公立中学校教師の辛口教育コラム。一般の方に分かりやすく心がけてます。真面目なだけのセンセは服用に際して十分ご注意下さい(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保護者から「子供に携帯電話を買おうか迷っているんですけど」と相談を受けることがある。
すでに担任に聞いてみた、という方もいるだろう。あるいは学校でプリントが配られたり、
全体保護者会で話があったり。学校で携帯電話についてどんなことを言われただろうか?

「小中学生に使わせるな」という話だけだったら、俺に言わせると問題外。
それは指導とは言わない。臭い物にはフタ的な思考停止である。
「交通事故に会いたくなかったら、車に乗らず道路も歩くな」というのと同じ理屈だからだ。
問題を先送りしただけで、なにも根本的な解決になっていない。

ではどうすればいいのか、今回は携帯電話についてのお話。
特に小中学生の保護者の皆様、ぜひぜひ読んでいただきたい。

その前に、ちょっと見ておいていただきたいものがある。

本当に知っていますか、子どもとネットの関係 Yahoo! JAPAN

こういう警告はあちこちにあるのだが、ヤフーの記事は読みやすくまとめてくれている。
悪い噂で不安になる前に、まず予備知識としてこれくらいは仕入れておかないと。
保護者対象の記事だが、生徒諸君も見ておいて損はない。
ここからあとは、予備知識があるものとして書いていくのでそのつもりで。

さて携帯。いきなり具体例からいく。

「出会い系サイトでの被害やメールいじめなど危険性もあり、学校では携帯禁止」という
学校側の主張と、「登下校の安全確認や塾の送迎の為に、携帯電話を持たせたい」という
保護者の気持ちが対立することがある。

しかしこれ、本来は対立なんかしないはずの別々の事項なのだ。

携帯を使う時間帯も場所も目的も違うから、2つの主張はバッティングしないはずなのに、
なぜかごちゃまぜにされてしまいがちだ。テレビの教育バラエティ番組でも、携帯に反対か賛成かという強引な集計を目にしたことがある。そんなイエスかノーかの問題じゃないだろ。

TPOを無視した携帯論議など無意味だ

さすがに「授業中に必要ない」という意見に反対する保護者はいないだろう。
モンスターペアレントなら「授業中でもすぐに連絡が取れないと、帰りに買い物してもらうのに困る。こっちも仕事で忙しいのに学校の休み時間に合わせてメールを送るなんてできない。第一、マナーモードなら授業中でも迷惑はかからないだろう」と吼えるところだ(笑)

たとえばPTAの会議で、保護者の主張と生徒指導の主張が対立して平行線になり、結局、妥協点を見出せずに「学校には必要ない。とにかく禁止!」と、生徒指導担当教師が無理矢理
押し切ってしまうのが、よくあるお決まりのパターンだ。

両者とも児童生徒の安全の為を主張しているのだから、どちらも正義である。
PTA役員の保護者達は、釈然としない気持ちのまま「えーなんでダメなのー」とこぼしながら
学校をあとにする。

賢明な保護者と教師のいる学校では、
「届出制で携帯を持たせるが、学校に着いたら職員室に預け、帰りに受け取る」
という形で落ち着いている。そうやってうまくいっている学校がちゃんとあるのだ。

ここで保護者の皆様にちょっとアドバイス。
学校というところは「PTAで意見をまとめたから許可してくれ」とか、ことを大きくして
持って行くと逆に拒否反応を示すことがある。
教師のつまらんプライドとか校則化するのが面倒だとか理由は色々あるが、
ひっそり個別対応だと、案外なんとかなることもあるものだ。

たとえば俺が親ならならこんな具合にやる。
こういうのは担任に頼んでも決裁権を持っていないので、直接校長に行く。

「登下校の安全の為に、子どもに携帯を持たせます。授業中は必要ありませんので、
 朝、職員室へ行かせますから、お手数ですが校長先生か教頭先生が預かってください。
 帰りに取りに行かせます。万一破損等があっても学校には一切ご迷惑はおかけしません。
 友達に公言したり行き帰りに携帯を見せたりしないようよく言って聞かせます。
 守れなかったり皆さんに何かご迷惑をかけることがあったら即やめさせます。
 念のため携帯の番号もお知らせしておきます。実物はこれです。GPS機能つきです。
 誓約書も持ってきましたので、許可よろしくお願いいたしますm(_ _)m」

小学生だったら説得力を増すためにGPS機能は必須。もちろん実際にも非常に有難い機能だ。
通話とメールだけでネットなんか見れない方がグッドだが、最低でも子供用フィルターを通す。
ストラップをちゃらちゃらつけていくと印象が悪くなるので、つけたかったらあとでね(笑)
アドレス帳やメールも、教師に見られても大丈夫くらいの心づもりをしておこう。
中身(私信)を盗み見るなんてダメ教師のやることで、世の中の動きに敏感な教師なら
絶対そんな馬鹿なことはしないが、念のための用心だ。

それから間違っても眉間にしわ寄せて一触即発ピリピリ状態で行ったりしないように。
悪いことや無理難題じゃないんだから、にこやかにいきましょう。

ここで校長が難色を示したら、あなたは突如巨大化してモンスターに変身し、

「あ゛ぁ? 許可できないだと? 下手に出たら偉そうに。授業に迷惑かけないって
言ってるだろーが。俺の給料で買った携帯を学校の外で使わせるのに、何の権利があって
そんなとこまで口出すんだよ。何? 一存では決められない? はぁ?? お前校長だろーが。
校長のくせにこんなことも決められねーのかよ。ちょっと預かってくれって言ってるだけだろ。
うちの子が帰り道に変質者に襲われたらどーしてくれるんだ!? 責任取ってくれるのか? 
取れるわけねーよなあ。校長や教育委員会が土下座したってそんなもん何にもならねーんだよ。
子供が危険に晒されるのにそれをみすみす放置して貴様それでも教育者か!

それともなにか? 毎日登下校にガードマンでもつけてくれるのかよ。
言っとくけど月水金は帰りに塾直行だからな。そこまでお前送り届けてくれるんだよな? 
塾終わったら寄り道せずに家まで連れて帰ってこいよ。そうそう、帰りの車でいつも冷たい
ジュース飲ませてるからな、それもだぜ。あー炭酸はダメ。金は立替えといてくれ。
あ゛? それも出来ねえ? いってーどうしろってんだよ! うぎゃああああ

・・・書いていて気分が悪くなってきた(-_-;
善良な保護者の皆様、くれぐれもこんなことにならないように。

まあいくら学校への持込を禁止したところで、子供達はいずれ携帯を使うようになる。
だったら、その正しいマナーや自分を守るためのノウハウを大人がきちんと教えていくのが、
本当の指導であり教育であると俺は思うんだがな。交通安全教育と同じだ。
こういうのは責任のなすりつけあいしてたってダメ。学校と親と両方できっちりやらないと。

今回は保護者向けだったので、次回は生徒諸君向けの話も書く。
ただし授業中も携帯OKなんてバカな話にはならないからそのつもりで。


▼座布団1枚!と思ったらクリックよろしく
FC2ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ
スポンサーサイト
うちは、中学生の息子が乗り物に乗ると熟睡する癖があるので、
中学生になったときに携帯電話を持たせました。

おれ「おい、これ学生鞄にいれとけよ、電源OFFにしておけ!」

子 「は?なにいってんの?そんなんしないし。
    校則で禁止されているんだよ。
    持って行くわけないし。」

そう言っていた息子が、公衆電話から電話してきました。
夜の9:30頃、隣の隣の市から。
居眠りして、乗り過ごしただって。

一度、わが子の学校に行って、
安全確保のため許可してくれって尋ねたら
答えは、NO。

わが子が危険な目にあったら、
防犯ブザーが身を守ってくれるらしいですよ。

唯一、足の不自由な子だけが
携帯電話の所持を許可されていてですね、
その理由が、
「危険なことや万が一のことがあったら困るから」
だそうです。

ふぅ~ん。
公衆電話がなかったら、40km歩けとか、
大変な目にあったら、走れってことでしょうね。

ほら、連帯責任の学校だからしょうがないでしょう?
だって、あんまりしつこく言ったら、
我が子が殴られて、口の中切っちゃうし。

最後の面談か懇談会は、
ディベート用のフリップと
原稿と補給用水を持参して行こうかなって思案中です。

( ̄Д ̄)ノ オウッ
o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
3時間は熱弁してこようっと。。。。。。

便利で、他人の迷惑にならないならば、
使わない方が、あほっぽい
【2007/07/14 Sat】 URL // 握ボン #mQop/nM. [ 編集 ]
もうね、直接交渉せず、内容証明つきの郵便で「携帯を持たせています」って報告書だけ校長に送りつけたらどうですか。「異論がある場合は顧問弁護士に連絡してください。寝過ごした息子を家まで送り届けてくれるなら直接交渉に応じます」ってね。

それは面倒だ、直接学校に乗り込むと言う場合は、ビデオカメラ持って行って一部始終を録画することをお忘れなく。

あっ、ケガさせられた場合は必ず診断書をとっておきましょう。
体罰どころか傷害罪なので間違いなく勝てます。

ああああ、書くんじゃなかった。。。(=_=;
【2007/07/14 Sat】 URL // シーサー #gJtHMeAM [ 編集 ]
(*´艸`)ぷぷ
いいんですよ。そこに、愛があれば。
愛がね。

うちの子、父親に似なかったためか、
どうしようもないところあるもんなぁ。

でも、うちの子って、
絶対、(^^)\(゜゜)よい子だって思える部分があるんですよ。
それは、
絶対に、テストでカンニングをしていないってことです。
( ̄Д ̄)ノ オウッ
(._.) φ メモメモ ビデオ持参
(._.) φ メモメモ 診断書
(._.) φ メモメモ 内容証明つき・・・・・・

う~んこのブログ 勉強になるなぁ」
【2007/07/14 Sat】 URL // 握ボン #mQop/nM. [ 編集 ]
無題
>貴様それでも教育者か!


ムカつくセリフwww

シーサーさんのブログは面白いですね。
【2007/07/15 Sun】 URL // ダイ #- [ 編集 ]
トラックバック
初めまして。いつも楽しみに、そして参考にして、読ませて頂いています。携帯電話について、私は少し違う視点、意見を持っていますが、同じ話題と言うことでトラックバックさせて下さい。
【2007/07/23 Mon】 URL // ユウ #1tgmLGDQ [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://edupoison.blog53.fc2.com/tb.php/99-3e5e4bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子どもに携帯電話を与えることに私は、どうも賛成できない。しかし、中学生に聞いてみると、かなりの割合で普及していると感じる。昨年、Benesse教育研究開発センターが、総務省からの委託を受け、「ICTメ
[ ORな日々 ]
以前、私は携帯電話とインターネットの問題点について記事にした。 ・「子どもに携帯電話って必要ですか?」 http://anb13524.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/
[ ORな日々 ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 教育毒本 all rights reserved.
プロフィール

シーサー

著者:シーサー
公立中学校教師

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

著者宛メールはこちらから

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

 FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ブログランキング参加中

記事が面白かったら…
に

ほんブログ村 教育ブログへ クリック!
お願いします

広 告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。