調を崩す教員も出ているという。文部科学省が本格支援に乗り出す背景には、このままでは教員らが負担に押しつぶされてしまうという、深刻な実情があるようだ。

 「今から出てこい」
 関東のある中学教師は、受け持ちの生徒の父親から電話で怒鳴られた。時計はすでに午前2時を回っていた。
 教師の指導をめぐり、「うちの子だけに厳しすぎるんじゃないか」というのが父親の不満だった。電話では解決できないから、飲食店まで出てこいという。強引な言動に、教師は恐怖心さえ抱いた。
 学校現場がもっとも苦慮するのは、こうした強硬な姿勢だ。毎晩深夜に電話をかけたり、校長室で何時間も怒鳴ったりする“怪物”が、全国的に増えているという。

 要求の内容にあぜんとさせられることも少なくない。「集合写真の真ん中がなぜうちの子じゃないんだ」「毎朝、(母親の代わりに)子供を起こしてほしい」といった無理難題も。
 「不当な要求を突きつける保護者はごく一部にすぎないが、学校に1人でもいれば、その対応に振り回されて本来の業務に支障が出る。現場の校長や教員が抱えるストレスは、一般に考えられているよりはるかに深刻だ」

 クレーム問題などを考察する「学校保護者関係研究会」のメンバーで、立川第一中学校(東京)の嶋崎政男校長がこう指摘する。学校に押しかけた保護者が始業ベルが鳴っても引き下がらず、教員が授業に行かせてもらえないケースもあるからだ。

 文科省の委託で昨年7~12月に行われた教員勤務実態調査によると、全国の公立小学校教員の75%と中学校教員の71%が、「保護者や地域住民への対応が増えた」と感じていた。「授業の準備時間が足りない」と支障を訴える教員も、小学校で78%、中学校で72%に上った。

 何らかのトラブルで保護者から訴えられるかもしれないと考える教員も多く、東京の公立教員の3人に1人が、訴訟の際の弁護士費用などを補償する「訴訟費用保険」に加入しているというデータもある。

 かつて学校の先生は、保護者を呼んでしかりつけることはあっても、保護者から怒鳴られることはなかった。文科省幹部は「学校の権威が薄れ、不満をぶつけやすい場所になっている。地域ぐるみの支援が必要だ」と求めている。


当事者から見ると報道が事実のイメージと違っていることは多いが、これはそうではない。
何の違和感も無くすーっと読める記事だ。それどころか、

実際はまだまだこんなもんじゃない

具体的な話を書くと「貴様ブログで書きやがったな!」と、また大騒ぎになっても困るので、
涙をのんで実例はあげないことにする。本当は書きたくて仕方が無いんだけどな。

ところで、大騒ぎになって困るのは俺達教師ではない。一番の被害者は生徒達だ。
新聞の記事にもあるように、校長室で何時間も粘られると、まともな授業ができなくなる。
こういうモンスター親は、たいていアポ無しで学校の都合などおかまいなくやってくる。
そして担任や校長を呼びつけて校長室に居座り、頭から教師を見下して言いたい放題。
チャイムが鳴って、担任が授業に行こうとすると、

「貴様逃げるのかゴルァ!」

この調子だ。いっそ物でも壊して暴れてくれれば器物破損で警察を呼べるのだが。
しかし警察呼んだら「このクソ校長、親を警察に売りやがったなぁ!」となる(実話です)。

こういう輩は、理論も話の筋もなく妥協の余地も無いメチャクチャな要求をつきつけてくるか、
罵詈雑言を吐き続けること自体が目的なので、電池切れになるまで帰ろうとしない。

校長室でわめき続けて、担任の授業が丸1日自習になったことがある。終りの会にも行けない。
百歩譲って、俺達はまだ仕事だからいい。言われ無き誹謗中傷も拳を握り締め我慢して聞こう。

しかし、突然授業を受けられなかった生徒達はどうしてくれるのか。
毎日集めているクラスの生活ノートのコメントも書けなかったじゃないか。
今朝、妙に暗い顔をしていたあの子、帰るまでに声をかけておきたかったのにできなかった。
あっ、今日の授業でテスト範囲まで進むはずだったのに。問題作り直しだ(T-T)

このモンスター親は、多くの生徒の学習する権利を奪っているわけだ。

こうなるともう業務妨害を超えてテロだ

保護者のみなさん、あなたのご子息も、モンスター親のおかげでこういう損害を受けているかもしれませんよ。

「はい、今日は自習な。ワークブック出して~」
「あれ、シーサー先生来てたのに?」
「うん、ちょっと今な、あれだから。えーそれよりワーク忘れた奴いるかあ~?」

こうやって突然予定外の自習が入ったときは、何かトラブルがあった可能性がある。
生徒諸君に言っておくが、なにか変だなと思って教師に突っ込んでも、俺達は本当のことは
言えないからそのあたりは察してくれ。

「1組のシーサーの親父が来てなあ。3時間前から校長室で怒鳴り続けて困っとるのよ」

なんて口が裂けても言えない。

学校は優しいところだとつくづく思う。こんなわけの分からん奴に長時間相手してくれる所は、学校以外のどこにもない。世間では誰も聞いてくれない鬱憤やストレスのはけ口だ。

教師はサンドバッグではないのだよ

ところで記事の中で、夜中に電話がかかってくる話があったが、これには防護策がある。
教師の自宅電話や携帯の番号を公開しないことだ。

俺達教師は、本来「何かあったらいつでも連絡してください。飛んでいきますから」という
覚悟で、自分の個人情報を公開していた。もちろん今も公開している教師は多い。
しかしそれを悪用されるようでは、勤務時間外は一切お断りにせざるを得ない。
24時間交代無しのサポート体制なんて、残業手当て無しの安月給でやってられない。

俺も若い頃、休日に無言電話がかかったり、毎晩のようにかかってくる保護者からの電話で
悩まされた。生徒ではなくノイローゼ気味の母親の、無料人生相談室状態だった。
決まって食事時にかかってきて1時間から2時間のお相手。相手は延々としゃべり続ける。
受話器を当てている耳が痛くなる。家族も遠慮してテレビを消したり息を潜めたり。
やっとの思いで電話を切って、冷めたおかずをぬるいビールで流し込むと、ドッと疲れが来る。

教師は家に帰ってもリラックスしたらいけないのか?

そういうことがあって以来、俺はクラス名簿に自分の電話番号を載せなくなった。
時々、不信に思った親から理由を聞かれることもあったが、とぼけ通した。
自衛しないと、校長も教育委員会も、誰も俺や俺の家族を守ってくれないからだ。
今では名簿そのものがなくなっているので助かっている。

もう公立学校も私学のように割り切って、5時まわったら留守電にすればいいのかもしれない。
そしたら親の替わりに万引きの引き取りにも行かなくていいし、公園で煙草吸ってるガキも
警察に任せておけば済むからな。もう俺達は手一杯だよ、ほんと。

こんな捨て台詞で終わるのも悔しいんだが、なんだかな世の中だ。
自分に害が及ばないようにせいぜいうまく立ち回るのみだ。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
うは。うちにもいますが、
そこまではないなぁ。
まだ、聞く耳もってるですよ。

あー
無料人生相談、経験あります。
でも、自分の場合は、言いたいことを
早口で言うだけ言ったら
「すみません。メシの時間なので、しつれいし・・」
「ます」と言う間もなく、電話切っていたから、
あんまり被害はなかったですね。

冷たいですかね。
おれ、嫌なんですよ。
勤務時間以外に他人の面倒をみるのが。

【2007/07/14 Sat】 URL // 握ボン #mQop/nM. [ 編集 ]
冷たいというか、それでおさまる保護者ならいいですけど、前年度の担任には相手してもらえず、教育委員会まで行ってあることないこと吹きまくりました。担任が切れて「こんな親子の担任は出来るか」とか言い出してまたひと騒動。翌年、その尻拭いが私のところに回ってきたんです。

そして時間外無料人生相談を続けて2学期も終わりごろ。
校長「あの母親、今年は何も言ってこないなあ。文句言うのも去年で飽きたんだろう」
旧担任「いやいや、シーサー先生と気が会うんでしょう、ははは」
こいつら砂場に埋めてやろうかと思いましたよ。

ということで私は決して面倒見が良いわけではありません。
【2007/07/14 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
初めてコメントさせて頂きます。
前の学校ではたくさんそのような方がいました。
「学校の門が30cm開いている、学校はどんな安全管理をしているんだ!」
と、怒鳴り散らしながら2ヶ月に1回来る親。
私たちは、校長室のドアの前で、緊急事態に備え待機していました。
その他、
子どもが雪合戦で教師に当てられたと文句を言いに来る親・・・・
休み時間、火遊びをしていて教師に怒られると、あれは理科の実験だったのに怒られるのはおかしいといいに来る親・・・・
など、「えっ」と思うことで肩をいからせ来校してきました。
保護者の怒りの沸点の低くなってきたこと、そして方向性がちょっとずれてきた、そんな気がします。


【2007/07/15 Sun】 URL // 平木 #- [ 編集 ]
俺も初コメです。
これからもヨロシクお願いします。

皆さんの話を聞いて、もう全国いたるところに
そんな親がいるんだな~と改めて思ってます。

今、俺がいる地域は田舎で、皆さんのところのような
モンスターはいません。みんな協力的です。
こう考えると恵まれてるんですね。

俺の嫁さんから聞いたとんでもねー親の話を思い出しました。

ある子が空き地で火遊びをして、草に火が燃え移り
消防車がくるほどかなり大きなボヤ(火事?)になったそうです。
その翌日、親が来校。
平謝りするのかと思いきや、怒鳴り込んできたそうです。

「学校では理科の授業で火の使い方を教えていないんですか?
 学校はどんな教育をしているんですか!!」

一同(゜д゜)ポカーンだったとのこと。

俺も一人の親として
そんな親の存在が情けないですね~。
サンドバッグ化している俺ら教師の立場も情けないですけど。。。

長文失礼しました☆
【2007/07/15 Sun】 URL // ハルイチ #sSHoJftA [ 編集 ]
いらっしゃいませ>平木さん、ハルイチさん
モンスター化した保護者のうち、全てが純粋な怪物とは限らなくて、
何割かは学校や教師に原因があったり、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いだったりします。そういう場合は平謝りしかないですけどね。

しかし最近は、こちらには全く心当たりも非も無く、いったいどうやってそんなことをクレームに出来るんだと呆れるものが多いです。

「学校はどんな教育をしてるんだ!」

これ、教師や学校相手に一度は言ってみたいセリフなんでしょうね。
低品質のクレームにつく枕言葉ですが、教師の気分を逆なでする効果はあっても、
物事をうまく納める効果はゼロです。
試しに「年度始めに校長が朝礼で訓示しましたし、生徒指導は毎週のように集会で話しています。昨日もホームルームで担任が指導したところです」などと丁寧にお答えすると、
「そんなこと聞いてるんじゃない!」とお怒りになる場合が多いようです。
どんな教育って聞かれたから答えたのに。

賢いクレーマーは、こんな下品な挑発の言葉から入りません。
保護者の皆様も、これを言ったとたんに「あ、こいつ大したことないな」と足元見られますからご注意を。自分の品位を落とすだけです。
この程度のセリフでビビるような下っ端教師だったら、相手しても面白くないですよ。そんな人、もといモンスターはここ読んでないか(笑)

しかし理科で放火の仕方は教えないですよねえ。
そういう親は理科室に連れて行ってガスバーナーの使い方を小1時間みっちり教えてあげましょう。

【2007/07/15 Sun】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/98-de69f0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。